FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2005年04月 】 

新作ファンタジー

◆お知らせ

【BOOK CLUB】の「名作談話室・荒涼館」を下記ブログに移しました。

http://bany.bz/book/

文字も大きくしましたし、これまでよりわかりやすくなったと思います。感想は、各作品のコメント欄に記入してください。記事の右下にある「Comment」というところをクリックすると、書き込み欄が現れます。書き込み欄も大きくなりましたので、だいぶ書きやすくなったと思います。

直接この掲示板をブックマークされている方は、お手数ですが、上記のURLに変更をお願いいたします。

【BOOK CLUB】
http://www.freepe.com/ii.cgi?bookclub


◆新作ファンタジー

『ドラゴンランス 魂の戦争 第一部 墜ちた太陽の竜〈上〉』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
価格: ¥1,785 (税込)
単行本: 287 p ; サイズ(cm): 21
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757722354 ; 第1部〔上〕 巻 (2005/03/28)
出版社からの内容紹介
神々が去り、〈人の時代〉が訪れた惑星クリン。従来の魔法が次第に働きを失っていくなか、いずこからか邪悪な巨竜たちが飛来し、次々とクリンのドラゴンを討ち滅ぼしていく。そして今やアンサロン大陸は、他のドラゴンの魂を喰らってさらに強大化した大赤竜マリス、大緑竜ベリルなどの巨竜たちに分割統治されていた・・・。そんなある日、アンサロン全土をただならぬ大嵐が襲う――。そのさなか、利き腕を失った隻腕のミノタウロス騎士ガルダーが呪われた谷で見た奇跡が、そしてシルヴァネスティとクォリネスティの両エルフ王家の血をひく若き王子シルヴァノシェイを襲った悲運が、世界を根底から揺るがす大戦乱へと導いていく・・・。世界でシリーズ累計5000万部を売った超ベストセラー・ファンタジー、そのまったく新しい幕が、いま切って落とされる。

※「ドラゴンランス」に、また新しいシリーズが出てしまった!全17巻で終わりかと思っていたのに、未訳のものがまだまだあるようだ。ぐわ~ん!( ̄▽ ̄;)



『大地の王の再来(上)ルーンロード 1』/デイヴィッド・ファーランド (著), 笠井 道子 (翻訳)
価格: ¥2,625 (税込)
単行本: 427 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4829175818 ; 1〔上〕 巻 (2005/03/29)
出版社 / 著者からの内容紹介
驚愕のスケールで描く英雄ファンタジー戦記、ついに開幕!
全米で600万部の人気ファンタジー小説をついに日本語化。全世界の征服を目指す無敵の超人、世紀末覇王に、若き〈大地の王〉が立ち向かう! しかしその戦いの背後で人類の真の敵が目覚めようとしていた・・・。

『大地の王の再来(下)ルーンロード 1』/デイヴィッド・ファーランド (著), 笠井 道子 (翻訳)
価格: ¥2,625 (税込)
単行本: 395 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4829175826 ; 1〔下〕 巻 (2005/03/29)
出版社 / 著者からの内容紹介
〈大地の王〉に選ばれた王子が世界を救う……!!
伝説の〈大地の王〉となったグボーン王子は、大王アーテンの魔の手よりからくも脱出した。しかし大王の軍勢は、父オーデン王の持つロングモット要塞に迫っていた……! ハリウッドにて映画化も進行中。

※これは全く新しく聞いた物語。面白いのかな?でも、絵的にこういうのは好きじゃないので、ちょっと引く。「ドラゴンランス」の絵は、おそらく向こうで描かれたものだと思うが、あれはいいとしても、「この手のマンガ」っぽい表紙は、買うのも借りるのも恥ずかしいのよ。ちなみに、原書 『The Runelords』 の表紙は左の画像。


DRAGONLANCE & FORGOTTEN REALMS
─「ドラゴンランス」、「ダークエルフ物語」などについての詳細はこちら


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『アイスウィンド・サーガ〈2〉ドラゴンの宝』/R.A.サルバトーレ (著) ¥1029
単行本: 231 p ; サイズ(cm): 19
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757721269 ; 2 巻 (2004/12/24)
出版社からの内容紹介
〈十の町〉を襲った蛮人のひとりウルフガーが、頑固なドワーフの老戦士ブルーノーに命を救われ、5年の月日が流れた・・・。そして今ウルフガーの前に、剣の師匠としてダークエルフの青年ドリッズトが現われる。憎むべき邪悪な種族である彼を、ウルフガーは激しく憎悪するが――。20体もの巨人族との戦い、莫大な宝を持つ白ドラゴンとの壮絶な戦いを描く痛快冒険絵巻!!
スポンサーサイト



【 2005/04/17/04/13/20 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)