FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2005年11月 】 

「ローハイド」と「コンバット」

Amazonから、ライブラリー・オブ・アメリカ版のスタインベックの本が2冊届いた。これで、とりあえず全作品が揃ったことになる。ちゃんと読むかどうかはわからないけれど、これが全部揃ったということが嬉しい。透明フィルムでパックされているのだが、それを開けもせずにしまいこんだ。(^^;

それと、一緒に届いた西部ものの<モード・マーチ>シリーズも面白そうだ。私はてっきり表紙の馬の後ろに乗っているのがモード・マーチだと思っていたのだが、どうやら前で手綱をとっているのがモード・マーチのようだ。なんとシャロン・ストーンばりのカッコイイ女の子なのだ。しかも、11歳でおたずね者!なかなかやるなあ。

西部ものといえば、ここ数日、BS2で再放送している「ローハイド」にはまっている。小さい頃に父がよく見ていたので、内容は全然覚えていないが、あの曲だけはよく覚えている。ブルース・ブラザースもあの歌を歌っているくらいだから、あれは結構名曲だよねと思う。クリント・イーストウッドが出ていたというのも、大人になってから知った。今回の再放送で、やっとそれを確認したというくらい。

改めて観ると、あの当時のテレビドラマって、真面目な話なのに、思わず笑ってしまうところがたくさんある(映画もそうかもしれないが)。スピードを出しすぎた幌馬車がカーブで転倒し、それをイーストウッドたち(フェイバーさんとこのカウボーイ)が助けに行くのだが、そこでの会話。

「君たちはだれだ?」
「カウボーイです」

って、見りゃわかるだろうに!オリジナルのセリフはカウボーイなんて言ってはいないのだが、日本では、カウボーイといえば、すぐに個人が特定できる程度(カウボーイ=イーストウッドとか)にしか知られていなかったのか?と思って、大笑いだ。

ストーリーも変だし、吹き替えのセリフも変だし、こんなのでも昔は憧れて観ていたんだなあと。で、「ローハイド」のあとに、「コンバット」もやっていて、こっちも懐かしいなあと思いながら観ている。

「コンバット」のほうが再放送回数は多いだろうと思うので、馴染みが深い。最初に「Starring Rick Jason, and Vic Morrow・・・」と言うのが好きだったのだが、NHKではやらない。つまり、あれはオリジナルには入っていないってことなのか(その後5話目くらいから入り、さらに途中で名前の順番が替わる)。

今読んでいる『イーサン・フローム』が、どうも乗らなくて、どうしたものかと思っていたのだが、これもやっぱり日本語が変なのかな。日本語の意味を考えるために、しばしば中断してしまうのだ。どうもおかしいと思うところがいっぱいあって、頻繁に中断せざるを得ないため、なかなか話が進んでいかないのだ。

そんなわけだから、途中で放り投げて、「モード・マーチ」を読んでしまいそうな雰囲気だ。でも、『イーサン・フローム』はブッククラブの課題にしてしまったので、とにもかくにも読まなくちゃいけない。この本には他に何編か入っているのだが、こんな日本語で読むのは苦痛なので、「イーサン・フローム」を読み終えたら、ほかの話はやめておこうと思う。

もっとも、これも原書を持っているのだから、日本語が嫌なら、そちらで読めばいいと思うが、文章が結構冗長なので、原書で読むのも辛そうだ。


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『John Steinbeck: The Grapes of Wrath and Other Writings 1938-1941 : The Long Valley, the Grapes of Wrath, the Log from the Sea of Cortez, the Harvest (Library of America)』/John Steinbeck (著)  ¥3,540
ハードカバー: 1067 p ; 出版社: Library of America ; ISBN: 1883011159 ; (1996/09)
Book Description
This second volume in the authoritative edition of John Steinbeck (with "Novels and Stories, 1932-1937") features the Pulitzer-Prize winning masterpiece "The Grapes of Wrath" in a newly corrected text based on the author's manuscript, typescript, and galleys. "The Harvest Gypsies is Steinbeck's investigative report on migrant farm workers which laid the groundwork for the novel. "The Long Valley" displays his brilliance with short stories, including such classics as "The Chrysanthemums," "Flight," and "The Red Pony." "The Log from the Sea of Cortez," about a marine biological expedition, combines science, philosophy, and adventure.


『Steinbeck Novels and Stories 1932-1937: The Pastures of Heaven/to a God Unknown/Tortilla Flat/in Dubious Battle/of Mice and Men (Library of America)』/John Steinbeck (著), Robert Demott (著), Elaine A. Steinbeck (著) ¥3,540
ハードカバー: 912 p ; 出版社: Library of America ; ISBN: 1883011019 ; (1994/09)


『Walking Through Shadows』/Bev Marshall (著) ¥1,411
ペーパーバック: 295 p ; 出版社: Ballantine Books (P) ; ISBN: 0345483383 ; (2005/08/30)
From the Publisher
Walking Through Shadows is one of the most unforgettable books I've ever read. And the character of Sheila Carruth Barnes is destined to become a classic of American literature. Marshall evokes the rich emotional fabric of the South in a way reminiscent of To Kill a Mockingbird. This novel sings in your soul long after the last page. It is not one to be missed.


『The Misadventures Of Maude March: Or Trouble Rides A Fast Horse』/Audrey Couloumbis (著) ¥1,613
ハードカバー: 295 p ; 出版社: Random House Childrens Books (J) ; ISBN: 0375832459 ; (2005/09/27)
From Publisher
Eleven-year-old Sallie March is a whip-smart tomboy and voracious reader of Western adventure novels. When she and her sister, Maude, are orphaned for the second time, they decide to escape their new self-serving guardians for the wilds of the frontier and an adventure the likes of which Sallie has only read about. This time, however, the wanted woman isn't a villain out of a dime novel--it's Sallie's very own sister!

Narrated by the irrepressible Sallie, what follows is the rollicking story of what really happened out there on the range. Not the lies the papers printed, but the honest-to-goodness truth of how things went from bad to worse and how two very different sisters went from being orphans to being outlaws--and lived to tell the tale! Bursting with memorable characters, fast-paced action, and laugh-out-loud moments, this is Newbery Honor winner Audrey Couloumbis's most unforgettable work yet.

(以上、Amazonギフト券 ▲¥5,921)
スポンサーサイト



【 2005/11/10/18/23/47 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)