FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2005年09月 】 

横浜ホームラン4本でヤクルトに快勝!

神宮に「横浜×ヤクルト」の試合を観に行った。観に行くと負けるというジンクスがあるので、3位争いがデッドヒートしている中、あまり行きたくはなかったのだが、神宮で観れるのも今週が最後。土日は天気が悪そうなので、とにかくもう今日しかない。

9回まで、両チームとも点が入らず、どうせ最後にスコーンと打たれて、また例によって例のごとくサヨナラ負けだよと諦めかけていた時、佐伯のホームランに始まって、立て続けに4本のホームラン。ぎゃー!マシンガン打線復活!こんな試合が観たかったのよ!と大喜び。やっと歌えた「熱き星たちよ」!

しかし、帰宅してから観たいくつかのスポーツニュースでは、佐伯のホームランまでは映すのだが、そのあとの映像がないばかりか、“立て続けに”4本のホームランが出たというコメントさえない。「佐伯がホームランを打って勝ちました。以上、終わり!」という感じで、どうでもいいのか横浜なんて、と寂しくなった。ヤクルトに弱い横浜が、久々に完膚なきまでにヤクルトを叩きのめしたというのに、そりゃあんまりじゃありませんか!

ところで、有名な「最速男」クルーン。投球練習をしているクルーンは何度も観ているのに、マウンドで投げるクルーンを一度も観ていない。こんなに気持ちよく勝つ時くらい、セーブがつかなくたって、ファンサービスでクルーンを出してもいいんじゃないの?優勝がかかってるわけじゃなし。牛島監督って、案外ケチ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ローワンと伝説の水晶 リンの谷のローワン(3)』/エミリー・ロッダ (著), Emily Rodda (原著), さくま ゆみこ (翻訳), 佐竹 美保
単行本: 247 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: あすなろ書房 ; ISBN: 4751521136 ; (2002/01)
内容(「MARC」データベースより)
水晶の守り手を選ぶため、ローワンたちは海の民マリスの村へ。だが待ちうけていたのは…。意外な結末に向けて物語は一気に進んでいくスリリングなミステリー・ファンタジー。
スポンサーサイト



【 2005/09/23/23/50/56 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(2)