FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2005年08月 】 

『麦ふみクーツェ』

「翌朝起きると、街をおおう曇り空から、ねずみたちがふりだしていた」

図書館から借りている、いしいしんじの 『麦ふみクーツェ』 を読んでいるのだが、これがまた進まない。面白くないのではない。その反対だ。カラスが「くらげ、くらげ」と鳴くというのと同様、今度は空からねずみだ。

「孫をねずみでうしなうってのはいったいどんな気分です」と聞かれたり、「で、奥さんのどこに当たったんですか、そのねずみは?」なんて大真面目に言うものだから、おかしくて仕方がないのだ。「災難でしたね」なんて。ともかく、そんな調子で書かれているので、何度も読み返してくすくす笑っているものだから、ちっとも前に進まない。

話は「ねこ」というあだ名の主人公(中学生にして身長180センチを越す)が、お父さん(数学者で、毎日階段の12段目に座って数式を解いており、素数に異常にこだわる)とお爺さん(吹奏楽の王様。担当はティンパニ)の3人で暮らしているところへ、「とん、たたん」と音を立てて、麦ふみクーツェがやってくるところから始まるのだが、すべてがそのクーツェに関係があるのかないのか、とにかくいろんな奇想天外な話が書かれている。おかしい。

この本は、先月 文庫版 も出版された。図書館の返却日も迫っていることだし、もう文庫版買っちゃおうかなあ・・・などとも思ったりして。かなり気にいっているし、持っていてもいいなあと。いしいしんじは、この本で坪田譲治文学賞を受賞している。うーん、どうしようかな。。。とにかく返却日が気になる。延長って手もあるけど、いしいしんじの本を1冊くらい持っていてもいいかもぅ・・・と、なんとか購入する理由をこじつけようとしているのだ。


〓〓〓 BOOK

◆Amaoznから

『The Essential Book of Su Doku』/Peter Sinden (著) ¥1044
ペーパーバック: 224 p ; 出版社: Atria Books ; ISBN: 074328934X ; (2005/08/31)
スポンサーサイト



【 2005/08/15/23/01/04 (Mon) 】 読書と日常 | TB(1) | CM(4)