FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2005年10月 】 

アポロ13号の災難

夕べ、最後に感動的なことがあったので、いい気分で家に帰ったところ、奈良にいるアポロ13号から電話があり、「骨折した」と言う。なんで!?という感じで、一気に酔いも感動もさめてしまった。

奈良の友人とお酒を飲んだあと、散歩がてら付近を歩いていたら、1.5mくらいの崖から落ちたらしい。友人が一緒だったので、知り合いの病院に連れて行ってもらい、すぐに手当てはしたらしいが、保険証のコピーをFAXで送ってくれとのこと。夜中です。

うちにはFAXがないので、とにかくコピーだけして、近くのコンビニに走る。酔いはさめたとはいえ、書き込んだ字はミミズがのたくっているかのようだ。あんた、さっきおでん買ってった人でしょう?という目で見られながら、全くなんてこった!という気分。

で、今日は東京駅まで迎えに行ったのだが、あら、やっぱ松葉杖ですか!と、冗談でなく、ほんとだったんだなあと、今更のように思う。それから家の近くの整形外科に連れて行き、ギブスをしてもらう。奈良では「手術になるかも」と言われたそうなのだが、複雑骨折ではなかったようで、手術はまぬがれた。全治2~3ヶ月だそうな。まったく災難だ。

しばらくは、ひとりでは何もできないだろうから、私もあまり出かけられなくなりそう。アポロ13号が外出しなければならない場合には、すべて付き添っていかなくちゃだし、パーティー前のしんどい時に、さらにしんどい事が重なり、ますますタフにならなければ!と、疲れた頭で思う。ダイエットなんかしてられないって。

そんなわけで、図書館で借りていた本のうちデルトラ4冊を読む暇がなくて、そのまま返さなくてはならない事態となった。4巻まで読んだので(全8巻)、もういいやという感じではあったから、延長もせずに返してしまった。ついでに、予約の本が用意できているというので、それを1冊だけ借りてきた。にしても、分厚いなこれ。


〓〓〓 BOOK

◆図書館貸し出し(→11/3)

『遠い音』/フランシス・イタニ (著), 村松 潔 (翻訳)
単行本: 526 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 新潮社 ; ISBN: 410590048X ; (2005/08/30)
出版社 / 著者からの内容紹介
音のない世界が、こんなにも豊かだったとは……。静寂の大地カナダで、戦争の世紀を生き抜いた聾唖の女性の半生を、実話をもとに力強く描いた感動作。
スポンサーサイト



【 2005/10/20/23/44/26 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)