FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

「マツケンサンバⅡ」を3回

アポロ13号の会社の人の送別会。衣装つきで「マツケンサンバⅡ」を踊った。それも3回も!いい加減、疲れた。でも、いい運動だ!( ̄▽ ̄;)

それはそれでいいのだが、今月中に運転免許の更新に行かなきゃならない。早く行きなさいよと思うのだが、今月もすでに20日。それでもなかなか都庁のほうに足が向かない。ああ、面倒だぁ~!

ところで、昨日せっかく借りてきたので、「ドラゴンランス伝説」を続けて読みたいところだが、返却日の都合上、先に借りている本を読んでしまわなければならない。で、ポール・スチュワートの『崖の国物語(5)』を読み始める。

去年、4巻までは一気に読んだのだが、5巻が出るまでに、しばらく間が空いた。なので、懐かしい~と思いながら読んでいる。続き物ではあるが、この5巻は登場人物が全く違う。とはいえ、1巻からの主人公トウィッグが、意外なところで出てくる。5巻は、あれから50年も先の話だったのだ。

このところ、こんなファンタジー(しかも冒険活劇)ばかり読んでいるが、大人の小説は、人間の内なる暗さや弱さが、これでもか!という感じで書かれているのが多いのに対し、こうした冒険ものは、希望と活力に溢れているのがいい。人間の暗さや弱さは、自分自身が一番良く知っており、それを小説で読んだからといって、それが消えるわけじゃない。せめて楽しみで読む本の中くらいは、希望に溢れているのが望ましい。私は、こうしたファンタジーの主人公たちに、どれほど力を与えられていることか。

ともすれば後ろ向きに、愚痴ばかり並べてしまうような日々に、彼らは「がんばれ!」と声援を送ってくれているような気がする。そりゃ、もちろん私が単純だからなんだろうけど、人間の生き方とか、人生哲学とか、小難しいことを考えても、ちっとも元気になるわけじゃないから、どうにも気分が落ち込むときには、こういうファンタジーは元気の源になってくれる。

『クレイジー・イン・アラバマ』の主人公ピージョーのおじさんが言っていたように、「大人だから正しいことができないんだ」というのを、こうした小説の中でも感じる。少年たちは正義感に燃え、未来に希望を持って進んでいくのに対し、大人たちは後ろ向きに、むしろ人間の弱さを盾にして、弁解してばかりしているような気がする。それはいろんな事を知りすぎてしまった大人だから、仕方がないんだとも思うけれども。。。

もちろん、全部の小説がそうとは言わない。元気を与えてくれる大人の小説だってある。でもそういうのは、現在ではなかなか評価されないような気がする。なんだか、世の中がひねくれているように感じるのは、私だけだろうか?
【 2005/04/20/03/06/14 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

図書館へ

昨日は久しぶりに学校に行ったので、激しく疲れた。冬の間の運動不足がたたっている。いきなりの1万5千歩は、かなりハードだと思い知った。予習がないだけ、気は楽なんだけど・・・。

図書館から予約の本(「ドラゴンランス伝説(5)、(6)」)が用意できたので早く取りに来いと、さんざん催促されたので、疲れを振り切って出かけた。ついでに、「伝説」のあとの「セカンドジェネレーション」まで借りてきてしまった。しばらく「ドラゴンランス」漬け。

引き換えに、読んだ本を何冊か返してきたのだが、タニス・リーの本が面白くなかったので、ざっと読みで返してしまった。タニス・リーって、昔から名前を知っている割に、読んだのはこれが初めて。ちょっとダメな世界かも。白雪姫がモチーフだが、これだったら、アン・ライスの眠り姫のほうが、まだ面白いんじゃない?って感じ。表紙の絵も気にいらないし、これを見ていると、なぜかイライラしてくる。でも、これまで読んだことがなかったから、この機会にと思ったのだが、やっぱりダメだった。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『鏡の森』/タニス・リー (著), Tanith Lee (原著), 環 早苗 (翻訳)
単行本: 493 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 産業編集センター ; ISBN: 4916199642 ; (2004/10)


◆図書館貸し出し

『ドラゴンランス伝説〈5〉黒薔薇の騎士』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 322 p ; サイズ(cm): 22 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757720696 ; 5 巻 (2004/11/19)
内容(「BOOK」データベースより)
僧侶クリサニアを伴ったレイストリンは、〈暗黒の女王〉に挑戦すべく、ついに〈奈落〉の扉へ入る。一方、キャラモンとタッスルは、魔法の時間遡行装置で無事逃げだしたものの、着いたところは、すべてが荒廃した未来のソレースだった。そこには、ティカの石碑が立ち、キャラモン自身の死体が横たわっていた…。折しも、〈竜槍戦争〉の英雄タニスは、差出し人のない一通の書状を受けとる。サンクションで力を得たキティアラが、再びパランサスを襲撃しようとしていたのだ…。ダラマール、ソス卿など異色の登場人物を絡めて、ますます白熱する渾身のシリーズ第5弾。

『ドラゴンランス伝説〈6〉<奈落>の双子』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 272 p ; サイズ(cm): 22 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757721374 ; 6 巻 (2005/01/28)
内容(「BOOK」データベースより)
〈奈落〉でついに暗黒の女王と対峙したレイストリン。一方、パランサスの攻防戦のまっただなかへ、キャラモンとタッスルが帰りつく。タニスと再会した2人は、キティアラ軍団に苦戦を強いられたソラムニア騎士団を残し、浮揚城塞で、(上位魔法の塔)をめざす。レイストリンの帰還が目前に迫っていたのだ。すでに〈塔〉では、レイストリンを迎えるためにやってきたキティアラとダラマールが壮絶な死闘をくり広げていた…。双子の愛をみごとに描きぬいて大団円を迎える〈ドラゴンランス〉シリーズ、感動の完結篇。

『ドラゴンランス セカンドジェネレーション(上巻)』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 414 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757714289 ; 上 巻 (2003/04/25)
月刊アスキー(第312号)
ドラゴンランス全6巻で語られた「竜槍戦争」(以下本編)から20年後の物語が中編で描かれている。本編続編「~伝説」のネタバレ的な記述も含まれているのだが、読もうか読むまいか、という逡巡を完全に吹き飛ばしてくれる、驚愕の事実が冒頭に! 「ンなバカなー!」と天を仰ぎたくなること請け合い。(2003年6月号)

『ドラゴンランス セカンドジェネレーション(下巻)』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 340 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757715161 ; 下 巻 (2003/07/23)
内容(「MARC」データベースより)
謎と興奮に満ちた壮大な剣と魔法のファンタジー。下巻には、若き日のレイストリンを描いた短編、タニス親子とダラマールを巻き込んだエルフ王国の闘争を描く中編、資料ほか、今後刊行予定の「夏の炎の竜」第一部を収録。
【 2005/04/19/23/04/09 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

アラブとイスラエル(1)

今日から学校が始まった。マラマッド関連で、ユダヤについて勉強したいと思ったのだが、思いのほか人気のある講座で、無理だろうと、ほぼ諦めの境地でキャンセル待ちをしていたのだが、幸いにもキャンセルが出たので、かろうじて取ることができた。


◆「アラブとイスラエル」

【講師】:近藤 申一(早稲田大学元教授)

【目標】:第2次世界大戦後、いわゆる「中東」は混乱と対立が顕著となり、国際政治上、注目される地域となった。混迷の一因となっているのがアラブとイスラエルの対立である。アラブ諸国家とイスラエルの実態を略察しつつ、この対立の過程を分析してみたい。

【講義概要】:以下の小テーマで順次考察する。
(1)アラブ人とアラブ社会
(2)アラブ民族主義の出現と、その特徴
(3)現代アラブ諸国の概観と、彼らが内包する問題点
(4)差別、迫害にさらされてきたユダヤ人
(5)ユダヤ民族主義の出現
(6)ユダヤ民族主義に反対したユダヤ人
(7)パレスチナ紛争(両大戦間期)
(8)同上(イスラエル独立から1967戦争まで)
(9)同上(67年戦争以降)
(10)パレスチナ紛争をめぐる諸神話


というわけで、歴史かな?と思っていたら、政治学みたいなことをやるようだ。これが実際に、マラマッドの作品理解にどれほど役に立つかわからないのだが、授業はとても面白かった。ここには書けないような、先生の辛辣な社会批判にはびっくり!そんなことは、本では絶対に読むことができないだろう。生の授業を受けてみなければ、教授の本音はわからないってことだ。

今回は予習などもないので、気楽に楽しみながら聞いている感じだが、こうして授業を受けると、今までさっぱりわからなかった中東問題も、なるほど~とわかってくるから不思議。特に中東に感心があるわけではなかったのだが(必要に迫られて取った感じ)、聞いてみればなかなか面白い。

しかし目的はユダヤに関して知ることだから、授業後、「ユダヤについて勉強するには、旧約聖書は読んだほうがいいのでしょうか?」と質問したところ、「必要ない」との答え。個人的には、ユダヤの中でも旧約聖書の部分に一番関心があるんだがなあ。文学的には、「読んでいればそれなりにプラスになるが、特には必要ない」とのことだった。ふうん・・・。

近藤先生は、すでにリタイアした元教授で、一見優しい感じのおじいさんなのだが、いったん授業に入ると、キビキビとしたユーモアのある説明で、全く気をそらせない素晴らしい先生だ。パソコンなどは全く使ったことがないとのことで、資料のプリントもすべて手書き。せっかくだから詳細を記録しておこうと思ったが、とりあえず大変なのでやめた。そのうちどこかに書くかもしれないけれど。このクラスは、これまでと違って男性が圧倒的に多い。それも皆、私よりはるかに年上の方ばかりだから、何となく自ら「プリント配り係」を申し出てしまった。(^^;


●今日やったこと

・中東とは?
・アラブ人とは?
・アラブ意識を支えるもの
 (1)アラビア語
 (2)共通の歴史
 (3)イスラム教
・イスラム教の特色
・敬虔なイスラム教徒の日常生活行動様式
・イスラム教内の諸派


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス伝説〈4〉レオルクスの英雄』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 320 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757720068 ; 4 巻 (2004/09/30)
出版社/著者からの内容紹介
シリーズ本編ともいえる三部作のひとつ「ドラゴンランス伝説」のシリーズ第4巻。多くの魅力的なキャラクターが登場する、剣と魔法のファンタジー。注釈付き完全版。


◆マーケットプレイス

『説得』/ジェーン・オースティン (著), jane Austen (原著), 大島 一彦 (翻訳)
価格: ¥2310
ユーズド価格: ¥1250+送料¥340=¥1590
単行本: 329 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: キネマ旬報社 ; ISBN: 4873762391 ; (2001/05)
内容(「MARC」データベースより)
恋心は分別と良識によってどこまで押さえられるものなのか? おだやかな晩秋の光に彩られた愛の再生の物語。最も美しく、最も繊細な作品として仕上がった、ジェーン・オースティンの晩年の傑作。

※一番好きな作品であるにも関わらず、オースティン作品でこれだけが手元にないのが気になっていたのだが、やっと入手できた。


◆早稲田文英堂書店

『マラマッドの短編小説─忘己利他にみる人間愛の極地』/岡田春馬
価格: ¥2700
ユーズド価格: ¥800
単行本: 327 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 近代文芸社 ; ISBN: 4773363010 ; (1998/01)
内容(「MARC」データベースより)
ユダヤ系アメリカ作家バーナード・マラマッドの短編小説十三編の作品解釈論集。「忘己利他」による崇高な人間愛の極致におけるエピファニーが見事に解明されている。

目次
1 「最初の七年間」―フェルドのエピファニーを中心として
2 「ドイツ難民」―オスカー・ギャスナーの自殺の原因を中心として
3 「魔法の樽」―エピファニーによる愛の認識と贖罪を中心として
4 「最後のモヒカン人」―アーサー・フィデルマンのエピファニーを中心として
5 「白痴優先」―ギンズバーグのエピファニーを中心として
6 「借金」―リープとカバッキーの真情交流を中心として
7 「夏の読書」―カタンザラ氏の慈愛とジョージの漂流生活からの脱却を中心として
8 「黒はぼくの大好きな色」―ネイサンの憐憫と慈愛によるエピファニーと寛容を中心として
9 「神よ憐れみを垂れ給え」―憐憫を中心として
10 「信用貸し」―憐憫を中心として
11 「哀悼者」―憐憫を中心として
12 「私の夢に描いた若い女性」―ミトカのルーツ夫人に対する贖罪としての愛の受容を中心として
13 「生活の代償」―サムの恐怖の幻想との葛藤を中心として
【 2005/04/18/23/58/29 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

新作ファンタジー

◆お知らせ

【BOOK CLUB】の「名作談話室・荒涼館」を下記ブログに移しました。

http://bany.bz/book/

文字も大きくしましたし、これまでよりわかりやすくなったと思います。感想は、各作品のコメント欄に記入してください。記事の右下にある「Comment」というところをクリックすると、書き込み欄が現れます。書き込み欄も大きくなりましたので、だいぶ書きやすくなったと思います。

直接この掲示板をブックマークされている方は、お手数ですが、上記のURLに変更をお願いいたします。

【BOOK CLUB】
http://www.freepe.com/ii.cgi?bookclub


◆新作ファンタジー

『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
価格: ¥1,785 (税込)
単行本: 287 p ; サイズ(cm): 21
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757722354 ; 第1部〔上〕 巻 (2005/03/28)
出版社からの内容紹介
神々が去り、〈人の時代〉が訪れた惑星クリン。従来の魔法が次第に働きを失っていくなか、いずこからか邪悪な巨竜たちが飛来し、次々とクリンのドラゴンを討ち滅ぼしていく。そして今やアンサロン大陸は、他のドラゴンの魂を喰らってさらに強大化した大赤竜マリス、大緑竜ベリルなどの巨竜たちに分割統治されていた・・・。そんなある日、アンサロン全土をただならぬ大嵐が襲う――。そのさなか、利き腕を失った隻腕のミノタウロス騎士ガルダーが呪われた谷で見た奇跡が、そしてシルヴァネスティとクォリネスティの両エルフ王家の血をひく若き王子シルヴァノシェイを襲った悲運が、世界を根底から揺るがす大戦乱へと導いていく・・・。世界でシリーズ累計5000万部を売った超ベストセラー・ファンタジー、そのまったく新しい幕が、いま切って落とされる。

※「ドラゴンランス」に、また新しいシリーズが出てしまった!全17巻で終わりかと思っていたのに、未訳のものがまだまだあるようだ。ぐわ~ん!( ̄▽ ̄;)



『大地の王の再来(上)ルーンロード 1』/デイヴィッド・ファーランド (著), 笠井 道子 (翻訳)
価格: ¥2,625 (税込)
単行本: 427 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4829175818 ; 1〔上〕 巻 (2005/03/29)
出版社 / 著者からの内容紹介
驚愕のスケールで描く英雄ファンタジー戦記、ついに開幕!
全米で600万部の人気ファンタジー小説をついに日本語化。全世界の征服を目指す無敵の超人、世紀末覇王に、若き〈大地の王〉が立ち向かう! しかしその戦いの背後で人類の真の敵が目覚めようとしていた・・・。

『大地の王の再来(下)ルーンロード 1』/デイヴィッド・ファーランド (著), 笠井 道子 (翻訳)
価格: ¥2,625 (税込)
単行本: 395 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4829175826 ; 1〔下〕 巻 (2005/03/29)
出版社 / 著者からの内容紹介
〈大地の王〉に選ばれた王子が世界を救う……!!
伝説の〈大地の王〉となったグボーン王子は、大王アーテンの魔の手よりからくも脱出した。しかし大王の軍勢は、父オーデン王の持つロングモット要塞に迫っていた……! ハリウッドにて映画化も進行中。

※これは全く新しく聞いた物語。面白いのかな?でも、絵的にこういうのは好きじゃないので、ちょっと引く。「ドラゴンランス」の絵は、おそらく向こうで描かれたものだと思うが、あれはいいとしても、「この手のマンガ」っぽい表紙は、買うのも借りるのも恥ずかしいのよ。ちなみに、原書 『The Runelords』 の表紙は左の画像。


DRAGONLANCE & FORGOTTEN REALMS
─「ドラゴンランス」、「ダークエルフ物語」などについての詳細はこちら


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『アイスウィンド・サーガ〈2〉ドラゴンの宝』/R.A.サルバトーレ (著) ¥1029
単行本: 231 p ; サイズ(cm): 19
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757721269 ; 2 巻 (2004/12/24)
出版社からの内容紹介
〈十の町〉を襲った蛮人のひとりウルフガーが、頑固なドワーフの老戦士ブルーノーに命を救われ、5年の月日が流れた・・・。そして今ウルフガーの前に、剣の師匠としてダークエルフの青年ドリッズトが現われる。憎むべき邪悪な種族である彼を、ウルフガーは激しく憎悪するが――。20体もの巨人族との戦い、莫大な宝を持つ白ドラゴンとの壮絶な戦いを描く痛快冒険絵巻!!
【 2005/04/17/04/13/20 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

「ダヴィンチ・コード」の予約状況

そろそろブームも下火になった頃だろうし、BOOK・OFFにでも出たら買おうかなどと思っていた、ダン・ブラウンの「ダヴィンチ・コード」だが、試しに図書館の予約状況を見てみたら、 上巻 が約430人、 下巻 が約320人もいた。新宿区の各図書館に置いてあるとはいえ、計算してみたら、なんと9ヶ月待ち!それでも「ハリー・ポッター」よりは少ないんだろうけど。

一応予約しておこうかなと思ったのだが、上下の予約数にあまりに差があるので、この状況では下巻を先に読まなくてはならなくなる。図書館では上下巻関係なく、用意できたほうから順次貸し出すからだ。謎解きのミステリで、下巻から読むことほどアホらしいことはない。さてどうしようかと思い、とりあえず上巻だけ予約してみた。

アポロ13号が「普通に買えば?」と言うのだが(自分も読みたいから)、実は私は「モナリザ」の顔が嫌いなのだ。怖いので、手元に置いておきたくない。あの表紙の本を定価で買うなんて、すごく嫌。安ければいいのか?と言うと、まさしくそうなのだ。気分的なものだろうが、安くなっていれば、カバーを捨ててしまったって、罪悪感は感じないだろうと。(^^;

でも、9ヶ月もたつうちには文庫版になっていないかな、と期待もしているんだけど・・・。原書で読むという方法もあるが、英文は他に読まなくてはならないもの、読みたいものが山積みだし、そうこうしているうちに、9ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまうだろう。

それと今日は、図書館から貸し出し中だった「ドラゴンランス伝説」第5巻が用意できたと連絡があったので、すぐに第六巻を予約。これで間を置かずに「伝説」シリーズ全巻が読めることになった。このあと、「ドラゴンランス・セカンドジェネレーション」、「ドラゴンランス夏の炎の竜」というシリーズに繋がっていくので、まだまだ「完全読破」には遠いのだが。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス伝説〈3〉黒ローブの老魔術師』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 347 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757719388 ; 3 巻 (2004/07/23)
内容(「BOOK」データベースより)
〈大変動〉から百年後、大魔法使いになったレイストリンは、兄キャラモン、クリサニアを伴ってパランサスの〈上位魔法の塔〉にいた。クリンを手中にすべく野心を抱いて、奈落へ通じる〈扉〉を探し求めていたのだ。だが、それはすでに神官王が〈塔〉の支配をもくろんだ時に、他に移されていた…。年代史家アスティヌスとの交換条件にやむなく応じるレイストリン。一方、〈運命の日〉に一人とり残されたタッスルホッフは、炎のように輝く空の下、荒涼とした大地のまん中にぽっんと立っていた。〈暗黒の女王〉が住んでいる界だ!恐怖におびえるタッスルの前に女王が現れる…。フィスタンダンティラスの将軍になったキャラモン一行は、再び荒廃したクリンの旅を余儀なくされる―。待望のシリーズ第3弾。
【 2005/04/16/23/29/47 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

「アイスウィンド・サーガ」第2巻

「アイスウィンド・サーガ」(アスキー版)の2巻目出てたんだ!1作を3分割して、なおかつ3ヶ月も間を空けるなんて酷すぎ!すでに1巻目がどんな話だったか忘却の彼方。これは「ダークエルフ物語」に続く3部作で、全9巻になる予定だが、せめて1作分はまとめて出して欲しい。でなきゃ、百歩譲って毎月続けてくらいには出版するべきだ。

これも原書は持っているのだが、絶版だった翻訳版がアスキーから復刊されたので買い始めたところ、2巻目が3ヶ月も間が空くとは思いもよらなかった。読者をなめてるとしか思えない。すでに翻訳はされているのだから、さっさと出してよ!という感じ。全部揃うまでに、一体何年かかるやら。

ちなみに、「ダークエルフ物語」、「アイスウィンド・サーガ」、「ドラゴンランス」などは、全てD&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)シリーズとされている。ゲーム関連については全く知らないのだが、小難しいことは抜きにして、面白いことは間違いない。

個人的には、「ドラゴンランス」のハーフエルフのタニスも好きだが、「ダークエルフ物語」のドリッズトのほうがもっと好き。もちろん、「指輪」のアラゴルンにはかなわないけど。アラゴルン、ドリッズト、タニスと並べば、私の好きな3大ヒーローとなる。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス伝説〈2〉イスタルの神官王』/マーガレット・ワイス (著), トレーシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 348 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: アスキー ; ISBN: 4757718969 ; 2 巻 (2004/05/22)
内容(「BOOK」データベースより)
パラダインの僧侶クリサニアは、キャラモン、タッスルと共に仮死状態のまま大変動前のイスタルへ転送され、神官王によってぶじ蘇生する。美しいはずの宗教都市イスタルは、その陰に問題を抱えていた。一方、狼籍者として捕えられたキャラモンとタスは、奴隷市に出されて、体格を見込まれたキャラモンが見世物の剣闘士にされる。王宮にフィスタンダンティラスが出入りしているのを知った彼は、弟レイストリンの運命を変えた大魔法使いを殺そうとするが…。レイストリン、クリサニア、キャラモンは、それぞれの思惑を抱いて〈運命の日〉を迎える。やがて、大音響と共に大地は裂け天から火の山がふり注ぎ始めた…。ファンタジーRPG小説の大ベストセラー『ドラゴンランス戦記』続編。
【 2005/04/15/23/26/06 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ドラゴンランス効果

昨日は、「ドラゴンランス」を読み始めると何も手が付かなくなるので、しばらく封印していたと書いたが、あら不思議!「ドラゴンランス」を読み始めたら、なぜか他のことにも集中するようになった。やっぱり、なんとなくもやもやしているというのがいけないのだろう。思いもよらぬ「ドラゴンランス効果」だ。

ただ、今度の「ドラゴンランス伝説」は、スカッとする冒険活劇がメインではなく、邪悪な魔術師レイストリンが主役の歴史タイムトラベルものといった感じ。私の好きなハーフエルフのタニスは、脇役になってしまっている。

レイストリンは戦士キャラモンの双子の弟で、もともとはタニスたちと行動をともにしていたのだから、私も嫌いじゃないのだが、個人的には強いヒーローのほうが好みだから、脆弱で邪悪な心を持った主人公(とはいえ、レイストリンは心底邪悪とは思えないのだが・・・)というのは、ちょっととまどう。

この物語の世界では、僧侶と魔術師が力を持っているのだが、そもそもそういった宗教がらみの話は、あまり好きではない(『指輪物語』は宗教的でないので良い)。でも、それを補って余りあるくらいの面白さが「ドラゴンランス」にはあるので、宗教部分は目をつぶろうという感じだったのだが、「伝説」のほうはそれが前面に出ているので、あれ?と思ったが、魔術によるタイムトラベルも加わってきて、やはり単なる宗教ものじゃないよねという感じ。

「伝説」はまだ1巻目だから、この先どうなることやらなのだが、レイストリンはけして悪者ではないと信じている。レイストリンが抱いている大きな野望も、最終的には善なのだと。たしかに冷酷ではあるが、頭脳明晰なレイストリンにとっては、すべて計算づくでのこと。それに、兄キャラモンや、タニスたちには何の恨みもないはずで、自分を犠牲にしても、結局は彼らを守ってくれるはず!

むしろ、高潔な僧侶である「パラダインの聖女」クリサニアのほうが、実は悪のように思える。世のため、人のためと言いながら、実は自分のことしか考えていないというのは、世の中にはよくあることだから。キャラ的に、このクリサニアには胡散臭いものを感じている。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス伝説〈1〉パラダインの聖女』/マーガレット ワイス (著), トレイシー ヒックマン (著), Margaret Weis (原著), Tracy Hickman (原著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 372 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: アスキー ; ISBN: 4757718020 ; 1 巻 (2004/03)
内容(「BOOK」データベースより)
ドラゴンランス戦争終結から2年後、〈竜槍の英雄〉タニスはパラダインの僧侶クリサニアを伴って故郷ソレースに立寄る。リヴァーウィンドにウェイレスへ向かう彼女の護衛をたのむためだった。〈憩いのわが家〉亭で再会を喜び合ったのも束の間、レイストリンに去られたキャラモンのていたらくに驚く二人。翌日、タッスルホッフがクリサニアに依頼されたブープーを連れて到着するが、彼女は一人ウェイレスへ旅立ったあとだった―。一方、パランサスの〈上位魔法の塔〉にいる黒摩術師レイストリンのもとへ異父姉キティアラが訪れる。〈暗黒の女王〉タキシスの第一の将として失地回復をはかるため、彼と手を組もうとするが…。キティアラが恐れをなしたレイストリンの野望とは?"ドラゴンランス戦記"続篇、待望の第1弾。
【 2005/04/14/23/59/33 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ドラゴンランス伝説

昨日は、マーケットプレイスからも楽しみにしていたジョン・ダニングの本が届いたし(前日と合わせて3冊)、図書館でも7冊借りてしまった。実は図書館の本は全くの予定外。でなければ、早速ジョン・ダニングの本を読み始めているところだ。

今年になって、どうも1冊の本に集中しない。あちらこちらに手を出しては、途中でやめたりしている(マキャモンは別だが)。というのも、今年はマラマッド中心で、ずっとマラマッドに関わっているので、その他の本は気晴らしという感じもあって、あまり気晴らしにならないなと思う本は、途中で好き勝手に中断したりしているからだ。

このところ、あまり得意でないノンフィクション本を読まなければならなかったりして(それだって読了していないのだが)、なかなか良い気晴らし本に巡り合っていないので、突然封印していた「ドラゴンランス」シリーズが読みたくなってしまったというわけ(「ドラゴンランス」だけじゃなく、他にもあれこれ借りてきてしまったが)。

昨年、「ドラゴンランス」シリーズ6巻を読み、続きも・・・と思ったが、面白すぎて何もできなくなるので、しばらく封印していたのだ。このシリーズは、最初の「ドラゴンランス」以降、「ドラゴンランス伝説」、「ドラゴンランス・セカンドジェネレーション」、「ドラゴンランス夏の炎の竜」と続いており、まだまだちょっとやそっとじゃ終わらない、長大な冒険活劇ファンタジーだ。 ※画像は 『ドラゴンランス伝説〈1〉パラダインの聖女』

これを読み始めたら勉強も仕事もあったもんじゃないと、自分でもよくわかっているのだが、マラマッドの世界が結構暗いので、何か明るく活動的で、ストレートな話が読みたい⇒「ドラゴンランス」となってしまった。なんだ、ゲーム本じゃない!と思われてもいい。面白いものは面白いんだから、誰が何を言おうが、知ったことじゃない。私の気分が良ければいいのだ。

数日前から、デヴィッド・セダリスの 『すっぱだか』 を読み始めていて、それはかなり気にいっており(奇妙だが、そこはかとないユーモアが絶妙)、途中でやめようなどとは思ってもいなかったのだが、予定外のこととはいえ、公共の図書館で本を借りてしまった以上は、そちらを優先的に読まなくてはならないから、セダリスは後回し。というか、あとの楽しみにとっておこう。<ものは言いよう。

ちなみに誤解のないよう言っておくが、マラマッドの世界が暗いからといって、良くないわけでもなく、嫌いになったわけでもない。『サロン・ドット・コム』にもあったように、マラマッドの作品は 「外見よりも中身のほうが大きい有り得ない物体」 という評価を、やっと納得できたと思う。短編なのに、長編を読んだかのような読後感。あのページ数で、詳細な書き込みを感じさせる質量バランスの不思議さなど、いろいろ感嘆する部分は多い。

多くの解説や評論では、当然のことながら「ユダヤ系」であることを重要視して、その部分にマラマッドの真髄があるように書かれているが、私としては、マラマッドがユダヤ系であることは十分に承知しており、そういう解説には「はい、はい、ごもっともでございます」と思うだけ。マラマッドの作品の暗さや人生観については、読んでいればわかる。

それより、 「外見よりも中身のほうが大きい有り得ない物体」 という不可思議な現象を、誰か文学的に説明してくださいよ。私はそれが不思議でしょうがないんだ!
【 2005/04/13/23/36/47 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(4)

「BOOK CLUB」のお知らせ

◆「BOOK CLUB」のお知らせ

『闇の中に横たわりて』/ウィリアム スタイロン (著), William Styron (原著), 須山 静夫 (翻訳)
単行本: 511 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 白水社 ; ISBN: 4560047367 ; 新装復刊 版 (2001/10)

出版社/著者からの内容紹介
アメリカ南部の港湾都市を舞台に描かれる夫と妻、親と子の息づまるような葛藤。愛の言葉を失った人間たちの苦悩を圧倒的な筆力で描く大作はまさに現代の古典と呼ぶにふさわしい。

※読了期間は問いません。
※原書は 『Lie down in Darkness』 です。
※興味のある方は、お気軽にご参加ください。
※「シャーロック・ホームズ特集」も続行中です!

【BOOK CLUB】
http://www.freepe.com/ii.cgi?bookclub

【BOOK CLUB BLOG】
http://blogs.yahoo.co.jp/schazzie


〓〓〓 BOOK

◆マーケットプレイス

『死の蔵書』/ジョン ダニング (著), John Danning (原著), 宮脇 孝雄 (翻訳)
価格: ¥840
ユーズド価格 : ¥19+送料¥340=¥359(札幌市・ブックセンターいとう札幌店)
文庫: 548 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151704019 ; (1996/03)
内容(「BOOK」データベースより)
十セントの古本の山から、数百ドルの値打ちの本を探しだす―そんな腕利きの"古本掘出し屋"が何者かに殺された。捜査に当たった刑事のクリフは、被害者の蔵書に莫大な価値があることを知る。貧乏だったはずなのに、いったいどこから。さらに、その男が掘出し屋を廃業すると宣言していた事実も判明し…古書に関して博覧強記を誇る刑事が、稀覯本取引に絡む殺人を追う。すべての本好きに捧げるネロ・ウルフ賞受賞作。
※画像は原書 『Booked to Die: The Mystery That Introduced Cliff Janeway (Cliff Janeway Novels)』

『幻の特装本』/ジョン ダニング (著), John Dunning (原著), 宮脇 孝雄 (翻訳)
価格: ¥924
ユーズド価格 : ¥91+送料¥340=¥431(八王子市・ブックセンターいとう)
文庫: 598 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151704027 ; (1997/09)
内容(「BOOK」データベースより)
警察を辞めて古書店を営むクリフは、元同僚の依頼に愕然とした。存在するはずのない、エドガー・アラン・ポー作『大鴉』の1969年限定版を盗んで逃亡中の女を連れ戻してくれというのだ。その本は限定版専門の出版社の特装本で、見つかれば莫大な価値がある。興味を惹かれ、事件を調べ始めたクリフの前に、やがて過去の連続殺人の影が…。
※画像は原書 『The Bookman's Wake (Cliff Janeway Novels)』


◆図書館貸し出し

『ドラゴンランス伝説〈1〉パラダインの聖女』/マーガレット ワイス (著), トレイシー ヒックマン (著), Margaret Weis (原著), Tracy Hickman (原著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 372 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: アスキー ; ISBN: 4757718020 ; 1 巻 (2004/03)
内容(「MARC」データベースより)
ドランゴンランス戦争終結後の、呪われた邪悪な魔法使い・レイストリンと、その双子の兄である戦士・キャラモンの、時空を超えた冒険と愛憎を描くファンタジー第1巻。米国で2003年9月に発売された注釈付き完全版。

『ドラゴンランス伝説〈2〉イスタルの神官王』/マーガレット・ワイス (著), トレーシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 348 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: アスキー ; ISBN: 4757718969 ; 2 巻 (2004/05/22)
内容(「MARC」データベースより)
史上最強の暗黒魔術師となるべく現在と過去を旅するレイストリンの正体と真の野望とは? 双子の兄である心優しき戦士キャラモンはレイストリンを悪の道から救えるのか? 世界5千万部の冒険ファンタジーの注釈付き完全版。

『ドラゴンランス伝説〈3〉黒ローブの老魔術』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 347 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757719388 ; 3 巻 (2004/07/23)
内容(「MARC」データベースより)
史上最強を決める空前の大・魔法対決、勃発する大ドワーフ戦争、運命に恐怖する魔術師レイストリンとその双子の兄の憎しみと愛…。世界5千万部の冒険ファンタジーの注釈付き完全版。

『ドラゴンランス伝説〈4〉レオルクスの英雄』/M・ワイス (著), T・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 320 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757720068 ; 4 巻 (2004/09/30)
出版社/著者からの内容紹介
シリーズ本編ともいえる三部作のひとつ「ドラゴンランス伝説」のシリーズ第4巻。多くの魅力的なキャラクターが登場する、剣と魔法のファンタジー。注釈付き完全版。

『崖の国物語〈5〉最後の空賊』/ポール スチュワート (著), Paul Stewart (原著), Chris Riddell (原著), 唐沢 則幸 (翻訳), クリス リデル
単行本: 548 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ポプラ社 ; ISBN: 4591082288 ; 5 巻 (2004/08)
内容(「BOOK」データベースより)
トウィッグ船長とカウルクエイプが崖の国を救ってから五十年―崖の国には、新たな危機が訪れていた。「石の巣病」の流行で、浮遊石が浮力を失ってしまった。空賊の時代は終わった―。地下の図書館司書学会下級司書の少年ルークは、思いもかけず司書勲士に選ばれた。深森の奥にある「自由の森」へとおもむき、訓練を受けて深森の謎を探る学究の旅にすべてを捧げるのだ。しかしその自由の地にも邪悪な「闇の守護聖団」の魔手が忍び寄っていた。困難を乗り越えてようやく探索の旅に出発したルークが、深森の深奥で出会ったのは―!?予想を超えた新たなる展開でますます目が離せない“崖の国物語”感動の第五部!

『文学刑事サーズデイ・ネクスト〈2〉さらば、大鴉』/ジャスパー フォード (著), Jasper Fforde (原著), 田村 源二 (翻訳)
単行本: 603 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789723615 ; 2 巻 (2004/09)
出版社/著者からの内容紹介
今度の現場は『大鴉』。急げサーズデイ、本の中へ! 文学史上最悪の敵に「本読み」たちが立ち向かう。これぞ娯楽小説。文学刑事シリーズ第2弾
クローンマンモスが闊歩し、時間警備隊と文学ファンが走り回るパラレルワールドのイングランドで、またもや卑劣な文学事件が起こった。今度の現場は「大鴉」。急げサーズデイ、本の中へ!「本をひらいたとたん、読者はすごい勢いで真実とイメージの世界を行き来するのだ」ザ・タイムズ。「ばかばかしいユーモアと深い知識を巧みに同居させた手腕に脱帽。秀逸な娯楽作品」インディペンデント。

『鏡の森』/タニス リー (著), Tanith Lee (原著), 環 早苗 (翻訳)
単行本: 493 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 産業編集センター ; ISBN: 4916199642 ; (2004/10)
【 2005/04/12/07/58/02 (Tue) 】 BOOK CLUB | TB(0) | CM(0)

臨死体験と地震

夕べ、夜中にお腹が痛くなり、七転八倒とはこのことか!ってなくらいに痛かった。全身脂汗で、寝ても、起きても、どうしても、どうにもならず、死んだほうがましじゃないかと思うほど苦しんだ。その間2時間。私が死ぬほどの苦しみの中でもだえているというのに、アポロ13号は全く気づいてもくれず、私はこうしてトイレの中なんかで、誰にも気づかれずに死んでいくのだと、この世には神も仏もないのかと、人生の無常を感じた。

でも、一体どうしちゃったんだろう?「ごち」で牡蠣そうめんを食べたので、牡蠣にあたったのか?それとも、寝しなにごくごく飲んだ水のせい?いや寝る前に、今日は2回しか飲んでないぞと思って飲んだガスモチンという薬のせいだろうか?全身汗まみれで体力も使い果たし、体温もどんどん下がってきている。目の前真っ暗だし、んもう~、ほんとに死ぬかと思った。たぶん、逆に目の前に光が溢れたりしたら、きっとお迎えが来ていたに違いない。

それでもなんとか腹痛も徐々におさまり、やっと少しは眠れるかと思ってうとうとし始めた途端、大きな地震(また実家の近く)があって、今度こそは死ぬのだと思った!腹痛では死ななかったが、地震でお陀仏かぁ~と。(--;

おかげで今日一日、何とも言いようのない脱力感に浸っており、全く力が出なかった。それでも食欲だけは普通にあったりして、あれだけ苦しんだにも関わらず、ご飯は普通に食べた。ピザ・マルゲリータには、やっぱり激辛ハバネロ・ホットソースだよね!なんて言いながら。お腹はまだ不調を訴えて、ゴロゴロ言っているというのに。。。

ところで、今日はマーケットプレイスからジョン・ダニングの本が1冊届いた。これは原書で買おうかなとも思っていたものなので、早く読みた~い!という感じなのだが、いかんせん、今日届いたのはシリーズの3作目。もう少し待てば1、2作目も届くのだから、ここは我慢!でも最初、実はこのシリーズの1作目は、同じく稀覯本をテーマにした 『呪いのデュマ倶楽部』『ナインスゲート』─中身同じ)と勘違いしていたのだが、全然違うものだった。『ナインスゲート』は、ジョニー・デップ主演で映画化された時のタイトル。
※画像は原書 『The Bookman's Promise (Cliff Janeway Novels)』/John Dunning (著)


〓〓〓 BOOK

◆マーケットプレイス

『失われし書庫』 ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 205-8)/ジョン・ダニング (著), 宮脇 孝雄
価格: ¥945
ユーズド価格: ¥450+送料¥340=¥790 (福生市・バディナージュ)
文庫: 588 p ; サイズ(cm): 16
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151704086 ; (2004/12)
※<古書店主クリフ・ジェーンウェイ>シリーズ第三作目
【 2005/04/11/23/45/33 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)