FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2005年04月 】 

一週間分の拷問

6日ぶりにPCを開く。つまり、その間の日記を一気に書いているわけで、そろそろボケの入ってきた頭で、一週間分を思い出しながら書くという作業は、まるで拷問のようだ。

一週間何も書かなくても、特に心配してくれる人もいないようなので、放っておいても全然いいんじゃないかとも思うけど、たまればたまるほど、あとで苦しくなるのは結局自分だっていうのが嫌になる。

幸い、本物の「真実の日記」というのは手元にあって、本を買ったとか、読み終えたとか、何時に起きて何を食べたとかというのは手書きでメモしてある。プロ野球が始まったので、野球の勝敗も書いてある。夏休みのお天気調べに困ったら、私に聞いてってな具合だ。

それでも、そういった日常以外の、人に読んでもらえる文章にできるようなことが、毎日書いてあるかというと、それがなかなか・・・。だって、平凡な人間の平凡な一日だもの。そうそう面白いことばかりあるわけでもない。本の話があれば、多少は書くことも思いつくが、そうでない場合は、こうして後から埋めていく作業というのは、無から有を生み出すようなもので、出産の苦しみみたいなものがある。出産してないからわからないけど。(^^;

ともあれ、何をどう書こうかなと思いながら、一日、先日マーケットプレイスで購入した、ホラー・アンソロジーの『ハードシェル』を読んでいた。つまり、何も考えていなかったということだ。
スポンサーサイト



【 2005/04/02/23/18/54 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)