FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2005年08月 】 

ダグラス・マッカーサー

私はマッカーサー元帥に少なからぬ憧れを抱いており、以前からダグラス・マッカーサーに関することを知りたいと思っていたのだが、マッカーサー研究書はたくさんあるものの、どれを読んだらいいのか、皆目見当がつかなかった。

それと、とある必要性から、息子であるアーサー・マッカーサーについても知りたいと思っていたのだが、こちらは本人は存命中であるにもかかわらず、行方知れずという状況で、情報は故意に消されたかのように、全くない。ジャズ・ミュージシャンで、最近では母親が亡くなった時、お葬式に現れたのが最後というくらいしかわからない。ともあれ、息子について知るにも、まずは父親のマッカーサー元帥のほうからと。

とりあえず、目に付いたものを片っ端から読めばいいのかもしれないが、今年「アラブとイスラエル」の授業をしてくださった近藤先生が「歴史は主観的な学問である」とおっしゃっていたし、そうなると、その歴史に関わった本人が書いたものが一番的を射ているのではないか?と思い、マッカーサー本人の回顧録を買ってみた。

逆に、本人だからこそ良い事しか書かないというのもあるだろうが、私の目的のためには、それでもいいのだ。本人が言っているのだから、間違いないという説明ができれば、それでいい。今すぐ読めるかどうかは疑わしいが、とりあえず一歩進んだという感じ。

それから、黒原敏行氏の翻訳本が2冊出たので、それもまとめて購入。で、その中の1冊の『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』という本だが、タイトルを見ると、なんだハウツー本かとも思うが、ところがどっこい!の本なのだ。これはれっきとした小説で、しかも桁外れに面白い。これはノンフィクションなのか、いややっぱりフィクションだよねという感じ。こちらもすぐに読む予定ではなかったのだが、パラパラと最初を読んだだけで、うっかりはまってしまった。

黒原氏と言えば、コーマック・マッカーシーの「国境三部作」や、ジョナサン・フランゼンの『コレクションズ』、最近ではマイケル・ムーアの『華氏911の真実』などの翻訳で有名だが、いつも感心するのは、本によって文体が全く違うことだ。「この人の翻訳は、みなこういう感じ」という翻訳が多い中で、これは素晴らしいことだと思うし、常に勉強を怠らない翻訳家の鑑というようなものだと思う。

今回のA.J.ジェイコブズは、「黒原氏に翻訳してもらって嬉しい。黒原氏は僕よりも英語が上手いから」と言っている。そりゃ経歴が経歴だけに、当然英語は上手いでしょうよと思うが、翻訳は英語が上手いだけでできるものではないというのは誰もがわかっていることだろう。黒原氏の場合は、作品の雰囲気を日本の作家に置き換えたらどんな感じかと、日本語の語感を大事にしているところが、毎回文体を変えることのできる要因だと思う。

それはともかくとして、この『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』は、硬くなった頭を柔らかくし、なおかつ知識も身に付くという一石二鳥の本である。さらに、爆笑のおまけつき!ちょっと冴えない毎日だなと思う方は、ぜひこの本をお試しください。

ついでに、アニータ・シュリーヴの本は、またしても不倫話だった。考えてみれば、読んだ本は全て不倫話。「アニータ・シュリーヴ=不倫」という図式で固まってしまいそうだ。今回は、45歳の大人同士の恋の話だが、設定にだいぶ無理がある。最後には、どうしても一緒になれないことがわかる悲しい幕切れになるのだが、そういった切なさの描写は、『マディソン郡の橋』のほうが秀逸だった気がする。『マディソン郡の橋』も、けして好きな話というわけではないのだが、この本よりは数倍ましだなと。

この本の中の、いい大人の男女の手紙のやり取りを読んで、鳥肌ものだと思っていたのは私だけかな?これって、日本語訳にも難があるのかもしれないが、女性のほうは詩人という設定であるにもかかわらず、全然素敵な文章じゃなかった。詩人だから素敵な手紙が書けるというわけでもないんだろうけど。極端に言えば、ちょっとキモい。私は照れ屋だから、こういうのは読んでいて恥ずかしくなってしまってダメ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『いつか、どこかで』/アニータ・シュリーヴ (著), 高見 浩 (翻訳)
単行本: 315 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4105900420 ; (2004/10/28)
カバーより
男がふと目にした詩人の写真は、あの夏の少女の面影を残していた。14歳の二人がサマーキャンプですごしたときめきの一週間から31年。ともに家庭に切実な問題を抱える大人となった彼らが果たした再会は、甘美にして狂おしい運命への序章となった─。『パイロットの妻』の著者が描き切る、感情の機微と官能の焔。


◆Amazonから

『影の王国』/アラン・ファースト (著), 黒原 敏行 (翻訳) ¥840
文庫: 456 p ; サイズ(cm): 15
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062751712 ; (2005/08/12)


『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』/A・J・ジェイコブズ (著), 黒原 敏行 (翻訳) ¥1200
文庫: 701 p ; サイズ(cm): 16
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4167651521 ; (2005/08/03)


『マッカーサー大戦回顧録(上)』/ダグラス・マッカーサー (著), Douglas MacArthur (原著), 津島 一夫 (翻訳) ¥1000
文庫: 274 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 中央公論新社 ; ISBN: 4122042380 ; 上 巻 (2003/07)
内容(「BOOK」データベースより)
太平洋戦争において極東軍司令官として米軍を指揮し、終戦後は連合国軍最高司令官として占領日本に君臨したダグラス・マッカーサー。彼が晩年自らの自で綴った「回想記」より、太平洋戦争勃発から日本占領統治に至るまでを抜粋収録。優れた戦略眼とユニークな発想で日本の運命を決した男の肉声を伝える貴重な文献。上巻では真珠湾攻撃からフィリピン撤退、ニューギニア戦を経て戦略を転換させるまでを描く。

『マッカーサー大戦回顧録(下)』/ダグラス・マッカーサー (著), Douglas MacArthur (原著), 津島 一夫 (翻訳)  ¥1000
文庫: 309 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 中央公論新社 ; ISBN: 4122042399 ; 下 巻 (2003/07)
内容(「BOOK」データベースより)
レイテ作戦を経て戦況は転換し、連合国軍はフィリピンを奪還、太平洋を北上し徐々に日本軍を追いつめていく。そしてついに日本は降伏。連合国軍最高司令官として厚木に降り立ったマッカーサーは、占領統治と国家改造という大仕事に着手する。至上の権力を手に日本の運命を決した男はそのとき何を考えていたのか。マッカーサー自らによる「回想記」より、太平洋戦争から占領統治までを収録。昭和天皇との会見シーンも興味深い。

※画像は原書 『Reminiscences』


Amazon.co.jp オリジナルブックカバー(ボルドー) ¥273
(Amazonギフト券 ▲¥273)
文庫: サイズ(cm): 16.2 x 31
出版社: ; ISBN: B0009WHOLM ; (2005/07/11)
スポンサーサイト



【 2005/08/22/23/16/41 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)