FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2005年10月 】 

タフでなければ・・・

「アメリカ南部の夕べ─SOUTHERN NIGHT」の打ち合わせ。あれやこれやの都合で変更を繰り返してもらちがあかないので、最初に決めた日程で開催することにした。

人を集めて何かをするというのは、本当に大変なことだと痛感。自分が有名人ならいざ知らず、無名の一般人が、そういう事をするというのは、肉体的にも精神的にもタフでないとやれないなと。

企画したり、何かを作ったりすることは、どんなに大変でも一向に苦にはならないのだが、こと人に関わると、とても疲れる。体格はいいが、体力も精神力もないという私には、非常に辛い試練だ。

実際、他人のためにお金を使える人って、そんなに多くないんだなと感じた。みな、急に貧乏人になるのだ。一流レストランに行ったり、ブランドものを買えたりしても、他人にはびた一文使いたくないという人が多い。私も知り合いになる人を選ばなければ。

でも、始めてしまったからには、後戻りは出来ない。快く協力してくれている人もいるし、ここで挫折しては、一生悔やむことになるだろう。生涯に一度くらい、自分のためではなく、他人のために努力することも必要だ。

「やるからには、責任を持って最後までやれ」と、アポロ13号にも言われた。そのとおりだと思っている。

自らも被災していて、現在やっとニューオーリンズに入ることのできたまゆみさんでさえ、被災者のためのチャリティ・コンサートに参加するために、またロサンゼルスへ向かうという。何という強さだろう。それに比べたら、慈善パーティーを開くぐらいのことで、へこたれちゃいられないって感じ。

・・・と書きながら、自分で自分を励ます。
スポンサーサイト



【 2005/10/05/23/16/47 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)