FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2005年12月 】 

だんだんホラーに。。。

F・ポール・ウィルスンの『マンハッタンの戦慄』を読書中。150ページくらいまでは、これのどこがホラーなんだろう?と、いぶかっていたのだが、いよいよ化け物登場!だんだんホラーっぽくなってきて、俄然面白くなった。私って、いつの間にかホラー好き?疑問符をつけるまでもなく、間違いなくホラー好きになっている。

昔は『吸血鬼ドラキュラ』程度で、キャーキャー言ってたのに・・・。でも、ドラキュラは実際怖い。あの「魔人ドラキュラ」みたいなのが、目を見開いて部屋の隅に立っててごらんなさいよ。たとえ血を吸われなくても、そこにいるだけでぎょっとせずにはいれないし、十二分に怖いでしょう。もっとも、それって変なオジサンがいるという感覚で、恐怖とは違うかもしれないが。(^^;

で、この本、最初はシリーズ1巻目ということもあって、あれこれ状況説明が多く、正直言って、ちょっと退屈だったのだ。今日もマーケットプレイスから7冊も届いてしまったし、これで面白くなかったら、どうするのよ?と青くなっていたところ。

でも、ここに登場する化け物が、後の作品でも出てくるようなので、やはり1巻目は重要なのだろうが、あまり知能の高い化け物ではないみたいで、この先どうなるんだろうなあ・・・。ただの化け物では、B級ホラーって感じだし。

ちなみに、今日届いた『城塞(ザキープ)』は、吸血鬼ものらしい。これは、<ナイトワールド・サイクル>シリーズのほうなのだが、一番読むのを楽しみにしている本だ。


〓〓〓 BOOK

◆マーケットプレイス

『城塞(ザキープ) (上) 』/F・ポール・ウィルソン (著), 広瀬 順弘
価格: ¥441 (税込)
ユーズド価格 : ¥1+送料¥340=¥341 (相模原市・ブックセンターいとう氷川店)
文庫: 290 p ; サイズ(cm): 15
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4042592015 ; 上 巻 (1984/07)

『城塞(ザキープ) (下)』/F・ポール・ウィルソン (著), 広瀬 順弘
価格: ¥441 (税込)
ユーズド価格 : ¥1+送料¥340=¥341 (相模原市・ブックセンターいとう氷川店)
文庫: 310 p ; サイズ(cm): 15
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4042592023 ; 下 巻 (1984/07)
※画像は原書 『The Keep』


『神と悪魔の遺産(上)―始末屋ジャック』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大瀧 啓裕 (翻訳)
価格: ¥760 (税込)
ユーズド価格 : ¥144+送料¥340=¥484 (八王子市・ブックセンターいとう)
文庫: 323 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594030645 ; 上 巻 (2001/01)
内容(「BOOK」データベースより)
ニューヨークの小児エイズ・センターを取りしきる若き女医アリシアは、急死した父の遺産として屋敷を受け継いだ。しかしそこには、彼女の秘密が封印されている。悪夢の屋敷を処分すべく動きはじめたアリシアに対し、強大な敵の妨害工作がはじまった。しかもその背後には、腹ちがいの兄がいるらしい。頼りの弁護士を爆殺され、徐々に追いつめられていくアリシア。ついに屋敷の焼却を決意した彼女のまえに、凄腕の男が現われた―"始末屋ジャック"。姓もなく、社会的な身分もいっさい消した、裏世界の仕事人である。

『神と悪魔の遺産(下)―始末屋ジャック』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 大瀧 啓裕 (翻訳)
価格: ¥760 (税込)
ユーズド価格 : ¥144+送料¥340=¥484 (八王子市・ブックセンターいとう)
文庫: 340 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594030653 ; 下 巻 (2001/01)
内容(「BOOK」データベースより)
始末屋ジャックは、小児エイズ・センターで起きた卑劣な犯罪を解決する仕事から、美しき女医アリシアと出会う。だが、彼女自身がたいへんなトラブルをかかえていた。遺産として受け継いだ屋敷をめぐって暗躍する、ふたつの謎の結社。隠された秘密をついに解き明かしたジャックは、世界を根底から揺るがす凄絶な戦いに巻きこまれていた…モダンホラーの金字塔『マンハッタンの戦慄』の始末屋ジャックが帰ってきた!F・ポール・ウィルスンが構想も新たに贈る、アクション・エンターテインメント。


『リボーン―ナイトワールド・サイクル』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 中原 尚哉 (翻訳)
価格: ¥734 (税込)
ユーズド価格 : ¥191+送料¥340=¥531 (富山市・太陽堂書店黒崎店)
文庫: 528 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594018734 ; (1995/12)
内容(「BOOK」データベースより)
売れないホラー作家ジム・スティーヴンスは、ある日一通の奇妙な手紙を受け取った。なんとジムが、事故死した遺伝学の世界的権威ハンリー博士の遺産相続人に指名されているというのだ。自分とハンリートのつながりを調べはじめたジムは、やがて自分の驚くべき出生の秘密を知ることになった。だがそれは、ジムと妻のキャロルを待ちうける、恐るべき運命の序曲にしかすぎなかった。


『ナイトワールド(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 広瀬 順弘 (翻訳)
価格: ¥612 (税込)
ユーズド価格 : ¥57+送料¥340=¥397 (富山市・太陽堂書店黒崎店)
文庫: 407 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594013708 ; 上 巻 (1994/03)
内容(「BOOK」データベースより)
1941年、ルーマニア奥地の城塞で、光の剣の使い手グレーケンによって滅ぼされた「永劫なる魔性」ラサロム。しかしラサロムは驚くべき復活を遂げ、いまふたたび世界を恐怖と混乱のどん底へと叩きこもうとしていた。宿敵の復活を知ったグレーケンは、かつてラサロムと闘った〈始末屋〉ジャック、ライアン神父、バルマー医師らと共に、ラサロムの野望を阻止すべく立ち上がった。傑作『ザ・キープ』のグレーケンとラサロムの最後の対決を描き、伝奇ホラー六部作〈ナイトワールド・サイクル〉の掉尾を飾る超大作。

『ナイトワールド(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 広瀬 順弘 (翻訳)
価格: ¥612 (税込)
ユーズド価格 : ¥140+送料¥340=¥480 (町田市・books21)
文庫: 385 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594013716 ; 下 巻 (1994/03)
内容(「BOOK」データベースより)
太陽の運行を狂わせ、無数の殺人虫を放って殺戮を繰り返すラサロムの前に、世界は大混乱に陥っていた。グレーケンは、ラサロムを滅ぼすための剣をふたたび手に入れるべく、仲間をルーマニアとハワイへ向かわせる。はたして、ラサロムが完全な成長を終える前に、剣を手に入れることができるのか?そして、太陽を失った「夜の世界」では、ラサロムとグレーケンの最後の決戦の火蓋が切って落とされようとしていた。『ザ・キープ』『マンハッタンの戦慄』『触手』の登場人物が総登場するウィルスン・ホラーの集大成。
※画像は原書 『Nightworld』
スポンサーサイト



【 2005/12/02/23/45/12 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)