日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

『何かが道をやってくる』

レイ・ブラッドベリの『何かが道をやってくる』を予定通り読了。実にハロウィーンっぽいと思うものの、これって実は10月24日くらいの話で、ハロウィーンの日まで至っていないのだ。だから、ハロウィーンの話ではないってことである。

それにしても、これを最初に読んだのは、物語の主人公と同じくらいの年齢の時で、非常にわくわくして、何か秘密の世界を知ったような気がしたものだが、今、年を重ねて改めて読むと、感じ方が大きく違うと思った。

すでに、あの少年たちのような感覚にはなれない自分がいる。もう、あの頃は二度と戻ってはこないのだな・・・などと、トルーマン・カポーティ的感傷に浸ってしまうが、事実その通りなのだから仕方がない。

しかし、過去のある一瞬、一瞬は非常に鮮明に記憶しており、その中のひとつに、10月のこの時期の不思議な感覚がある。それがブラッドベリの作品に通じるところがあるから、感じ方は違っても、なぜか懐かしい気がするのだ。

当時、ブラッドベリや江戸川乱歩を夢中で読んでいたが、今読んでみると、結構怖い話ではないか!と思う。子どもって、案外怖い話が好きなのだ。ブラッドベリと乱歩は非常に似ているところがあって、その二つに夢中になっていたというのも、我ながら納得できることではある。

昔は、日本ではハロウィーン・パーティーなんかやってなかったから、「ハロウィーンって一体どんなんだろう?」と、夢見ていたものだけど、今だって、本当の意味を知っている人はどれくらいいるだろうかと思う。

ちなみに、知っている人は当然知っているとは思うが、ハロウィーンとは万聖節前夜のこと。で、万聖節とは「All Saints' Day」で、11月1日、カトリック教会で諸聖人を祝う日(プロテスタントは関係ないのか?)。じゃ、ちょっと前に買ったアン・ライスの 『The Feast of All Saints』 は、万聖節のお祭りの話かしらん?などと。。。

早速、明日11月1日から読みたいとは思ったものの、またまた図書館でたくさん借りているので、これも叶わず。実際には、南北戦争前のルイジアナでの黒人奴隷の話らしいが、中身はどうあれ、読みたいと思った時に読まないと、こんな大部の書はなかなか読めないよと思う。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『何かが道をやってくる』 創元SF文庫/レイ・ブラッドベリ (著), 大久保 康雄
文庫: 350 p ; サイズ(cm): 15
出版社: 東京創元社 ; ISBN: 4488612016 ; (1964/09)

出版社/著者からの内容紹介
ある年の万聖節前夜、ジムとウィルの十三歳の二少年は、一夜のうちに永久に子供ではなくなった。カーニバルの騒音の中で回転木馬の進行につれて、時間は現在から未来へ過去から未来へと変わり、魔女や恐竜の徘徊する悪夢のような世界が展開する。SF界の抒情詩人が世に問う絶妙なリズム。ポオの衣鉢をつぐ一大ファンタジー。
スポンサーサイト
【 2005/10/31/19/28/01 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

「白鯨」&「ソフィーの世界」

昨日、前日ビデオに録画しておいた「白鯨」を観た。グレゴリー・ペックが好きなので、子どもの頃に何度か観ているはずだが、その時には、これがあの有名なメルヴィルの『白鯨』だとは知らなかった。怪獣映画の部類だろう程度にしか観ていなかったので、再度ちゃんと観なおそうと思って録画しておいたのだ。

グレゴリー・ペック演じるエイハブ船長が、宿敵モビー・ディックにくくりつけられて、死んでもなお乗組員を手招きしているところなどは、明確に記憶に残っていたが、それもちょっと笑えるB級ホラー映画くらいにしか観ていなかったのだ。

しかしクレジットを観ていて、レイ・ブラッドベリの名前があったのでびっくり!あの映画の脚本はブラッドベリが書いていたのだ。そういえば、そのようなことを聞いた覚えがあったなと徐々に思い出してきたので、たまたま今読んでいる『何かが道をやってくる』の解説をみてみたところ、たしかに書いてある。

「ジョン・ヒューストン監督で映画化されたメルヴィルの「白鯨」のシナリオは、ブラッドベリが執筆したものである」

なるほど、本にも映画にも“セントエルモの火”が出てきたりするし、映像にもちょっとブラッドベリっぽいところがあるかな、と思ったりもした。刺青の男なんてのは、まさしくブラッドベリじゃないかとも思うが、そもそもメルヴィルの『白鯨』を読んでいないので、原作のほうに“セントエルモの火”や刺青の男が出てくるのかどうかはわからない。だとすれば、それがもともとの世界なのか、「ブラッドベリっぽい」のかは、何とも言えないところだが・・・。

その後、夜中に「ソフィーの世界」を観た。冒頭を見逃したが、これもヨースタイン・ゴルデルの原作を持っているものの、未読のままなのだ。ゴルデルのファンタジーは好きなのだが、作品によっては、もともと哲学者ゆえ、ともすれば面倒な哲学談義になってしまう。それが嫌でずっと避けてきた作品なので、この際映画で観てしまえというわけだったのだが、へえ~、こういう話だったのかと。面倒な哲学を分かりやすくという狙いは分かるのだが、にしても結末がちょっと「分かりやす過ぎ」。やっぱり映画で観てしまってよかったなあ・・・なんて。これでさらに原作を読むのは遠のいたみたいなので、BOOK・OFFに売ってしまおうかなと。映画のソフィーちゃんが、あまり好みじゃなかったし。(^^;


◆六大学野球─早慶戦

早大快勝、勝ち点4/東京6大学
<東京6大学野球:早大4-1慶大>◇最終週最終日◇30日◇神宮

早大が4-1で勝ち、2連勝で勝ち点4を挙げた。最終順位が確定し、優勝した法大、2位早大以下は明大、立大、慶大、東大の順となった。首位打者は早大の武内内野手が打率4割2分6厘で初めて獲得した。1回に1点を先行された早大はその裏に上本の先頭打者本塁打などで2点を奪い逆転、その後も加点して快勝した。




◆ラグビー関東大学対抗戦

早大、筑波大に圧勝/ラグビー
<ラグビー:関東大学リーグ>◇30日◇東京・秩父宮ラグビー場◇1試合

早大が筑波大に64-17で圧勝した。早大は4戦全勝で、筑波大は1勝3敗。早大は4トライを奪って前半を26-3で折り返し、後半は6トライを加えた。

【 2005/10/30/19/27/57 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

いたずら魔女のノシーとマーム

 



先日、細い三日月を夜空に見ながら、「あ、今月はハロウィーンか」と思ったことを思い出した。この時期の月は、満月でも三日月でも不気味に大きく美しい。

南部のパーティーが終わったら、それ系(魔女とか魔法とか魔物とか)のものを読みたいと思い、図書館に予約しておいたのが、児童書の<いたずら魔女のノシーとマーム>シリーズなのだが、2巻目が用意できたと連絡があったものの、1巻目は予約が結構入っていて、まだまだ順番が来そうにない。

しかも、原書は2冊とも在庫切れ(Amazon)で、すぐには買えない状態。それに、2巻目はもうクリスマスの話になってしまうのだ。それにしても、原書と翻訳の表紙が逆版になっているのがおかしい。なぜわざわざ逆版にするんだろう?右開きか左開きかの問題?

ともあれ、仕方がないのでブラッドベリでも読むかと、 『何かが道をやってくる』 を探し出してきた。「仕方がない」と書いたが、けして嫌々読むわけじゃない。ブラッドベリはその昔、私をファンタジーに目覚めさせた張本人だから、基本中の基本。この作品も何回目かの再読。

先日新しく購入し直した 『To Kill A Mockingbird』 も、ハロウィーン時期の定番で、毎年読んでも飽きない作品なのだが、今年は何かと南部関連にはまっていたので、今回はパスしておこうかと。

クリスマスといえば、昨日届いたファニー・フラッグの 『A Redbird Christmas』 は、タイトルどおりクリスマスの話。今年のクリスマスはこれ。というか、年のはじめに洋書バーゲンで買ったクリスマス本もあるし、去年購入して読み終わらなかった本もある。なんだかんだ言って、クリスマス本は毎年買ってしまうので、たまる一方。

ちなみに31日には、アイリッシュパブのダブリナーズで、ハロウィーン・パーティーがある。自分が責任を持つパーティーではなく、他人の開いたパーティーで、気楽にわいわい騒ぎたい気分でもある。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ミシシッピ=アメリカを生んだ大河』/ジェームス・M・バーダマン (著), 井出野 浩貴 (翻訳)
単行本: 240 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062583380 ; (2005/08/11)

出版社 / 著者からの内容紹介
「偉大なる褐色の神」を旅する。
ミシシッピはアメリカという林檎を貫く「芯」である。ニューオーリンズの情熱的なクレオール文化。デルタの苛酷な環境が生んだブルース。公民権運動の舞台メンフィス。NYや西海岸を見てもわからない、アメリカの歴史と文化の本質を探る4000キロ縦断の旅。
【 2005/10/29/18/44/19 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

満員御礼

昨日はおかげさまで、「アメリカ南部の夕べ─SOUTHERN NIGHT」を無事に開催することができました。当初の予定を上回る28人もの方が参加してくださいました。

わざわざ出席していただき、また募金をしていただいた方々、お忙しい中、本当にありがとうございました。心より感謝いたしております。

さらに、この日のために寄付をくださった方々にも、厚く御礼申し上げます。皆様からいただいたたくさんのご好意は、必ずニューオーリンズに届くよう、今後も力を尽くすつもりでおります。

ご協力、本当にありがとうございました。

schazzie


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『A Redbird Christmas』/Fannie Flagg (著) ¥814
マスマーケット: 193 p ; 出版社: Fawcett Books ; ISBN: 0345480260 ; (2005/10/25)
From Publishers Weekly
Lured by a brochure his doctor gives him after informing him that his emphysema has left him with scarcely a year to live, 52-year-old Oswald T. Campbell abandons wintry Chicago for Lost River, Ala., where he believes he'll be spending his last Christmas. Bestselling author Flagg (Fried Green Tomatoes; Standing in the Rainbow) makes this down-home story about good neighbors and the power of love sparkle with wit and humor, as she tells of Oswald's new life in a town with one grocery store and a resident cardinal (or redbird, as the natives call it). Frances Cleverdon, one of four widows and three single women in town, hopes to fix him up with her sister, Mildred—if only Mildred wouldn't keep dying her hair outrageous colors every few days. The quirky story takes a heartwarming turn when Frances and Oswald become involved in the life of Patsy Casey, an abandoned young girl with a crippled leg. As Christmas approaches, the townspeople and neighboring communities—even the Creoles, whose long-standing feud with everybody else keeps them on the other side of the river—rally round shy, sweet Patsy. Flagg is a gifted storyteller who knows how to tug at readers' heartstrings, winding up her satisfying holiday tale with the requisite Christmas miracle.
Copyright © Reed Business Information, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.


◆図書館(→11/18)

『不運な女』/リチャード・ブローティガン (著), 藤本 和子 (翻訳)
単行本: 155 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4105127020 ; (2005/09/29)


『奇跡も語る者がいなければ』/ジョン・マグレガー (著), 真野 泰 (翻訳)
単行本: 366 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4105900439 ; (2004/11/25)


『ハーメルンの笛吹きを追え!』/ビル・リチャードソン (著), Bill Richardson (原著), 代田 亜香子 (翻訳)
単行本: 261 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 白水社 ; ISBN: 4560047804 ; (2004/04)
出版社/著者からの内容紹介
「ハーメルンの笛吹き」の話はとても有名。でもあの子供たちはいったいどこへ連れ去られたのか? 秘密の力を持つ少女が笛吹き男を追って子供たちを救出する素敵な冒険ファンタジー。


『イーサン・フローム』/イーディス・ウォートン (著), Edith Wharton (原著), 宮本 陽吉 (翻訳), 貝瀬 知花 (翻訳), 小沢 円 (翻訳)
単行本: 221 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 荒地出版社 ; ISBN: 4752100932 ; (1995/09)

※画像は原書 『Ethan Frome』

内容(「MARC」データベースより)
「衝突事故」のせいで額に赤い傷を残し、鎖にひかれるように足を引きずって歩く農夫、イーサン・フローム。ニューイングランドを舞台に一人の男の生き方を描く。愛憎の果て生きることの意味を問う珠玉作品集。


『すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER』/森 博嗣 (著)
文庫: 522 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062639246 ; (1998/12)
内容(「BOOK」データベースより)
孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。
【 2005/10/28/23/54/00 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

「アメリカ南部の夕べ─SOUTHERN NIGHT」


★☆★ 南部づくし!─アメリカ南部の夕べ ★☆★


SOUTHERN NIGHT




■日時:10月27日(木)6:00pm~(途中入場可)
■場所:どん底3階─新宿区新宿3-10-2 ℡ 03-3354-7749
■会費:3000円+お気持ち(ハリケーン被災者への募金)

※飲み物とお食事は十分ご用意してあります。



■南部映画:「The Grass Harp─草の竪琴」
■南部音楽:ジャズ、ケイジャン、ザイデコ等
■ニューオーリンズ名物「ハリケーン・カクテル」
■「スパニッシュ・モス」の現物をご覧ください!


【The Grass Harp─草の竪琴】


・監督・製作:チャールズ・マッソー
・脚本:スターリング・シリファント
・原作:トルーマン・カポーティ 『草の竪琴(The Grass Harp)』(※カポーティはニューオーリンズ生まれ)
・出演:エドワード・ファーロング、シシー・スペイセク、ジャック・レモン、ウォルター・マッソー

<内容紹介>
両親と死別した少年コリンは、ある日遠縁にあたる姉妹に引き取られる。ビジネス・ウーマンの妹ヴェレーナに比べ、いつも夢見がちな姉ドリー。心を閉ざしていたコリンは、次第にドリーに心を開いていく。そんなある日ふたりはふとした事件をきっかけに家出をし、森のムクロジの樹の上の家で暮らすことになる。自分らしく自由に生きるふたりに町の人々は次第に共感を覚え、愛すること、生きることを学んでいく・・・。



■ACCESS
・地下鉄丸ノ内線新宿三丁目駅 出口B2より2分
・都営新宿線新宿三丁目駅 出口C5より2分



【 2005/10/27/16/38/36 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

「アメリカ南部の夕べ」前日

昨日は、なんとか家から抜け出して、歌の練習をしに行った。2時間ほど練習したが、歌詞を覚えられないのは相変わらず。伴奏のギターと合わせるのが精一杯。さらに、タンバリンも打つとなれば(手と腿の外側が青あざ)、そっちのほうに神経が行ってしまい、歌詞はさらに不明となっていく・・・。ま、コミックバンドだと思って我慢してもらいましょう。(^^;

にしても、歌を歌うのは非常に疲れる。夕食後テレビを観ながら、倒れるようにそのまましばらく寝てしまった。これで痩せればいいのだが、お腹もすごく減るので、食欲だけは増進。ぶぶぶ!

今日は、間際になって参加者が1人追加になり、合計23人となる。再度連絡し直し。食べ物、飲み物、ジャズフェスのチケットの手配、会場のレイアウトの確認などなど、万事抜かりはないかと気が気ではないのだが、ここまできてしまえば、なるようにしかならないさ!
【 2005/10/26/16/26/02 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

The Misadventures Of Maude March




『The Misadventures Of Maude March: Or Trouble Rides A Fast Horse』/Audrey Couloumbis

Eleven-year-old Sallie March is a whip-smart tomboy and voracious reader of Western adventure novels. When she and her sister, Maude, are orphaned for the second time, they decide to escape their new self-serving guardians for the wilds of the frontier and an adventure the likes of which Sallie has only read about. This time, however, the wanted woman isn't a villain out of a dime novel--it's Sallie's very own sister!

Narrated by the irrepressible Sallie, what follows is the rollicking story of what really happened out there on the range. Not the lies the papers printed, but the honest-to-goodness truth of how things went from bad to worse and how two very different sisters went from being orphans to being outlaws--and lived to tell the tale! Bursting with memorable characters, fast-paced action, and laugh-out-loud moments, this is Newbery Honor winner Audrey Couloumbis's most unforgettable work yet.

● Hardcover | September 2005 | $ 15.95 | 0-375-83245-9
Wild West website




アメリカ南部の話もいいが、カウボーイが登場する西部ものにも大いに惹かれる。「Misadventure」とは、不運な出来事とか災難という意味だが、ということは、西部もので、なおかつレモニー・スニケットの<不幸な出来事>みたいな要素もあるのかしらん?と、俄然興味を持ってしまった。<不幸な出来事>同様、やっぱり孤児になるみたいだし・・・。

ニューベリー賞作家ということで今いち不安もあるのだが(私はどうもニューベリー賞作品は合わない)、この作品でニューベリー賞をとったわけではないし、1冊くらい読んでみてもいいかなと。

「Wild West website」 という公式サイトもすでにできていることだし、出版社も力を入れているのだろう。たぶんこの先シリーズ化されて、何十冊も出版されるのかも。となれば、1巻目を入手しておくのは、コレクターとしても見逃せないことかもしれないなあ、なんて。
【 2005/10/25/01/07/48 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

Bev Marshall

この夏、 Bev Marshall の 『Right as Rain』 を購入したのだが、これは期せずしてアメリカ南部ミシシッピの話だった(未読)。中身がどうのというより、なんとなく・・・で買った本なので、よくよく見てみたら南部の話だったというのは嬉しい。

というわけで、 Bev Marshall は南部の作家なのかぁ~と思っていたところ、彼女の3作目が出た。『Right as Rain』 は2作目。

それが 『HOT FUDGE SUNDAY BLUES』 で、これもまたミシシッピの話。南部の話というだけでも興味深いが、タイトルもなんだかおいしそうで、そそられる。

私の場合、表紙を見ただけで買ってしまうジャケ買いもよくあるが、タイトルだけで気にいって買ってしまう本もある。これはその類。まだ注文してはいないけれど、カートの中には入れてある。(^^;

ちなみに、1作目は 『Walking Through Shadows』 で、これもまたいい感じの表紙。洗濯したばかりの木綿の白いワンピースから、石鹸の香りがしてきそうなイメージ。もちろんこれもミシシッピの話で、3作ともゼビュロンというスモールタウンが舞台になっているようだから、「続き」というわけではないだろうが、関連性はあるのかもしれない。ということは、1作目から読んだほうがいいってこと?と思い、これもまたカートの中。

スモールタウンが舞台というと、ちょっといい話ではあるが、スケールが小さくて退屈か、予想に反して内容が濃くてすごく面白いか、どちらかだろうなあというイメージがある。でも、アメリカのスモールタウンもの(南部に限らず)というのは、なんとなく好みではある。


こうして本を買おうかなあ・・・と思って考えているときが一番楽しいのだが、残念ながら今のところ読む暇がなくて、とても悲しい。それに、今日は風邪気味なのか、頭痛が全然治らない。朝一で、アポロ13号のお供をして出かけなくてはならなかったし、寝不足もあって体調悪し。

頭痛は、肩こりがひどいせいもあるかも。というわけで(?)アリナミンVを買う。明日はジップ・ジャックで歌の練習もあるし、体力をつけておかないと。。。
【 2005/10/24/23/49/33 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

リロイ・ジョーンズ

まゆみさんからのメールで、現在リロイ・ジョーンズと一緒に演奏しているとあった。27日には、メゾン・バーボンも再開するので、ジャミール・シャリフもアトランタから戻ってくるそうだ。27日は「アメリカ南部の夕べ─SOUTHERN NIGHT」の日。ジャミールのCDもかけるつもりなので、グッド・タイミングではないか!

さて、リロイ・ジョーンズってかなり有名じゃないか・・・と思ったのだが、私が思い浮かべたのは、『ブルース・ピープル』 で有名な LeRoi Jones(Amiri Baraka) であった。まゆみさんが一緒に演奏しているのは、Leroy Jones で、スペルが微妙に違う。 LeRoi のほうは、40年前に『ブルース・ピープル』を書いたニュージャージーの景観詩人だが、 Leroy の写真を見ると、40年前にそんなことをしたとはとても思えないし、以前にジュンク堂のトークショーでもらった資料にあった LeRoi の写真とは、似ても似つかない(LeRoi は1934年生まれのおじいさんである)。

ともあれ、彼女も精神的にはいろいろあるようだが、今のところ元気に演奏活動をしているようなので、ほっとしている。

今日は家で歌の練習をしたが、やっぱり歌詞が覚えられない。こんなに記憶力が悪いとは!我ながらあきれかえる。というか、何か考え事があると、歌詞が全く頭に入ってこないのだ。口先だけで歌っている感じ。で、時間がないので、他に雑用をしながら覚えようとすると、これまた集中できないのでやっぱり入ってこない。逆に歌詞に集中しようとすると、手元がおぼつかなくなるし。
【 2005/10/23/22/47/25 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

不運な女

肉体的にも精神的にも疲れた。病院の日だったので、血圧を測ってもらったのだが、高くはなっていなかったので、とりあえずよしではあった。このところ朝起きるたびに、倒れそうになっているので、ちょっと心配だったのだ。

腹が立つこと、悲しいこと、心配なこと、イライラすることなどなど、ほかでぐだぐだ書いていたりもするのだが、ここに書くべきようなことが思い浮かばない。読書も進んでいないし。

あ、そういえば図書館から、予約していたリチャード・ブローティガンの 『不運な女』 の準備ができましたと連絡があったっけ。これって私のこと?なんかグッド・タイミングだなあ・・・。でも、読む時間がないので、まだ取りには行けそうにない。

先日借りたフランシス・イタニの 『遠い音』 も全然開いてないし。あれは分厚いから、ちょっとやそっとじゃ読めそうにないのに、日にちだけが過ぎていく。

とにかく、疲れた。

それでも、やることは山積み。肉体的な疲れは休めばとれるが、精神的なことはそうはいかない。コンビニでリポビタンDを買ってきたが、アリナミンVにしたほうがよかったかなあ・・・なんて。<関係ないって。

リポDなんて、単なる気休めだ。でも、「気が休まる」ならいいのか。などと思っているうちに、プリンタのカートリッジ(黒)の残量が少なくなっているから取り替えろなんて表示が出てきて、またやることが増えてしまった。この間カラーのカートリッジを取り替えたばかりだってのに、どうせなら一度に言ってくれ!って感じ。

このところ、なにやかやと200枚くらいプリントアウトしているから、インクがなくなるのも当然といえば当然だが、プリンター本体がずいぶん安くなったなと思っていたら、インクで儲けてるのか。

さて、いまだにライブの曲の歌詞を覚えられない。というか、練習する時間もない。どうしたものか・・・。
【 2005/10/22/23/54/31 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)