FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2004年12月 】 

「エイリアンVSプレデター」

今日はクリスマスなので、チキンとケーキでクリスマスディナーという定番コースの予定だったのだが、買い物に出たついでにアイリッシュパブでビールを飲んだところ、土曜日なので映画でも観るかということになり、ついその気になってしまった。

オールナイトでやっているところを探したら、「エイリアンVSプレデター」と、「ハウルの動く城」しかなかった。私もアポロ13号も、一瞬の迷いもなく「エイリアンVSプレデター」で意見の一致をみた。

クリスマスに「エイリアンVSプレデター」だなんて、なんてロマンチックなんでしょう~!うげげ!という感じだが、これが結構面白かったので、よしとしよう。そもそもこの映画を観たいと思ったのは、エイリアンとプレデターではどっちが強いんだろう?という単純な好奇心に動かされただけのこと。その決着がついたのか、つかなかったのか・・・エイリアンのしつこさは、ここでもまた・・・。ぎゃー!

私は常日頃、「神は宇宙人」説を支持しているのだが、この映画でも、神は宇宙人であるという設定になっている。その宇宙人が、エジプトやメキシコ、カンボジアなどの古代文明を作っていたというのだ。しかし、その宇宙人がプレデターであったとは、思いもよらなかった!絶句!

観る前から想像はついていたが、エイリアンは「宇宙トカゲ」とか言われて、やっぱり下等生物扱い。ひたすら想像を絶する繁殖力と性格のしつこさは、これまでと全く変わらないが、ただ戦う相手が人類ではなく、プレデターだというだけ。プレデターは人類よりはるかに強いので(神だから)、その戦いは互角である。ただしエイリアンは、そもそもプレデターに使われる身であったのだ。

映画を観ていると、なんとなくプレデターはいい宇宙人なんだ(神だし!)と思ってしまうのだが、これはとんでもない誤解。映画のキャッチフレーズにあるように、

「どっちが勝っても・・・人類に未来はない。」

のだ。「プレデター」の1作目で、シュワちゃんがどれだけ苦労したことか!でも、エイリアンとプレデターが戦っている間は、どちらも人類になど目がいかないから、人類は安泰である。ずっと戦っていてほしいね。
スポンサーサイト



【 2004/12/25/23/28/32 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)