FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2004年11月 】 

「更新情報」変更&「BOOK PLUS」新刊情報

これまでの更新情報(メインサイト)のブログが非常に重たくて、閲覧も投稿も思うようにいかず、かなりストレスになっていたので取り替えた。ログインするたびに「危険」のサインが出てたし。

ブログ形式のものは、どこもだいたい重たいのだが、前のよりはましだろう。ライブドアのブログも、重たい、重たいと文句を言っていたら、以前より改善されたみたいだけど、気のせいだろうか?

<新・更新情報>


リチャード・フォードの『銀の森の少年』を読み終えた。それなりに面白く読めたとは思うが、やはりどうしても「指輪」と比較してしまうので、それに比べると穴が目立つ。

第一に、主人公ナブが危険な冒険をする必然性がない。「指輪」のほうは、指輪戦争のもとである力の指輪を「滅びの山」の火口に投げ入れなければ、冥王サウロンに世界は滅ばされてしまうので、どうしてもそこまで行かなくてはならない。

それだって、大鷲の王、風早彦グワイヒアが途中まででも運んでやればいいのになどと思うくらいなのだが、こちらは3つの「論理の種」を集めればすむわけだから、何もいたいけな少年少女や動物が、危険な旅をしなくてもいいじゃないかと思ってしまうのだ。いくら神に選ばれた少年だと言っても、種を持っている力のある3人の王(森、海、山)が、少年のところに来たっておかしくはないだろうに・・・。

などと考えてしまうと話は成り立たなくなるのだが、こんなふうに納得できない部分は多い。そういう点で言うと、「指輪」には穴がない。本当によく考えられ、詳細に作られていると、また新たに感心する。

それと、「指輪」の世界はトールキンの作り出したオリジナルの世界で、文明もまだそれほど発達していない。だから剣や弓、手作りの武器で戦うのもわかるし、不思議なものや生き物がいても、何の疑問もない。

しかし、『銀の森の少年』のほうは、車も走っているし、銃もある。ナブと生涯添い遂げることになっている少女ベスは、ジーンズまではいている。そして、作者は明らかに「地球」であると断言しているから、現在に近いこの地球上の出来事ということになる。

すると地球を作ったとされる善王アシュガロスは全知全能の神で、悪王ドレアグは悪魔か?と、妙に宗教的になってしまうので良くない。もっとも悪魔というのは、もともと天使であったわけだから、神とは同等にはならないのだが。

けれども太古の地球の話は、ほとんどキリスト教的で、何ら新しいところがない。ドレアグという存在が、「指輪」のサウロンのようなものとすれば、旧約聖書と『指輪物語』の合体といったところだろうか。

『指輪物語』を引き合いに出すのはフェアではないかもしれないが、どう見ても「指輪」を意識しているとしか思えないし、トールキンが「指輪」のベースにしたケルト神話なども含まれているようだから、比べたくなるのも無理のない話なのだ。

何よりまいったのは、作者が動物や自然が好きというわけで、そうした描写が異常に多いこと。自然の美しさは、どれだけ書いても言い尽くせないものがあるとは思うが、これはファンタジーであると同時に冒険小説でもあるわけだから、いちいちそれを語っていたのでは、なかなか先に進まない。そういった自然の描写が減ったなら、あっという間に終わってしまう冒険談だ。一方で、そうした描写が詩的で美しいとも言えるのではあるけれど。

ところで、ひとつ疑問がある。ここまで動物や自然を美化し、人間を悪役にしたからには、作者はベジタリアンなんでしょうね?ちなみに、動物の友だちになれる良い人間は「エルドロン」といい、これもまた「指輪」に登場する裂け谷のエルフ「エルロンド」のアナグラムかと・・・。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『銀の森の少年』/リチャード・フォード
文庫: 480 p ; 出版社: 新潮社 ; ISBN: 4102461019 ; (1995/06)
内容(「BOOK」データベースより)
愛情あふれるアナグマ夫婦に育てられた人間の子ナブは、銀の森の一員として成長した。彼は森の救い主として、金髪の少女ベスを伴い、賢く勇敢な動物の仲間と小妖精王国への冒険に旅立つ。不思議な宝ファラドーンを手に入れれば、森を破壊し動物たちを苦しめる"大いなる敵"に勝つ方法が分るのだ。人と自然との関わりを感動的に描き、生きることの喜びを感じさせる長編。


◆「BOOK PLUS」新刊情報

『姉の歌声を探して』 BOOK PLUS/リサ ジュエル (著), Lisa Jewell (原著), 山田 香里 (翻訳)
価格: ¥1,050 (税込)
単行本: 383 p ; 出版社: 角川書店 ; ISBN: 4048970453 ; (2004/11)
[ 内容 ]
わがまなな母と田舎で暮らすアナは突然、音信不通だった元スターの姉の自殺を知らされる。美人で悩みなどなかったはずなのに――謎を突き止めるためロンドンで過ごすアナは、姉の真実の姿と残された大きな愛を知る。

●次回刊行予定

『ルーカス』/著:ケヴィン・ブルックス 訳:林 香織
定価(税込):1050円
B6判
ISBN 4-04-897044-5-C0097
編:角川書店書籍事業部
スポンサーサイト



【 2004/11/12/23/11/21 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)