FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803
月別アーカイブ  【 2005年02月 】 

『オリヴァー・トゥイスト』上巻

ブッククラブの課題であるディケンズの『オリヴァー・トゥイスト』の上巻をやっと読み終えた。ううう~ん、やっぱりディケンズだなあ・・・。読むのが面倒。日本語でも、読むのに手間取る。

それでも、『大いなる遺産』とか『二都物語』などに比べたら、まだ読みやすいほうなんだろうけど、しつこいほどの情景描写の書き込みが、ディケンズの特徴か。時代が時代だからと言ってしまえばそれまでなんだけど、彼独特のユーモアや風刺が、面白くない。いや、面白い部分もあるんだけど、時代に合わないというんだろうか。登場人物がみな馬鹿に思えてしまって、感想を何と言っていいのやら、だ。

もちろん、登場人物が馬鹿者に描かれているのは、ディケンズ独特の痛烈な風刺で、馬鹿に見えてもいいわけなんだけど、それにしても、イギリス人てこんなに馬鹿なの?って感じがしてしまう。オリヴァーは、これでもかというくらいにいじめられるし、それが、レモニー・スニケットの<不幸な出来事シリーズ>のように笑えるものではないのだ。何度も死にかけるほどの、本当のイジメなのだから、笑ってはいられない。

この本は分冊で出版され、好評を博したものなのだが、その出版形態を真似したのがスティーヴン・キングの『グリーン・マイル』。ディケンズも当時は大衆小説の作家だったわけで、同じくエンターテインメントのキングに通じるところはあるんだろうけど、だからといって、分冊にして儲けようというキングの主義は、賛成できない。それでも売れる公算があるからそうするんだろうし、キングほど売れている作家でなくてはできない形式ではある。

でも、ディケンズはほかに『デヴィッド・コパーフィールド』と『荒涼館』が残っている。どちらも4巻ずつ。ジョン・アーヴィングがディケンズファンなので、きっと面白いに違いないと思い込んで買い揃えたのだが、正直言って、個人的には好みではないなあ。そのうちどれか面白い作品に当たるだろうと期待しては、毎回こんなはずじゃなかったと思う。

アーヴィングもそうだが、詩的な描写を連ねるのではなく、きちんとした文体で、詳細に書き込む作家というのは好きなのだが、ディケンズはどうも合わない。『二都物語』の翻訳をした中野好夫さんでさえ、「昔はこんなのを教科書に使っていたんだから、ひどかった」なんてことを言っているくらいだから、これで英語の勉強をしようなんて、間違っても思わないほうがいい。もっとも、『オリヴァー・トゥイスト』は、『二都物語』よりも数倍面白いとは思うけど。

さて、ディケンズがサクサク行かないので、気分転換に、昨日ジュンク堂で購入した本の中の1冊『Citizen Girl』(『The Nanny Diaries』の作者)でも読んでみようかなと思って冒頭を読んでみたところ、たいした内容ではないのに、結構知らない単語がたくさんあって、辞書引かなきゃダメかしらんと思ったら、途端に読む気がなくなった。

だいたいの内容はつかめるものの、やはりあちらこちら歯抜けでは気持ちが悪い。かといって、わからない単語を全部引くほどの内容でもないので、どうしたものか。そもそも、トイレに閉じこもって、一人でこそこそとランチを食べてるなんていう、不気味な女の子が主人公なのだ。名前もない。ただ「Girl」と呼ばれている。上司に何か言われると、心の中であれこれ言い返してはいるものの、けして口には出さない。それって、笑いを取る部分なのかもしれないけど、笑えない。読まずに箱入りかもという嫌な予感。

古典の単語も難しいけれど、現代ものも意外に難しい。省略も多く、現代のネイティブの英語(特に会話)に慣れていないと、読みにくかったりする。『ブリジット・ジョーンズの日記』のような、ポップな感じの女の子の話とかというのは、内容はどうってことがないのに、案外読みにくかったりする。それに時間を取られるのが、いいのか、悪いのかって感じ。

ディケンズは、ブッククラブの課題(普段なかなか読まない古典を読むという目的)なので、まあしょうがないのだが、何か面白い本を読みたい。マキャモンの『マイン』を用意してあるんだけど、ディケンズが終わらないことには、なかなかそちらに行けない。かなりイライラしている。実際、ブッククラブで大変な思いをしているのは、結局私だけなんだし。


そういえば、昨日はジュンク堂の帰りに、6階のLOFTに寄った。姪に日記帳を買ってあげると約束したため、文具売り場をうろついたはいいが、文具マニアの私のことだから、あれやこれやが目に飛び込んでくると、もう抑えきれない。

だいたい、日本のノートの紙質は良すぎるので、ボールペンで書くのが非常に疲れるのだ。インクがひっかからないので、滑ってしまうから、それなりの力を要する。すると、長時間書くのがとても苦痛になるのだ。などと言い訳をしながら、ザラ紙とまではいかないものの、そういう感触の外国製のノートを探して、本1冊にも匹敵するほどの値段のノートを3冊も購入してしまった。でも、ちょっとすっきりした。

文房具の中でも絶対外せないボールペンは、今月末にどん底のテツがニューヨークに行くので、その時に買ってきてもらうことにしてある(またはホテルから取ってきてもらう)。なので、ここは我慢。もちろん、10本で2ドルとか、そういう類のチープな事務用のやつをオーダー。チープでなければダメ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『オリヴァー・トゥイスト〈上〉』/チャールズ ディケンズ (著), 小池 滋 (翻訳), Charles Dickens (原著)
文庫: 403 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 筑摩書房 ; ISBN: 4480024999 ; 上 巻 (1990/12)
内容(「BOOK」データベースより)
18××年初、イギリスのとある町の救貧院で、一人の男の子が生まれ落ちた。母親は、子どもを産むとすぐ、ぼろ布団の中で息をひきとった。孤児オリヴァーはその後、葬儀屋サワベリーなどのもとを転々、残酷な仕打ちに会う。ついにロンドンに逃れたオリヴァーを待ちうけていたのは狂暴な盗賊団だった…。若いディケンズが、19世紀イギリス社会の暗部を痛烈に暴露、諷刺した長編小説。
スポンサーサイト



【 2005/02/07/23/57/53 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)