FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2005年08月 】 

アリステア・マクラウド

図書館に、アリステア・マクラウド の本を予約している。気になっていたのは、最新作の長編 『彼方なる歌に耳を澄ませよ』 (原書 『No Great Mischief』 )のほうだったのだが、短編2冊が先に用意できたようだ。

さてこの短編、原書は?と検索してみたら、タイトルが違う。まず邦題 『灰色の輝ける贈り物』 は「The Golden Gift of Grey」で、 『冬の犬』 は「Winter Dog」となっているのだが、そういうタイトルの本は存在しない。Amazonで検索していても、情報が違っていて、なんだかわけがわからなくなってくる。

実は、そもそも 『As Birds Bring Forth the Sun and Other Stories』 という短編集と、『The Lost Salt Gift of Blood』 という短編集の2冊があって、それが数年前に 『Island: The Complete Stories』 というタイトルで、1冊にまとめられたのだ。

それを日本で再度2分冊にしたのだが、その際にタイトルを日本受けするように変更したものと思われる(あくまでも推測だが)。たしかに作品の中には、邦題にあたる作品があるので、全くありもしないインチキな邦題がつけられたわけではないのだが、原書を探そうと思うと、非常にとまどう。

いずれにしても、2、3日うちに図書館に取りに行く予定なので、詳細がわかるだろう。ちなみにこれは、 「気になるこの1冊」 に全部書き出して眺めてみた結果、わかったことだ。事情がわかるまでには、それなりに苦労した。


〓〓〓 BOOK

◆Amazonから

『ねじの回転デイジー・ミラー』/ヘンリー・ジェイムズ (著), 行方 昭夫 (翻訳) ¥735
文庫: 366 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 岩波書店 ; ISBN: 4003231392 ; (2003/06/14)
内容(「BOOK」データベースより)
“アメリカ的なもの”と“ヨーロッパ的なもの”の対立を扱い、一躍ジェイムズの文名を高めた「デイジー・ミラー」。その解釈をめぐって議論百出の感のある、謎に満ち満ちた幽霊譚「ねじの回転」。“視点人物”を導入した最もポピュラーな中篇二篇を収録。新訳。

Amazon.co.jp オリジナルブックカバー(ベージュ) ¥273
(Amazonギフト券 ▲¥273)
文庫: サイズ(cm): 16.2 x 31
出版社: ; ISBN: B0009WHOM6 ; (2005/07/11)
スポンサーサイト



【 2005/08/06/23/31/50 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)