FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2005年04月 】 

「ダヴィンチ・コード」の予約状況

そろそろブームも下火になった頃だろうし、BOOK・OFFにでも出たら買おうかなどと思っていた、ダン・ブラウンの「ダヴィンチ・コード」だが、試しに図書館の予約状況を見てみたら、 上巻 が約430人、 下巻 が約320人もいた。新宿区の各図書館に置いてあるとはいえ、計算してみたら、なんと9ヶ月待ち!それでも「ハリー・ポッター」よりは少ないんだろうけど。

一応予約しておこうかなと思ったのだが、上下の予約数にあまりに差があるので、この状況では下巻を先に読まなくてはならなくなる。図書館では上下巻関係なく、用意できたほうから順次貸し出すからだ。謎解きのミステリで、下巻から読むことほどアホらしいことはない。さてどうしようかと思い、とりあえず上巻だけ予約してみた。

アポロ13号が「普通に買えば?」と言うのだが(自分も読みたいから)、実は私は「モナリザ」の顔が嫌いなのだ。怖いので、手元に置いておきたくない。あの表紙の本を定価で買うなんて、すごく嫌。安ければいいのか?と言うと、まさしくそうなのだ。気分的なものだろうが、安くなっていれば、カバーを捨ててしまったって、罪悪感は感じないだろうと。(^^;

でも、9ヶ月もたつうちには文庫版になっていないかな、と期待もしているんだけど・・・。原書で読むという方法もあるが、英文は他に読まなくてはならないもの、読みたいものが山積みだし、そうこうしているうちに、9ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまうだろう。

それと今日は、図書館から貸し出し中だった「ドラゴンランス伝説」第5巻が用意できたと連絡があったので、すぐに第六巻を予約。これで間を置かずに「伝説」シリーズ全巻が読めることになった。このあと、「ドラゴンランス・セカンドジェネレーション」、「ドラゴンランス夏の炎の竜」というシリーズに繋がっていくので、まだまだ「完全読破」には遠いのだが。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス伝説〈3〉黒ローブの老魔術師』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 347 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757719388 ; 3 巻 (2004/07/23)
内容(「BOOK」データベースより)
〈大変動〉から百年後、大魔法使いになったレイストリンは、兄キャラモン、クリサニアを伴ってパランサスの〈上位魔法の塔〉にいた。クリンを手中にすべく野心を抱いて、奈落へ通じる〈扉〉を探し求めていたのだ。だが、それはすでに神官王が〈塔〉の支配をもくろんだ時に、他に移されていた…。年代史家アスティヌスとの交換条件にやむなく応じるレイストリン。一方、〈運命の日〉に一人とり残されたタッスルホッフは、炎のように輝く空の下、荒涼とした大地のまん中にぽっんと立っていた。〈暗黒の女王〉が住んでいる界だ!恐怖におびえるタッスルの前に女王が現れる…。フィスタンダンティラスの将軍になったキャラモン一行は、再び荒廃したクリンの旅を余儀なくされる―。待望のシリーズ第3弾。
スポンサーサイト



【 2005/04/16/23/29/47 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)