FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2004年09月 】 

奇妙な貸出票

図書館で借りた、ロバート・オレン・バトラーの『奇妙な新聞記事』に挟まっていた貸出票。これが気になって仕方がない。日付からして、私の前に借りた人のようだけど、そこにある本のタイトルは以下の通り。

・自然と遊ぼう日帰りハイキング
・楽しい山あるき関東周辺
・ハイキング12ヵ月
・奇妙な新聞記事


この人、アウトドア派でしょうか?高い山を目指して登るような人ではなさそうなので、年齢的には結構いってらっしゃる?運動のために、近場でウォーキングをしよう!と考え、その際に準備万端、近辺の情報を集めておこうと考える真面目な人?

などなど、いろいろ考えてしまったが、そんな本の中に『奇妙な新聞記事』が混じっているのが、とっても不思議。べつに不思議でも何でもないのかもしれないけど、他の本とのギャップが、あまりにありすぎて、ついついどんな人なのか想像を逞しくしてしまう。

それと、何も疑問を持たずに、これは男性だと思い込んでいたのもおかしい。女性の可能性だって、確立は半々なのに、なぜか絶対に男性だと思っていた。

実際に『奇妙な新聞記事』の内容はというと、読んでびっくり!これって、イタロ・カルヴィーノじゃないか!と。カルヴィーノのテーマの目の付け所が一風変わっていて好きなのだが、バトラーも似たような感覚を持っていると感じた。だからこそ、ハイキングなどとの結びつきが想像できないのだが、カルヴィーノもバトラーも、鋭い観察眼を持っているということを考えると、ハイキングも観察眼を養うには、うってつけのものなのかも。

『奇妙な新聞記事』/ロバート・オレン・バトラー
出版社/著者からの内容紹介
ピュリッツァー賞受賞作家が「タブロイド新聞」の記事にヒントを得て展開する12編の物語。「沈没の瞬間を回想していると、自分がとうの昔に死んでいたと気づくタイタニック号の死者……」「実は生きていたケネディ。脳に障害がのこり、国家機密を口走ってしまうので、幽閉されていた元大統領が、お忍びでジャクリーン夫人の遺品オークションに参加する……」など12編の〈奇妙な味の物語〉。

目次
「タイタニック号」乗客、ウォーターベッドの下から語る/夫の不倫を目撃した義眼/エルヴィスの刺青をつけて生まれた少年/クッキー・コンテスト会場で自分に火をつけた女/オウムになって妻のもとに戻った男/車にひかれて淫乱になった女/九歳の殺し屋/キスで死をよぶ女/地球滅亡の日は近い/捜していますわたしの宇宙人の恋人/JFK、ジャッキー・オークションにあらわる/「タイタニック号」生還者、バミューダ三角水域で発見さる
スポンサーサイト



【 2004/09/05/05/50/14 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)