FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2005年11月 】 

コーマック・マッカーシーの新作

テレビで「ローハイド」にはまっている時に、マッカーシーの新作が出たことを知るとは、嬉しい限り。とはいえ、出版されたのは7月。Random House や Harper Collins の情報は随時チェックしているのだが、Knopf は普段あまりチェックしていないから、わからなかった。知っていたら、予約してでも買ったのだけど・・・。

というわけで、今なら初版が手に入るかも?と、早速注文した。「初版」であるから、もちろん読んじゃダメ。来年ペーパーバックが出るのを待つ。それも予約済み。でも、結構売れてるみたいなので、もしかしたらすでに初版じゃないかもしれないと、あとから気づいたのだが、ま、いいか。

問題は、黒原敏行氏の翻訳で読むマッカーシーはとても素晴らしいのだが、スペイン語まじりの原書は、難しくて読みにくいということだ。新作にスペイン語がまじっているのかどうかはわからないが、マッカーシーは、あれ、どこから会話?といったような文体だから、一筋縄ではいかない代物だ。

黒原さん、訳してくれないかなあ・・・。マッカーシーの未訳の作品、全部黒原さんに訳してもらいたい。黒原さんにもらった、マッカーシーの直筆レス(翻訳上での質問に対する答え)は、今でも宝物だ。ま、コピーだけど。(^^;

メリッサ・バンクの新作も気になるところだが、これはPB待ち。来年の紀伊国屋の洋書バーゲンで出ないかなと期待。

そんなわけで、そのあたりの洋書を読みたいと思いつつも、今日もまた図書館から「予約の本の準備ができました」と連絡が来た。まだまだ先だと思っていた、スティーヴ・エリクソンの 『アムニジアスコープ』 も回送中らしいので、明日には準備できてしまうだろう。げ!

これって、なんでこんなに早く回ってきたのかな?と不思議に思う。もしかして、例によって例のごとくのややこしい文章なので、途中でやめる人が多かったとか?なんて、勝手に推測している。逆に、面白いのであっという間に読めてしまうということもあり得るけど。

ところで、昨日やっと読み終えた、イーサン・ケイニンの 『Emperor of the Air』 だが、「作品によってはバーナード・マラマッドに似ている」という話を聞いてから、それが頭から離れなくなってしまい、最初に私が抱いたのは、全然そんなイメージじゃなかったのにな、と。でも、たしかにマラマッド的なところはあるかもしれない。「マラマッド的」ってどういうの?と聞かれても、一言ではとても答えられないのだけど。


◆Cormac McCarthy 新作

No Country For Old Men/Cormac McCarthy (著)
外貨参考価格: $24.95
価格: ¥2,633 (税込)
OFF: ¥465 (15%)
ハードカバー: 352 p ; 出版社: Alfred a Knopf ; ISBN: 0375406778 ; (2005/07/19)
Publishers Weekly
高く評価された国境三部作を締めくくる『平原の町』から7年、マッカーシーが魅力的な現代ウエスタンをひっさげて戻ってきた。新作の舞台は、1980年のテキサス南西部。リオグランデ流域でカモシカ狩りをしていたルエリン・モスは、いくつかの死体とヘロインの山、240万ドルの現金を発見する。この作品の大部分を占めるのは、簡潔で巧みな文章によってぐいぐいと引きつけていく逃亡劇だ。

金を盗んだモスは、勢力ある麻薬組織が雇った特殊部隊の元工作員のウェルズや、精神異常者めいたチグールに追跡される。家畜用の銃を携えたチグールは、ゆがんだ正義感で凝り固まった冷酷な殺人犯だ。さらには保安官ベルもモスを追う。年配のベルは、もはや自分はたちうちできない荒々しい力をもつチグールのような新種の男たちの存在を、苦々しく思っている。

作品にちりばめられているのは、一人称で書かれたベルの思慮深い言葉だ。彼は世の中の変化を嘆き、第二次大戦の戦場でのつらい思い出をふりはらおうとし--バイオレンス色の強いこの小説のなかで一条の光といえるが--結婚生活に恵まれたことを喜ぶ。話はぞくぞくさせるような展開をみせる。しかし、この小説が読者に善悪の戦い、人間が生きるうえで選択や運が果たす役割について深く考えさせるのは、ベル保安官の繊細な心と賢さがあるからにほかならない。


◆Melissa Bank 新作

The Wonder Spot/Melissa Bank (著)
外貨参考価格: $24.95
価格: ¥1,818 (税込)
OFF: ¥1,280 (41%)
ハードカバー: 324 p ; 出版社: Viking Pr ; ISBN: 0670034118 ; (2005/05/31)
スポンサーサイト



【 2005/11/16/00/53/08 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)