FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2004年12月 】 

第80回 ラグビー早明戦

◆第80回 ラグビー早明戦(国立競技場)

○早稲田(49)─明治(19)×

FWで圧倒! ワセダ“重戦車超え”快勝V
光る早大FB五郎丸、完璧キックで19得点
早大は1回戦で流経大と-大学選手権組み合わせ


今日の天気は異常。昨夜の大雨が嘘のように晴れ上がったのはいいが、試合前24度だった気温が、試合中には26度まで上がった。夏日である。

9月のオックスフォード戦も暑かったが、今月はもう12月。ラグビー観戦は寒いものという観念からすれば、冗談でしょ?という感じ。昭和63年くらいだったか、「雪の早明戦」なんていうのもあったくらいだから、寒くて当たり前なんである。

ともあれ、昨夜は東京23区にも暴風波浪注意報が出ていたくらいなので、そのまま大雨だったら嫌だなあと思っていたので、晴れてくれたのは願ってもないことだったが、この暑さには本当にまいった。

今回の早明戦では、特筆すべきことがいくつかある。まず早稲田は対抗戦4連覇になるが、すべて全勝優勝。次に49点という得点は、過去の早明戦において最高得点である。また、今年のフォワードは、これまでの最強であるということ。そしてもちろん、12月の26度という気温も、過去に例のなかったこと。

この試合で、早稲田は対抗戦27連勝である。関東学院のリーグ戦30連勝を、来年には破るだろう。ただし最強のフォワードも、ほとんどが4年生なので、来年の優勝はどうなることやらだ。

個人的には、スクラムハーフの後藤翔太の成長に目を見張る。去年までは、実際ちょっと頼りなかったのだが、それが、常勝を期待される早稲田ラグビー部のレギュラーになるため、またスタメンの座を獲得するために、どれほどの努力をしただろうかと思うと、よくがんばったね!と言ってあげたくなる。

常勝を期待されているわけだから、対抗戦で優勝したくらいでは、観客も納得しない。当然、この先にある大学選手権での優勝をもって、初めて優勝したとみなされる。他のチームでは考えられない苦労があるだろう。

試合後、大学選手権のチケットを買いに行ったところ、プレイガイドは長蛇の列だった。やはり期待は大きい。
スポンサーサイト



【 2004/12/05/23/47/35 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)