FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2004年10月 】 

草の竪琴

先日購入したDVD 「グラスハープ─草の竪琴」 を観た。原作はトルーマン・カポーティの 『草の竪琴』 。主人公のコリン(カポーティ自身がモデル)は、 「T2」 のジョン・コナー役エドワード・ファーロングが演じている。

3本の指に入るほど好きな原作だし、エドワード・ファーロングも好きなので、かなり楽しみにいていた映画なのだが、やっぱりカポーティのあの世界を映像にするのは難しいなあと感じた。

画面はいい。音楽もいい。エドワード・ファーロングのナイーブな感じもいい(ほんとは不良だけど)。でも、カポーティの言いたかった「どんなに望んでも、あの時には戻れないのだ」という胸に迫るメッセージまでは伝わってこない。ただ、大好きだった従姉妹のドリーが死んで悲しいということだけ。

それはそれで確かに悲しく切ないのだけど、カポーティはそのことだけを言っているわけではないので、本では涙が止まらなくなったのに、映画ではあまり感動しなかった。でも、カポーティの言いたかったことを忠実に映像化しようと思ったら、一体どんな表現方法があるだろうか・・・・・ない。

エドワード・ファーロング最新作情報
●「ターミネーター」ついでに、シュワルツェネッガー知事として初訪日
●そのまたついでに、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」はあの監督に?
スポンサーサイト



【 2004/10/09/23/18/19 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)