FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2005年08月 】 

From New Orleans

ニューオーリンズから、ジャミール・シャリフのCDが届いた。ヤマグチトラベルのまゆみさんからだ。もちろんジャミールのサイン入り。 “Dear ○○” まで入れてくれた。うひゃあ~っ感激~っ!

再び「メゾン・バーボン」での夜を思い出し(って特にロマンチックなことも何もなかったけど)、またニューオーリンズが恋しくなった。まゆみさん、本当にありがとう!いくらお礼を言っても足りません。マジで、マジで嬉しいです!m(_ _)m

Jamil Sharif のサイト

アルバムには、ジャミールのサイトのトップで流れている曲も入っていて、私はこの曲がとても気にいっていたので、非常に嬉しかった。何曲か気にいった曲はあるけれど、ライブで最後に演奏した「聖者の行進」が入っていたのにも感激。普段は特に大好きという曲でもないが、思い出が重なると、音楽って特別になるものだ。

それにニューオーリンズでは、「聖者の行進」はあまりにも有名で、プリザベーション・ホールのミュージシャンなんかは、すっかり飽きてしまって演奏したがらないというのだから、いざ聴こうと思っても、案外聴けないものだったりする。

というわけで、このところZYDECOにもはまっているので、ついつい「ジャンバラヤ」か「聖者の行進」を口ずさんでしまう今日この頃。どちらも元気になれる曲なので、気分も上々。でも、やっぱりクーラーなしのPC部屋は暑い。ここは南部だと思えば我慢できるじゃないか!って、できませんて。なんか、今現在、ニューオーリンズのほうが涼しいらしいし。

ともあれ、また絶対に行きたいニューオーリンズ!南部生まれのバーダマン先生はともかくとして、青山先生や村田先生が南部にはまってるのって、ほんとによくわかる。青山先生の授業でやった、 Arna Bontemps の「Talk to the Music」 など、その時は雰囲気があまり良くは分からなかったが、今ならきっとわかるぞ!という感じ。もう一度読み直してみようっと!
スポンサーサイト



【 2005/08/19/23/50/46 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)