FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ラマダプラザイン・オン・バーボン

アポロ13号が、3泊4日の岩手・大沢温泉一人旅から帰ってきた。温泉はとても良かったが、宿が合宿所みたいで、うるさくて眠れなかったとか。おみやげは、さんまの押し寿司、前沢牛のハンバーグ、エボダイの干物。

新幹線からメールが入って、お寿司を買ってきたということは知っていたんだけど、他にお味噌汁くらいは作らないとまずいでしょうかって感じで、急いで買い物に行って、あさりを買ってお味噌汁を作る。さんまの押し寿司というのは初めて食べたけど、なかなかおいしかった。バッテラみたいな感じだが、そこまでしつこくない。

というわけで、ぐうたらな日々も終わってしまったわけなのだが(性格は変わってないので、基本的にはぐうたらだが)、その間に私は旅行の手配をあれこれと・・・って、手配してるのは旅行社の人なんだけど、オプションの変更やら、ホテルの選択やら、何かと大変だったのよぅ。

で、オプショナルツアーのほうは、スケジュールを変えて申し込んだので、OK。ニューオリンズのホテルは、ここは嫌よと言っておいた、バーボン・ストリートの「ラマダプラザイン・オン・バーボン」ホテルになってしまった。見た目は雰囲気があっていいのだが、バーボン・ストリートのど真ん中だから、夜明けまでうるさいらしい。動くにはとても便利な場所だけど、普段騒音に悩まされている私たちとしては、旅行の時くらいは静かな所で過ごしたいという願いだったのだが。

ともあれ、旅行の件はこれで一息ついた。ホテルもそれしか取れないのなら仕方がない。ニューオリンズの喧騒も、またいい思い出になるだろう。日本のカラオケスナックとか酔っ払いのうるささとは、一味も二味も違うだろうし。

さて、南部なので、フラナリー・オコナーかキャサリン・アン・ポーターでも読むかと思って用意だけはしたのだが、1作だけ残っているマキャモンの邦訳 『マイン』 に目が行ってしまった。未訳の原書がまだ2冊残っているのだが、とりあえず、これを読まずに死ねるか!(ワニに食べられるかもしれないから)と思い、オコナーとかポーターは余力があったら・・・という感じで、マキャモンに行くことにした。一応、マキャモンも南部作家だからね。

でも、テレビで「デコトラの旅─西海岸編」を観ていたら、カリフォルニアの明るさって、やっぱりいいなあと思ったりして、非常に未練タラタラ。シュワちゃんにも会いたかったしなあ・・・。
【 2005/05/21/23/57/38 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ぐうたら生活最終日

明日、アポロ13号が帰ってくるので、ぐうたら生活も今日が最終日。昨日、食料を買い込んでおいたので、今日はどこにも行かず、ずっとだらだらするつもりだったのだが、なかなかそうもいかず・・・。でも、ビデオを2本観た。ジーン・ハックマンの「アンダー・サスピション」と、ラッセ・ハルストレム監督の「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」。

いつもは長すぎて続けて観ることができないため、まだ全部観ていない「ロード・オブ・ザ・リング」のエクステンデッド・エディションも観たかったのだが、やっぱり時間がない。サイトの更新などがなければ、もう少し時間ができるのになあ・・・と思いつつも、とりあえず日記だけでも埋めなくちゃという義務感にかられる。日記を書くには、それなりに膨大な時間がかかる。ためてしまうと余計。

本も思ったほど読めなかったし、結局、ぐうたらできずに終わる。
【 2005/05/20/23/01/09 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

スワンプツアーが満員?

HISに旅行代金を支払いに行ったら、「スワンプツアーが満員で・・・」と言われた。ええっ!という感じ。スケジュールを変更して、再度問い合わせしてもらうことにしたが、「南部なんかに行く人はそんなにいない」はずじゃなかったのか?と不思議~。

それにしても、よりにもよってスワンプツアーが満員だなんて、なんとなく笑う。別にワニが見たいわけじゃないから、わざわざスワンプに行かなくてもいいんだけど。ワニが見たけりゃ、熱川バナナワニ園に行けばいいんだし。

というわけで、西部ならカウボーイの話を読もうと思っていたのだが、再び本棚の本を入れ替えることとなり、中断していたバーダマン先生の 『アメリカ南部―大国の内なる異郷』 を再度読み始めた。どういうわけか、ニューヨークのほうにはあまり興味がわかないのだが、南部のほうは、もう少し情報を入手したいと思う。身近にニューオリンズに行った人がいたので、店の情報などは聞くことができたので助かった。

そういえば昨日、厚生年金会館で公演をしているニューヨークシティオペラのスタッフに会ったのだが、6月にはニューヨークにいるから、ぜひ会いに来いと言われた。オペラにも興味がないので、さて、どうするかな。ニューヨークより、むしろボストンに行くほうが楽しみ。
【 2005/05/19/23/49/15 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

「すっぱだか」

今日から、アポロ13号が岩手に出かけた。3泊4日。会社をやめたら、一人で温泉でのんびりしたいというのが、長年の夢だったようだから。で、私はその間の自由な時間に、たくさん本を読もうとか、あれこれやることを考えていたのだが、雑事に追われて、なかなか思うようにはいかないものだ。普段の日常のほうが、ちゃんとやることがやれるみたいだ。

とりあえず、デビッド・セダリスの『すっぱだか』を読み終えた。とても面白かった。とにかくおかしい。主人公の名前もデビッド・セダリスだし、これは自伝なのかな?と思ったが、実際のところはよくわからない。セダリスは、「プライベートなことを書く必要があれば、日記に書きます」と言っているし。でも、もし自伝だとすれば、セダリスはホモってことだ。そういわれると、そんな顔かも?とヘンなところで納得してしまった。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『すっぱだか』/デビッド セダリス (著), David Sedaris (原著), 倉骨 彰 (翻訳)
単行本: 382 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 草思社 ; ISBN: 4794211864 ; (2003/02)
内容(「MARC」データベースより)
自らの少年期・青年期のエピソードを元に、「僕」が自分自身の殻を脱ぎ捨てて自立をはたしていく過程をユーモアあふれる17の掌編に収めた、全米ベストセラー。
【 2005/05/18/23/21/24 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(2)

やっぱり南部へ

いったんは、西部の国立公園めぐりで決定したアメリカ旅行なのだが、公園内のホテルが取れず、キャンセル待ちの状態だった。なかなか決まらないのも落ち着かず、間際になって結局ダメというのも困るので、最初の予定通り、南部に行くことにした。

ところが、「ニューオリンズ&ニューヨーク」でJTBに頼んだところ、今度はニューヨークのホテルがいっぱいで取れない(キャンセル待ち)だと言う。そんな馬鹿なことはないだろうと、JTBはやめてHISに行ってみたところ、ちゃんと取れた。ニューオリンズに5泊、ニューヨークに3泊の予定。

ニューオリンズでは、市内観光、スワンプツアー、プランテーションツアーをオプションで付け、ニューヨークでは、アムトラックでボストンまで行く。ミシシッピ川の蒸気船は、予約しなくても現地ですぐ乗れるらしいので、オプションでは頼まなかった。というか、蒸気船ツアー自体がないのだ。これにはびっくり!デルタ・クイーン号など、歴史的記念物にもなっているのに。もっとも、デルタ・クイーン号が今でもあるのかどうか知らないが。

とにかく、やっと行く先が決まって、とりあえず気分的には落ち着いた。でも、準備などでしばらく忙しくなる。サイトも半休止状態かも。
【 2005/05/17/23/04/43 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

アラブとイスラエル(4)

<4>差別・迫害にさらされてきたユダヤ人

●ユダヤ人=ユダヤ教徒
●ユダヤ人のイメージ
●ユダヤ人迫害の背景
(1)宗教的背景
(2)経済的背景
(3)社会的背景
(4)生活慣習上の相違
(5)人種理論的背景
(6)ユダヤ人世界征服陰謀説
●ユダヤ民族史(紀元後)


※今日からユダヤについての話。そもそもこれを聞くのが目的で取った授業だから、はっきり言ってイスラム教のアラブのほうはどうでもよかったのだが、近藤先生の話はとても面白いので、結果的に役に立とうが立つまいが、取って良かったなと思っている。

驚いたのは、アラブについてやっているときには、あまり質問も出なかったのが、ユダヤの話になった途端に、質問が飛び交った。ユダヤは不思議な民族だと思っているのは、私だけじゃなかったみたい。

個人的に興味津々なのは、「ユダヤ人世界征服陰謀説」。起源はフランス革命の頃らしいが、現在でもそうした説を書いた本が出ているくらいだから、皆興味はあるんだろう。でも、これはきっぱりと否定されてしまった。秘密結社と言われているフリーメイソンなどは、秘密でもなんでもなく、ライオンズクラブのようなものらしい。

旧5千円札はフリーメイソンが作ったなんていう話もあるし(菊のご紋が二つに割れているのは日本への冒涜だとか、世界地図の真ん中の真後ろはイスラエルになっているとか、裏面の水に映っている山は、富士山ではなくシナイ山だとか・・・)、アメリカはユダヤ人に牛耳られているとか、面白い話はいっぱいあるのだが、全部嘘だったのかぁ。ちょっと残念。

ユダヤ系の作家の作品は、だいたい暗いものが多いけれど、なぜなのか?と聞いたところ、ユダヤ人はいつまた追放されるかと、常に不安を抱えているからだそうだ。迫害の記憶が、いつになっても薄れることがないのだ。

文学的に最も大きな影響は、シェイクスピアの『ベニスの商人』で、当時イギリスには追放によってユダヤ人がいなかったにも関わらず、シェイクスピアのその作品によって、ユダヤ人のイメージが決定されてしまったらしい。そのイメージは、今でも健在なのだろう。
【 2005/05/16/23/46/24 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

J.R.R.トールキン(1892─1973)

『サロン・ドット・コム』(現代英語作家ガイド)を見ていたら、その中にトールキンも入っていることがわかった。というか、入っているのは知っていたのだが、ちゃんと読んだのは、今回が初めて(今頃!)。これは、例外中の例外。というのも、『サロン・ドット・コム』は、主要作品が1960年代以降に刊行されていて、著書が2冊以上出ている作家に対象を限定した「現代」の作家を載せた本だからだ。

監訳の柴田元幸氏によれば、「主要作品は1960年代より前に書いていても、広いインパクトを持ったのはそれ以降、という作家も何人か取り上げた(その顕著な例がJ.R.R.トールキン)」ということだ。とにかく読んでみて、全くその通りだと思ったので、掲載しておくことにした。『指輪物語』は、単なる子供向けのファンタジーではないということで。


『指輪物語』 は、その存在をふと思い出すたびに思わず頬がゆるむ、そういう類の作品である。このような文学作品はほかにない。比類なきスケールの叙事詩、素晴らしく独創的なファンタジー、そして堂々たる言語の祝祭。ジョン・ロナルド・ルーエル・トールキン(John Ronald Reuel Tolkien)の傑作は、人間の想像力が成し遂げた偉業のひとつである。ほとんどの作家は本を書く。トールキンは一個の世界を作り上げた。

トールキンをけなす人の言い分は─その多くの本当の不満は、要するに彼の本が読み易すぎるということのように思えるが─トールキンは素朴なファンタジー作家にすぎず、ファンタジーというジャンルは子供じみた妄執の安っぽい匂いがするというものである。たしかに、ファンタジーには子供っぽさや逃避的傾向がある。しかし、どんなに高尚で、自覚的に「文学的」な文学でも、みな幾分は、世界から逃れようとする子供の企てにほかならない。そして正しい種類の素朴さは─そして妄執は─天才と区別不可能である。

トールキンは、彼の内に在る物語の神にすっかり身を委ねる。そうして彼が語る物語といったら!純粋な冒険譚として、これに並ぶものはない。これほど望みのない探求右派いかなる文学にも見当たらないし、これほど象徴的・原型的意味の重みを担った叙事詩がかくも詳細に(ほとんど耐え難いほど詳細に)語られたためしもない。指輪の仲間たちが、迷路のように曲がりくねった川や干上がった大峡谷を越えて、モルドール(Mordor)への長い道のりを一歩一歩、疲れた足を引きずって進んでいく。それがまた何という語り口で語られることか!文献学者トールキン、かの埃っぽい学問が文学にもたらしたニーチェ以来最大の贈り物たるこの学者は、とびきり柔軟なスタイルを操って、土地の日常語から荘厳な欽定訳聖書調のリズムまで自在に移行し、大仰さや違和感はいっさい感じさせない。ゴンドール(Gondor)が最後の必死の抵抗を試み、ローハンの騎手たち(the Riders of Rohan)がひづめの音を響かせて平原を駆け抜ける。呪文のような力をとめどなく増していくその完璧な文章を読んで心を躍らせないのは、知識ばかりを振り回す輩だけだろう。

トールキンは絶対善と絶対悪の世界を作り上げ、危機に瀕したその世界の中に、ひよわな凡人とその忠実な従者を配する。すべてを堕落させる「力の指輪」を破壊すべく二人が携わる探求は、キリスト教的な救済の物語であると同時に、ホメロス風・中世風な不屈の勇気のサーガであり、また、これが最も感動的な側面といえるだろうが、望みない悲劇でもある。フロド(Frodo)と仲間たちの勝利は世界を救うが、その救われた世界からは何かが失われている。エルフたちはそこから去っていくし、フロドにしても、受けた傷の深さゆえにこの世界に別れを告げるほかない。この偉大なシンフォニーにおいて最も深く響くのは、喪失の装飾音なのである。

あのトム・ボンバディル(Tom Bombadil)を、エントたち(the Ents)を、アラゴルン(Aragorn)の長い行軍を、灰色港(the Grey Havens)に向かう最後の出発を、誰が忘れられよう?それは一個の宇宙であり、授かり物である。

(以下省略)

─ゲイリー・カミヤ(『サロン・ドット・コム』より)
【 2005/05/15/02/50/00 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ラリー・マクマートリー

ジョン・ダニングの 『死の蔵書』 を読み終えたので、ジャネット・デイリーの 『Green Calder Grass』 を読み始めてしまったのだが、西部に行くなら、集めていたラリー・マクマートリーの西部ものでも読むかなという気分になっている。

●Larry McMurtry
著作(1)
著作(2)

マクマートリーはテキサス(テキサスは南部だが)を舞台にした作品が多いので、今回私が行く地域を考えると、コーマック・マッカーシーのほうが近い。しかし、マッカーシーを「軽く」とか「ざっと」読むのは難しい。

マッカーシーの、アメリカとメキシコの国境付近を舞台にした「ボーダー・トリロジー」3作はもう読んでしまったし、購入してある本は、いわゆる南部作家時代と言われる時のものだ。テキサス州エル・パソに引っ越して、西部作家と言われるようになってからの 『Blood Meridian』 は、スペイン語混じりだから、ちょっとやそっとじゃ読めない代物。となると、やっぱりマクマートリーを読むしかないか。。。ていうか、『Blood Meridian』の初版本が欲しい。実物を見なきゃ初版かどうかわからないから、ネットでは買えないし(現在、マーケットプレイスでは¥176,924。これって初版?)、これを探すのを今回の旅行の目的にしようかな、なんて。カナダのマーケットプレイスでは、初版と明記してあるもので、15万~30万円くらいする。これじゃ見つけたとしても、とても買えない。

というわけで、マッカーシーは短期間には読めないだろうから、やっぱりマクマートリーの 『Horseman, Pass By』 でも読むかな・・・と書いてしまうと、天邪鬼なので、すぐに気が変わる可能性もある。かといって、分厚い 『Lonesome Dove』 なんかは読んでる暇がないだろうし。 『The Evening Star』 あたりはどうだろう?って、あれには宇宙飛行士が出てくるから、たぶんテキサスが舞台なんだろうけど、全然カウボーイには関係ないし、ちょっと望んでる雰囲気じゃないし・・・。とりあえず、ジャネット・デイリーのカウボーイものを先に終わらせようってことで、あとは読みながら考えよう。万一、南部に行くことになったら、どうする?(^^;
【 2005/05/14/23/15/40 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

アメリカ西部

やっと旅行の日程が決まり、旅行社に相談に行った。で、南部に行くつもりだったのが、急に西部になった。ちなみに南部というと、ほとんどの人に「岩手?」といわれるのだが、アメリカのことです。岩手に行くなら、「南部に行く」とは言わないだろう。

前にも国立公園めぐりについて書いたので、突然急に思いついて変えたわけではないのだが、5月出発ならまだしも、6月に入ってからの出発となると、南部は天気が心配。毎日雨で、それも半端じゃないという話。洗濯物も乾かないらしい・・・って、何も南部に洗濯をしに行くわけではないが、日本の梅雨を抜け出して行くわけだから、さらに湿気のひどい状態ってのは、どうなの?という感じで、二の足を踏んだというわけだ。

それに引き換え、西部(特にグランドサークルあたり)はベストシーズンで、まさに行き時。そのため、公園内のホテルがとれなくて、キャンセル待ちという状態。しかも今回は2週間の余裕があるので(実際には2週間は行かないと思うが)、公園内に泊って、じっくり観ることができるだろう。

しかし、向こうのバスの都合とか、あれやこれやで出発日が限定されるため、なかなか行きたいツアーに申し込むことができない。それに、そこまで行くならロサンゼンルスにも!というわけで、ツアーの帰りにロスで延泊できるものでなくてはならない。となると、なかなかうまくいかないもので、困ったことになっている。

実は、今までロサンゼンルスの空港には何度も降りているのに、街に出たことがないのだ。だから、国立公園めぐりの場合は、ラスベガスかサンフランシスコが基点になるのだが、ちょっと足を伸ばして、今度こそロスに行こうと思った次第。それに、シュワちゃん・・・と思ったら、知事公邸はサクラメントで、サンフランシスコのほうにあるってことを知ってがっかりなのだが、シュワちゃんがいなくても、一度はロスに!という思いは大きい。なんだかんだ言っても、やっぱりカリフォルニアは好きなのだ。

それにロスまで行けば、オプションでメキシコに足を伸ばすこともできる。国立公園を巡って西部劇をイメージし、その後メキシコの空気を感じることで、コーマック・マッカーシーの雰囲気に浸れるかもと。。。南部に行きたいという気持ちも捨てきれないのだが、時期的なことで、今回はアメリカ西部となった。

というか、まだキャンセル待ちなので、決定ではない。どうしてもダメだったら、天気にめげず、南部に行く気持ちも大いにある。一度はミシシッピ河の流れる音や、川辺で鳴いているカエルの声を聞きながら、ハックルベリ・フィンの気持ちになってみたいと思っているから。

と書いていて気づいたが、私の南部のイメージの原点は、けして『風と共に去りぬ』のアトランタや、ジャズのニューオーリンズではなく、ミシシッピなんだなと。(^^;


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『死の蔵書』/ジョン ダニング (著), John Danning (原著), 宮脇 孝雄 (翻訳)
文庫: 548 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151704019 ; (1996/03)
内容(「BOOK」データベースより)
十セントの古本の山から、数百ドルの値打ちの本を探しだす―そんな腕利きの"古本掘出し屋"が何者かに殺された。捜査に当たった刑事のクリフは、被害者の蔵書に莫大な価値があることを知る。貧乏だったはずなのに、いったいどこから。さらに、その男が掘出し屋を廃業すると宣言していた事実も判明し…古書に関して博覧強記を誇る刑事が、稀覯本取引に絡む殺人を追う。すべての本好きに捧げるネロ・ウルフ賞受賞作。

※画像は原書 『Booked to Die: The Mystery That Introduced Cliff Janeway (Cliff Janeway Novels)』
【 2005/05/13/23/25/56 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ジャネット・デイリー

ジョン・ダニングの 『死の蔵書』 には、いろんな本や作家が出てくるのだが、ジャネット・デイリーの名前も何度か出てくる。それも「クズ本」の代表格みたいな扱いで。

なぜ、まだ読んだこともないジャネット・デイリーが気になったかというと、たまたま今年、紀伊国屋の洋書バーゲンで1冊買い、それがシリーズの2作目だとわかったので、ちょっと前に 1作目 も買ったからだ。ジャンルとしてはロマンス小説の部類だろうから、「クズ本」と言われても仕方がないかとも思うが、実際には初版本は高額で取引されているらしい。つまり内容はともかくとして、人気はあるってことだ。

でも、ロマンスと馬鹿にしてはいけない。サー・ウォルター・スコットの小説だって、表紙に「Romance」と書いてあるくらいだから、ロマンスという言葉は、文学の上では結構広い意味があると思う。

なんて、まだ読んでもいないのに、ジャネット・デイリーの味方をしても仕方がないのだが、私が買ったシリーズはカウボーイもので、私は個人的にカウボーイが好きだから、たとえそれが「クズ本」だっていいんだ。ロマンスに価値がないと言うなら、誰か純文学でカウボーイを書いてよって感じ。

私の知ってる限りでは、コーマック・マッカーシーとラリー・マクマートリーくらいしかいないだろう。マクマートリーのカウボーイものなんて、翻訳もされてない。だいたいマクマートリーだって純文学と言えるのかどうか。

たしかに、カウボーイものはロマンス小説に多い。つまりそれだけカウボーイがセクシーで魅力的ってことだと思うけど。あ、やっぱり本物のカウボーイに会いに行こう!(^^;
【 2005/05/12/01/29/30 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)