FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2005年04月 】 

アラブとイスラエル(2)

◆アラブとイスラエル(2)

●アラブ社会の基本構造
・大家族主義
・部族主義
・部族連合

●アラブ国家と対外関係
・自国主義
・アラブ主義
・イスラーム主義


<2>アラブ民族主義の出現とその特徴

●中東地域の支配者
(a)オスマントルコ帝国
(b)英仏を中心とする西欧諸国

●アラブ民族主義の後発性

●アラブ民族主義の先駆者
・レバノンにおけるキリスト教徒
・アラビア半島族長勢力

●アラブ民族主義の高揚
(1)青年トルコ党革命
(2)第一次世界大戦
(3)第二次世界大戦

●完全独立国へのエジプトの動き

●地中海東岸地方での民族主義運動

●アラブ連盟加盟国とその独立年次


※というわけで、この講座を取った目的の「ユダヤ」に関しては、今のところ何の関係もない話のようだが、こういった流れの話の中で、ユダヤは頻繁に出てくる。「アラブの共通の敵=ユダヤ(イスラエル)」というわけだ。

なぜ敵なのか・・・今回の授業でもたびたびその理由は出てくるのだが、実は去年の講座で、ユダヤのことに関しては詳しくやったようなのだ。青森にあるというキリストのお墓にも行ったとか。え!なかなか話のわかる先生なんだ!と思ってうれしくなった。普通、キリストのお墓?バカじゃないの?って感じなのに。去年取っていれば、「竹内文書」のことも聞けたかもしれない。残念~っ!

ちなみに近藤先生は、普通の話よりも「脱線」話のほうがより面白い。なんて言ったら叱られるかもしれないが、授業の後、政治問題などについて(中東だけに限らず)、あれこれ聞けるのも勉強になる。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス伝説〈5〉黒薔薇の騎士』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 322 p ; サイズ(cm): 22
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757720696 ; 5 巻 (2004/11/19)
内容(「BOOK」データベースより)
僧侶クリサニアを伴ったレイストリンは、〈暗黒の女王〉に挑戦すべく、ついに〈奈落〉の扉へ入る。一方、キャラモンとタッスルは、魔法の時間遡行装置で無事逃げだしたものの、着いたところは、すべてが荒廃した未来のソレースだった。そこには、ティカの石碑が立ち、キャラモン自身の死体が横たわっていた…。折しも、〈竜槍戦争〉の英雄タニスは、差出し人のない一通の書状を受けとる。サンクションで力を得たキティアラが、再びパランサスを襲撃しようとしていたのだ…。ダラマール、ソス卿など異色の登場人物を絡めて、ますます白熱する渾身のシリーズ第5弾。
スポンサーサイト



【 2005/04/25/23/31/24 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)