日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

激動の2005年

「激動の2005年」なんてタイトルをつけてしまったけど、大晦日の主婦は、これからのお正月地獄に向けて忙しいので、とても書いている暇がない。何が激動なのか?と思われる方は、今年の日記を参照してください。(^^;

しかしこの忙しい年末に、「BOOK CLUB」のお知らせまでしている。課題の『若草物語』は、クリスマスから始まって、ニューイヤーの風景に続いていく、この時期にちょうどマッチする話。洋書を読むクラブではないので、とりあえず翻訳本の一例を載せたが、私は今回は原書の 『Little Women』 を読む予定。

でも、正直な話、年明けはF・ポール・ウィルスンのホラーを読むのを楽しみにしていたので、『若草物語』にちょうどいいこの時期には、きっと読んでいないと思う。でも、これってたぶんこの時期にしか出せない課題だと思うので、無理して出してしまった。というわけで、読みましょう!なんとかして。

ところで、やっと読み終えた『驚異の百科事典男』。青山先生もお薦めというこの本は、夏ごろから読んでいて、何度も中断し、ようやく、やっとのことで読み終えた。黒原さんの翻訳もとてもいいし、内容も面白かったのだけど、前にも書いたような理由で、ごくごく短い短編集のように、どこででも中断できてしまうのが、なかなか読了できなかった原因。

本当は★5個つけてもいいくらい面白いのだが、百科事典の内容に関係のない、子作りの話がちょっとしつこくて、★1個マイナスって感じ。それが気にならなければ、満点でもいいんだけれど。。。


ああ~、まだ年賀状作ってない!☆ ̄(lll>。☆lll)

年賀状って、絶対に郵便局の陰謀だよ。メールなら無料で挨拶できるのに。普段からメール使ってる人は、もうメールでいいでしょうに、なんでお正月だけはがきを出したがる?携帯のメールなら、「ふくろう便」だって送れるのに・・・(有料だが)。

でも、年賀状用にキティちゃんの切手を大量に購入してしまった。戌年なのに、なぜキティちゃん?て感じだけど、シールになっているので、貼るのに手間が省けるという理由。

ともあれ、

皆様、今年もいろいろお世話になりました。特に今年は、たくさんの善意のご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。

schazzie



【BOOK CLUB】 課題本のお知らせ

『若草物語』/L.M. オールコット (著), Louisa M. Alcott (原著), Tasha Tudor (原著), 矢川 澄子 (翻訳), T. チューダー
単行本: 472 p ; サイズ(cm): 17
出版社: 福音館書店 ; ISBN: 4834019888 ; (2004/06)

内容(「MARC」データベースより)
南北戦争時代のアメリカ合衆国。従軍牧師として戦地にある父親不在の家庭を、メグ、ジョー、ベス、エイミーの4姉妹は賢い母親と隣人の善意に助けられながら、失敗をのりこえ、支えていく。米国家庭小説の金字塔。再刊。

※クリスマス~ニューイヤーの風景から始まる物語。
※上の本は一例です。原書でも可。
※以前に読んだという方の感想も歓迎です。お気軽にご参加ください。
※感想はこちら→ http://bany.bz/book/
※【BOOK CLUB】はこちら→ http://www.freepe.com/ii.cgi?bookclub


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』/A・J・ジェイコブズ (著), 黒原 敏行 (翻訳)
文庫: 701 p ; サイズ(cm): 16
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4167651521 ; (2005/08/03)
内容紹介
日々脳細胞が溶解していく恐怖にうちかつため、百科事典全巻3万3000ページの読破に挑戦した知識おたくの記録。トリビア情報満載。子供の頃は世界一頭がいいと思っていたが、35歳のいま知的レベルは下がる一方。そこで『ブリタニカ百科事典』全巻読破に挑戦。一年かけて3万3000ページを読破しながら、高IQ集団の会員と物知りバトルをし、『ブリタニカ』編集部を訪ね、要らぬ薀蓄を傾けて妻や友人に辟易され、「クイズ・ミリオネア」に挑戦し……。かつて神童だったすべての人に『エスクァイア』編集者の著者が捧げる、トリビア情報満載の抱腹絶倒の読書日記。(HK)
スポンサーサイト
【 2005/12/31/00/46/58 (Sat) 】 BOOK CLUB | TB(0) | CM(0)

『A Redbird Christmas』

昨日やっと読み終えた、ファニー・フラッグの 『A Redbird Christmas』 。200ページほどの本だが、本筋の話が展開しはじめるのが、150ページあたりからという、ちょっと忍耐を要求される本。

『フライド・グリーン・トマト』 (翻訳は絶版!)同様、いかにも南部っぽい描写が楽しめるし、ファニー・フラッグの本には悪人は出てこないから、なんとなく安心した感じで読める。

でも、冴えない中年男(エルフに似ているなどと言われるが、けして「指輪」に出てくるようなエルフではない)の話かと思えば、骨がおかしくなっている女の子の話?でもなく、最後はそれらが全部ひっくるめられてはいるが、結局は鳥の話というわけで、推測がことごとくひっくり返される。

たかが鳥一羽でこんなに大騒ぎして・・・なーんて言ってはいけないんだ。これは「ちょっといい話」なんだから。みんないい人ばかりだし、この人が犯人?などと疑うのもダメ。そんなことで疑ったりしたら、あとで「私はなんて悪人なんだろう」と後悔する。あくまでも性善説でなければならない。

途中に、川向こうに住むクレオールの家族との確執が出てくるが、最後にはそれも丸く収まる。クレオールが出てくるところに南部らしさを感じるが、べつに相手はインディアンでも何でもいい話だ。

骨に障害がある女の子の手術をめぐって、町中が一丸となって大騒ぎになるのだが、そんなところは、バーバラ・デリンスキーの 『Three Wishes』 に似ている。スモール・タウンは、どこでも皆そんな感じなのだろうか。それとも、これこそサザン・ホスピタリティなんだろうか。

そういった精神は、本の冒頭から感じられる。シカゴに住んでいる冴えない中年男が、「ここにいたら今度のクリスマスまでには死にますよ」と言われ、アラバマに引っ越すわけだが、見ず知らずの男にも、住民たちは非常に親切に世話を焼いてくれる。でも、そういうのがうっとうしい人には、南部は向かないのかもねと思う。

『フライド・グリーン・トマト』もそうだったが、この本にも南部料理のレシピがたくさん出てくる。それもストーリーのうちだ。とても気になる「Polka Dot's Secret-Weapon Tomato Aspic」と「Happy New Year Black-eyed Peas」。
【 2005/12/30/23/41/41 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ニューオーリンズに寄付金届く!

ニューオーリンズから、寄付金が無事に口座に入っていたと連絡があった。調べてみたら、すでに11月下旬には入っていたそうで、何はともあれ、皆さんのご厚意を無事に届けることができ、一安心。

にしても、みずほ銀行の行員が「文書でお知らせが行きますので、それが確認されてから入金されます」と大嘘を言わなければ、とっくの昔に済んでいた話だ。

この寄付金を入れるために作った口座だから、そう頻繁に確認しないだろうし、知らせが来ると言われれば、ずっとそれを待つしかないわけで、全くみずほ銀行もいい加減なことを言ってくれたものだと、憤りを感じる。

でもとにかく無事に届いたので、私としては、やっと肩の荷が下りたという感じだ。これで全てが終わったわけではないけれど、心配の種がひとつ減ったのは事実。

以下は、まゆみさんからのメール。

今日、口座をインターネットで調べたら、どうやら11月の終わりぐらいに入金されていたようです。本当にどうもありがとうございました。よく考えて、New Orleans の為に役に立つように使わせていただきたいと思います。

街の復興は一部順調で、他はまだまだだと思います。あまり変わっていない地域も沢山ありますし、色々な問題がつぎつぎに出てきます。ちゃんとした復興までに10年はかかるだろうと皆は思っていますし、全く元通りにはならないでしょう。でも、私の個人的意見としてはネーゲン(注:ニューオーリンズのネーギン市長)は良くやっていると思います。


ハリケーン被災者の人たちにとって、新しい年が良い年となりますよう、心からお祈りいたします。また、寄付をしてくださった方々にとっても、良い年になりますように。全ての善意の方々に、幸福が訪れますように。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『A Redbird Christmas』/Fannie Flagg (著)
マスマーケット: 193 p ; 出版社: Fawcett Books ; ISBN: 0345480260 ; (2005/10/25)
From Publishers Weekly
Lured by a brochure his doctor gives him after informing him that his emphysema has left him with scarcely a year to live, 52-year-old Oswald T. Campbell abandons wintry Chicago for Lost River, Ala., where he believes he'll be spending his last Christmas. Bestselling author Flagg (Fried Green Tomatoes; Standing in the Rainbow) makes this down-home story about good neighbors and the power of love sparkle with wit and humor, as she tells of Oswald's new life in a town with one grocery store and a resident cardinal (or redbird, as the natives call it). Frances Cleverdon, one of four widows and three single women in town, hopes to fix him up with her sister, Mildred—if only Mildred wouldn't keep dying her hair outrageous colors every few days. The quirky story takes a heartwarming turn when Frances and Oswald become involved in the life of Patsy Casey, an abandoned young girl with a crippled leg. As Christmas approaches, the townspeople and neighboring communities—even the Creoles, whose long-standing feud with everybody else keeps them on the other side of the river—rally round shy, sweet Patsy. Flagg is a gifted storyteller who knows how to tug at readers' heartstrings, winding up her satisfying holiday tale with the requisite Christmas miracle.
Copyright © Reed Business Information, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.
【 2005/12/29/22/40/33 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

今頃?のクリスマス本

Amazonから何か届いたと思ったら、自分でもすっかり忘れていたクリスマス本だった。そもそも12月に出版なのに、発送予定が2月になっていて、なんじゃこりゃ?という感じ。当てにならないから、あとでキャンセルするかなと思っていた本。やっぱり12月発売だったんじゃないか!全く、いつもながらいい加減なAmazon。

クリスマス本は、今だに読み終わらない本を除き、すでにしまってしまったし、今頃届いてもなあ・・・という感じだが、この本は、特にクリスマスと限定しなくてもいいみたいな雰囲気。

だいたいクリスマス本とはいえ、話の時期がたまたまクリスマスだったとか、別にクリスマスに設定しなくてもいいんじゃないかという話も多いから、どうでもいいと言えば、どうでもいい。読みたいときに読めばいい。今日届いた本は、装丁が冬っぽいから、なんとなく冬の間に読まなきゃという気分ではあるけれど。

それと、ずぅーっと前に頼んである本で、まだ届いていないものもあるんだっけ。遅れます、遅れます、で一体何ヶ月になるのやら?

文句の絶えないAmazonだけど、本屋に行くのも億劫な今日この頃なので、やはりネットで買うのがメインになってしまう。というわけで、来年の初荷でも物色するかな。


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『Bravo Unwrapped』/Christine Rimmer (著) ¥743
マスマーケット: 293 p ; 出版社: Silhouette ; ISBN: 0373285345 ; (2005/12)
【 2005/12/28/23/09/53 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

クリント・イーストウッド 「アウトロー」

マーケットプレイスで、クリント・イーストウッドのDVD「アウトロー」を購入。これが何の連絡もないし、なかなか届かないしで、イライラさせられた。

この映画は、最近新宿三丁目のHAVANAでよくかかっていて、カッコイイなあと思いながら観ていたもの。飲みながら観ていると、全部きちんと観ることができないので、業を煮やして自分で購入したわけだが、「ローハイド」以来、イーストウッドが好きになったかもねと思う。

このイーストウッド演じるジョージー・ウェールズ役は、ヴィゴ・モーテンセンでもいけるんじゃないかと思ったりして。つまり、「孤高のカウボーイ」といった風情で、ちょっとコーマック・マッカーシーの世界にも通じる雰囲気があるのでは?と思う。

カウボーイと書いたが、実はジョージー・ウェールズはガンマンだ。カウボーイとガンマンは違うから、カウボーイと書くのは間違いだが、私の好みとしては、「孤高のガンマン」より「孤高のカウボーイ」のほうが好きなので、イメージとしてはそっちだなと。

そうそう、昨日は 「NORADのサンタ追跡プログラム」 を見て楽しんだ。毎回、よく作るよねと感心する。日本の場面は、いつも富士山のところなのだが、今回は新幹線と一緒にサンタのそりが走っている。アメリカには、大真面目にこういうことをするユーモアがあるのがいい。日本の政府機関では、絶対にやらないだろう。


◆マーケットプレイス(DVD)

『アウトロー』
価格: ¥2,100 (税込)
ユーズド価格:¥920+送料¥340=¥1,260
(佐世保市・ちゅーりっぷ書房)
出演: クリント・イーストウッド, その他
監督: クリント・イーストウッド
DVD (2000/08/25)
ワーナー・ホーム・ビデオ - ASIN: B00005HKWV
Amazon.co.jp
ご存じクリント・イーストウッドが主演と監督を手がける意欲作。そして彼のパートナーでもあったソンドラ・ロックを脇に、孤独なヒーローを演じた異色の西部劇である。舞台は南北戦争も終わろうとするアメリカ西部、喧騒から逃避し静かな生活を求めたジョージー・ウェールズ。だが、彼もその戦争の現実から逃れられない運命にあった。

激しい復讐心を秘めた腕利きのガンマンという得意のキャラクターを演じるイーストウッド。全身から発散させるニヒリズムはいつもながら強烈だ。彼の一貫した演技スタイルは、マカロニウェスタンでつかんだ感触を、同じ時代に演じた刑事役で確信に変え、ついに自作のこの作品で確立したと言えるだろう。(星乃つづり)
【 2005/12/27/19/49/13 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

長引くクリスマス本

クリスマスやら何やら・・・って、特に何をしているわけでもないのだが、毎日外出が続くと、本が全然読めない。おかげで、昨日には読み終える予定だった、ファニー・フラッグの 『The Redbird Christmas』 が、全然進んでいない。

『The Redbird Christmas』 は、今年のクリスマス本の目玉で、ちょうどクリスマスに読み終わるように計画していたのに、その計画が全然狂ってしまった。目玉というだけあって、他のロマンス本と違い、内容のしっかりした面白い本なのだが、やはり生活がバタバタしていると、なかなか集中できない。

ニューオーリンズからも、口座確認の連絡が来ないため、それも非常に気がかりで、本を読んでいても上の空だ。クリスマスまでに確認したかったが、これでは今年中の確認も難しいかも。すでに口座に入金されているに違いないという確信はあるのだが、実際に確認されない以上、この心配はなくならない。それでも、年越しはしたくないなあ・・・。

ところで、日本のテレビ番組にまゆみさんとジャミール・シャリフが出るらしいのだが(それぞれ別の番組)、日程などは未定。元気な姿が見れるのを楽しみにしているんだけど。
【 2005/12/26/23/32/40 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

全国大学ラグビー選手権2回戦 「早×慶」

早大、同大など4強-全国大学ラグビー選手権

さらに強くなるチャンス

早大に笑顔はなかった。11月の関東対抗戦で54-0と圧勝した慶大相手に「前回以上の点差をつけて勝て」と清宮監督が送り出した試合で26-8。FW戦で圧倒しながら再三のミスや反則でリズムに乗れなかった。

佐々木主将は「内部の問題。1人1人が欲を出して勝手なプレーをしている」と仏頂面。清宮監督は「足りないところがあるから、こういう試合になる。さらに強いチームになれるチャンスが与えられた」と前向きにとらえた。(共同)─sanaspo.com


今日の早稲田は良くなかった。だから、応援のほうも熱が入らなかった。勝手なプレーをしているバラバラ感が、観ている方にも伝わったのかも。

結局、1月8日の決勝には行くつもりで、すでに前売り券を買ってあったのだが、やはりお正月もラグビーでしょうという感じで、帰りに2日の準決勝のチケットを購入。

お正月にはどこにも出かけないし、何の予定もないので、ずぅーっと家にいると、欲求不満でイライラしそう。お雑煮、テレビ、お雑煮、テレビ、お雑煮・・・の毎日なんて、やなこった!ラグビーでも観に行って荒ぶってこないと!

お正月は、国立競技場に、早稲田のフルバック五郎丸のセクシーな太ももを観に行くぞ!にしても、五郎丸の太ももはすごい。私なんか全然負けてるなあ。もっとも、向こうのは筋肉、私のは脂肪だけど。(^^;
【 2005/12/25/23/48/12 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

クリスマスイヴ




サンタクロース追跡プログラム⇒ NORAD TRACKS SANTA 2005

楽しいクリスマスを!



「BOOK CLUB」からのお知らせ

『スローターハウス5』/カート・ヴォネガット・ジュニア (著), 伊藤 典夫 (翻訳)
文庫: 267 p ; 出版社: 早川書房 ; ISBN: 415010302X ; (1978/12)
カバーより
時の流れの呪縛から解き放たれたビリー・ピルグリムは、自己の生涯を過去から未来へと往来する奇妙な時間旅行者となっていた。大富豪の娘との幸福な結婚生活を送るビリー・・・UFOに誘拐され、さる肉体派女優とトラルファマドール星の動物園に入れられるビリー・・・そして、第二次世界大戦に従軍した彼はドイツ軍の捕虜となり、連合軍によるドレスデン無差別爆撃を受ける。そして、人生のすべてを一望のもとに眺めるビリーは、その徹底的な無意味さを知り尽くすのだった。現代アメリカ文学において、もっともユニークな活躍をつづける作家による不条理な世界の鳥瞰図!

※画像は原書 『Slaughterhouse-Five or the Children's Crusade: A Duty Dance With Death』
※原書でも可。
※以前に読んだという方の感想も歓迎です。お気軽にご参加ください。
※感想はこちらまで→ http://bany.bz/book/
※「BOOK CLUB」はこちら→ http://www.freepe.com/ii.cgi?bookclub
【 2005/12/24/01/20/43 (Sat) 】 BOOK CLUB | TB(0) | CM(0)

「ねじの回転」

昨日、ヘンリー・ジェイムズの「ねじの回転」を読み終えた。クリスマスものと思っていたのだが、実際はクリスマス・イヴに語られた話というだけで、中身は全然クリスマスには関係なかった。

有名な幽霊話と聞いていたが、訳者あとがきを読むと、本当に幽霊が出たのだと解釈する人と、あれは語り手の女教師の妄想だとする人がいるらしい。たしかに、あの女教師はちょっとヒステリックだなと思う。

でも、私は普段からホラーやゴシック小説を読んでいるので、幽霊の話が荒唐無稽だとも思わないし、見える人には見えるのよねと思うから、実際に出たのだろうと思って読んでいた。

ただその幽霊2体が、なぜ出てくるのか、それがちょっとよくわからない。女教師が教えている子どもたちのところに出てくるわけだが、だからといって、アン・ライスの幽霊のように、何か実際に影響があるのか?というと、そういうわけでもなく、ただ女教師が幽霊を邪悪であるとするばかりなのだ。

女教師は、子どもを邪悪に寄せ付けないために、幽霊を撃退しようとしたのだろうか?子どもはけして純真無垢なものではなく、大人よりも残酷な邪悪さを持っていると思っているので、その幽霊のために、学校を退学させられるほどの「悪い子」になったとは思えない。

あまり強調されてはいないが、身寄りのない子どもたちを引き取っている伯父さんの不在が、子どもたちに寂しさを感じさせ、自分たちを気にかけてくれる人間(のちに幽霊になる)に、親しみを感じていたのだろうと思う。つまり、愛情に飢えた子どもたちの精神状態なども描かれていたのだろうと考える。

印象としては、先にあげたアン・ライスや、『嵐が丘』などのゴシック小説のような感じを受け、たぶんこの時代の幽霊話とは、だいたいこんな感じなのだろうなと思ったが、この小説では幽霊たちは何の悪さもしていないのだから、はなから邪悪な存在と決め付けるのはどうなんだろう?と思う。

しかし、そんなふうな決め付けをしてしまった女教師の、雇い主に対する恋心というものまで解釈されている。批評家たちというのは、考えなくてもいいことまで考えるらしい。確かに、お金持ちでハンサムな雇い主ならば、恋心も抱いたかもしれない。しかし、素直に、単なる幽霊話と受け取ってはいけないのか?いわゆるホラー小説として読んではダメなんだろうか?と思った。

実際に幽霊が出たにしても、あるいは女教師の妄想にすぎなかったとしても、サイコものとして、十分ホラー小説ではないか。「ヘンリー・ジェイムズの曖昧性」とか何とか説明がされているが、何か大きな意味があるのだろうか?と勘ぐるから曖昧なのだ。ホラー小説だとして読めば、こういうものだと収まるだろう。

幽霊話で、きっちり理屈で説明がつくようなものには、いまだにお目にかかったことがないし、これは幽霊話だと最初に言っているのだから、そう思って読めばいいんじゃないかなと思う。

これはものすごく怖い話だと聞いていたが、私にとって怖かったのは、幽霊ではなくヒステリックな女教師のほうだったとも言える。
【 2005/12/23/23/34/53 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

携帯電話TU-KA→auに

これまでずっと、私の携帯電話はTU-KAだったので(知り合いにぜひ入ってくれと頼まれたため)、繋がらない場所が多くて辟易していたのだが、今年、KDDIに買収されたため、電話番号が変わらずに、auに変更できることになり、やっと変えられた。

しばらくの間は変更したい人で混み合っていて、一時受付していない時もあったようだが、私の場合母親のものと2台分なので、面倒くさくて、なかなか変更しに行く気になれなかった。でも年末の忙しさついでにやってしまおうという魂胆で、やっと重い腰を上げた次第。

変更してからまだ電話がかかってこないし、繋がらない場所にも行っていないので、変えて良かったのか悪かったのか、全然わからない。ただし、パケ代が繋ぎ放題になったのは嬉しい。カメラの画素も4倍近く上がったし、動画も見れる。待ちうけもフラッシュだ。<今では当たり前か。

そんなわけで、新潟の友人にも暢気にメルアド変更のお知らせをしたところ、なんと新潟では大停電の真っ最中だった。( ̄□ ̄;

それにしても、新潟には始終お見舞いのメールを入れているような気がする。地震とか停電とか。私の友人は、新潟での大地震を2回も経験しているのだから、運が悪い人なんだなと思う。もっとも、今は世界中で自然災害が多発しているから、新潟だけではない。単に新潟に住んでいる彼女の運が悪いだけとは言えないような気もする。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ねじの回転 デイジー・ミラー』/ヘンリー・ジェイムズ (著), 行方 昭夫 (翻訳)
文庫: 366 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 岩波書店 ; ISBN: 4003231392 ; (2003/06/14)
出版社/著者からの内容紹介
〈アメリカ的なもの〉と〈ヨーロッパ的なもの〉の対立を扱い、一躍ヘンリー・ジェイムズ(1843-1916)の文名を高からしめた〈国際状況もの〉の代表作「デイジー・ミラー」。その解釈をめぐってまさに議論百出の感のある、謎に満ち満ちた幽霊譚「ねじの回転」。ジェイムズの最もポピュラーな中篇2篇を収録。新訳。
【 2005/12/22/23/39/18 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)