FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106
月別アーカイブ  【 2005年05月 】 

ジャネット・デイリー

ジョン・ダニングの 『死の蔵書』 には、いろんな本や作家が出てくるのだが、ジャネット・デイリーの名前も何度か出てくる。それも「クズ本」の代表格みたいな扱いで。

なぜ、まだ読んだこともないジャネット・デイリーが気になったかというと、たまたま今年、紀伊国屋の洋書バーゲンで1冊買い、それがシリーズの2作目だとわかったので、ちょっと前に 1作目 も買ったからだ。ジャンルとしてはロマンス小説の部類だろうから、「クズ本」と言われても仕方がないかとも思うが、実際には初版本は高額で取引されているらしい。つまり内容はともかくとして、人気はあるってことだ。

でも、ロマンスと馬鹿にしてはいけない。サー・ウォルター・スコットの小説だって、表紙に「Romance」と書いてあるくらいだから、ロマンスという言葉は、文学の上では結構広い意味があると思う。

なんて、まだ読んでもいないのに、ジャネット・デイリーの味方をしても仕方がないのだが、私が買ったシリーズはカウボーイもので、私は個人的にカウボーイが好きだから、たとえそれが「クズ本」だっていいんだ。ロマンスに価値がないと言うなら、誰か純文学でカウボーイを書いてよって感じ。

私の知ってる限りでは、コーマック・マッカーシーとラリー・マクマートリーくらいしかいないだろう。マクマートリーのカウボーイものなんて、翻訳もされてない。だいたいマクマートリーだって純文学と言えるのかどうか。

たしかに、カウボーイものはロマンス小説に多い。つまりそれだけカウボーイがセクシーで魅力的ってことだと思うけど。あ、やっぱり本物のカウボーイに会いに行こう!(^^;
スポンサーサイト



【 2005/05/12/01/29/30 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)