FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2005年06月 】 

「ニューオーリンズ・トライアル」

テレビで映画「ニューオーリンズ・トライアル」を観た。というか、これを書きながら観ている。ニューオーリンズが舞台だからというのもあるが、ジーン・ハックマンが出ている映画なので必見。


「ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション」
出演: ジョン・キューザック, ジーン・ハックマン, その他
監督: ゲイリー・フレダー
DVD (2004/07/23)
ジェネオン エンタテインメント ─ ASIN:B0002B5A7A
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
「ペリカン文書」の作家、J・グリシャムの原作を基に映画化された法廷サスペンス。銃乱射事件を起こした犯人が自殺。2年後、犠牲者の遺族が犯行に使われた銃のメーカーを訴える。原告の弁護士、裏工作に走る被告、謎の陪審員が絡む法廷闘争が始まる。


これは、ジョン・グリシャムの 『Runaway Jury』 の映画化だが、なぜ「ニューオーリンズ・トライアル」という邦題になってしまったのか・・・。たしかに映画の中にニューオーリンズの街並みが出てはくるが、内容は、南部が舞台でなくても全然支障がないのでは?といった話だし、場所には関係のない人間ドラマといった感じ。映画では銃の問題になっているが、原作ではタバコ問題である。しかし、映画化にあたって、タバコ会社からの圧力が怖いので、銃関連の訴訟にしたという噂。

しかし、南部の小説を読んでいると、南部での銃の所持率は多いようだから、そういう点で舞台をニューオーリンズにしたのだろうか?グリシャムも南部の作家だから、南部を舞台にするのは自然なことではあると思うが。

でも、個人的にジョン・キューザックはあまり好きではないので(この人も口をポカンと開けることが多い)、ジーン・ハックマンが出ていなかったら、きっと観ていないだろうと思う。というわけで、ジーン・ハックマンのところだけ集中的に観ている。キューザックは 「真夜中のサヴァナ」 でも観たけれど、彼も南部の人なんだろうか?

途中で消防車が出てきたが、これは実物を写真に撮ってある。ジョン・キューザックよりカッコイイ消防士がたくさんいることは間違いない。(^^;
スポンサーサイト
【 2005/06/30/23/53/03 (Thu) 】 読書と日常 | TB(1) | CM(0)