FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2005年12月 】 

F・ポール・ウィルスン

突然、F・ポール・ウィルスンの<始末屋ジャック>シリーズが気になってしまい、まだ1冊も読んでいないというのに、まとめて大人買いしてしまったばかりか、図書館でも他の本の返却のついでに、4冊も借りてしまった。

で、この<始末屋ジャック>シリーズは、別の<ナイトワールド・サイクル>シリーズと重なっているところもあったりして、そう単純な世界ではないようだ。ジャンルは、一応ホラーってことになるんだろうか。

『マンハッタンの戦慄』のオビには、「キングもクーンツもぶっ飛んだ」とある。私としては、「キングもクーンツもマキャモンもぶっ飛んだ」と書いて欲しかったなと。でも、マキャモンはぶっ飛んでいないのかも?なんて、馬鹿なことも思ったり。頭がまだ「蹴りたい田中」状態なのだ。(^^;

とにかく、整理するために、それぞれのシリーズをまとめておこう。


☆<ナイトワールド・サイクル>
★<始末屋ジャック>が登場する作品

The Keep (1981) 『城塞 (ザ・キープ)』☆
The Tomb (1984) 『マンハッタンの戦慄』☆★
The Touch (1986) 『触手 (タッチ)』☆
Reborn (1990) 『リボーン』☆
Reprisal (1991) 『闇の報復』☆
Nightworld (1992) 『ナイトワールド』☆★
Legacies (1998) 『神と悪魔の遺産』★
Conspiracies (1999) 『異界への扉』★
All the Rage (2000) 『悪夢の秘薬』★
The Hosts (2001) 『始末屋ジャック 見えない敵』★
The Haunted Air (2002) 『始末屋ジャック 幽霊屋敷の秘密』★
Gateways (2003) ★
Crisscross (2004) ★


こうして書き出してみると、<ナイトワールド・サイクル>シリーズを先に読んだほうがいいような気もするが、<始末屋ジャック>のほうを図書館でも借りてしまったので、そちらのシリーズ中心に読むしかない。それに、<ナイトワールド>のほうは入手できない本もある。

というわけで、時節柄、クリスマスものもちゃんと用意してあったのに、そういう心温まる話ではなく、いきなり、血も凍るホラー小説のシリーズを読む羽目に陥った。


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『マンハッタンの戦慄(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), 大滝 啓裕 (翻訳) ¥680
文庫: 346 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594006191 ; 上 巻 (1990/08)
内容(「BOOK」データベースより)
巨大都市ニューヨーク。それは現代の魔都だ。この街の裏側では想像もつかない闘いがくりひろげられていた。酷暑の夏、マンハッタンでは街の浮浪者が次々に姿を消すという事件が起こっていた。しかし、その原因は誰にもわからなかった。一方、「保安コンサルタント」こと、非合法の世界で危ない仕事をこなす〈始末屋ジャック〉は、国連のインド外交官だという不思議な男クサムから、路上の強盗に奪われたという家宝のネックレスの捜索を依頼された。ジャックが首尾よくネックレスを取り戻すのと前後して、彼の周辺で奇妙な事件が続発しはじめた。老婦人の失踪、ジャックを誘惑する謎の美女。いくつもの手掛かりが結びつき、驚くべき謎の正体が解かれていく。


『マンハッタンの戦慄(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), 大滝 啓裕 (翻訳) ¥680
文庫: 367 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594006205 ; 下 巻 (1990/08)
内容(「BOOK」データベースより)
〈ラコシ〉―それは鋭い牙と鉤爪を持ち。黄色い眼を光らせ。人肉を食らうこの世のものならぬ魔物だった。太古の旧支配者がつくり出した醜悪な怪物〈ラコシ〉を操る力をもった怪人クサムは、百三十年前に、インドの寺院からイギリス軍人ウェストファーレン大尉に財宝を盗まれた怨みを晴らし、その子孫を根だやしにすべく、はるばるニューヨークまでやってきたのである。愛する少女ヴィッキーを護るため、始末屋ジャックは死力をつくして戦うが、クサムと彼が放つ〈ラコシ〉は執拗に襲いかかってくる。吸血鬼小説『城塞』で注目されたF.ポール・ウィルスンが、現代の魔都ニューヨークを舞台に描く入魂のオカルト伝奇ホラー巨編。

※画像は原書 『The Tomb (Repairman Jack Novels)』/F. Paul Wilson


『異界への扉』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大瀧 啓裕 (翻訳) ¥980
文庫: 557 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594035876 ; (2002/07)
出版社/著者からの内容紹介
モダンホラーの古典的傑作『マンハッタンの戦慄』『神と悪魔の遺産』につづく、第三作!裏世界の仕事人〈始末屋ジャック〉のもとに、行方不明の妻を探してほしいという依頼があった。彼女は〈秘密組織と未承認現象を暴露する協会〉なる怪しげな組織の会員で、近く年次総会で、世界の不可解な現象を解き明かす大統一理論を発表するという。そして、ジャックはこの世ならぬものの跳梁と対決することに……。


◆図書館貸し出し(→12/15)

『始末屋ジャック 見えない敵(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 362 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594048730 ; 上 巻 (2005/01)


『始末屋ジャック 見えない敵(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 370 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594048749 ; 下 巻 (2005/01)


『悪夢の秘薬(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 343 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594039391 ; 上 巻 (2003/04)
内容(「BOOK」データベースより)
五月…ニューヨークでは、狂暴な暴力の発作を伴う新麻薬が蔓延していた。われらがヒーロー〈始末屋ジャック〉は、製薬会社の女性研究員から、謎のセルビア人ギャングのボス、ミロシュの調査を依頼される。ミロシュはこの新麻薬に絡んでいるらしい。一方製薬会社重役モネを尾行するジャックは奇妙な人体実験を目撃。荒れ狂う被験者のありさまは、新麻薬の発作と同じものだった!単なる脅迫と思えた事件は、奇怪な様相を見せていく。鬼才F・P・ウィルスンが放つ痛快アクションホラー巨編。


『悪夢の秘薬(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大滝 啓裕 (翻訳)
文庫: 325 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594039502 ; 下 巻 (2003/04)
内容(「BOOK」データベースより)
モネは怪しげな“珍奇博覧会”なる見世物小屋にひんぱんに出入りしている。ジャックは、その見世物小屋に潜入した。そこで彼は驚愕すべきものを目撃する。それは、再びみることはないとおもわれた、魔界の使者ラコシの姿だった。かつて壮絶な死闘を繰りひろげ、死滅させたはずのラコシ!新麻薬とラコシを結ぶ見えない糸とは?ジャックは、かつて倒したはずの敵と再びまみえることに…!ついに映画化される傑作『マンハッタンの戦慄』につらなる好評アクションホラーシリーズ最新作。
スポンサーサイト



【 2005/12/01/20/15/44 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)