FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2005年12月 】 

Donna Vanliere

先日、Donna Vanliere の 『The Christmas Shoes』 を読んだところだが、実は買ったときから何度もトライしては投げ出していた本で、そこを我慢して、今年はようやく読み終えたという状況だったのだ。

しかし、翌年出版された 『The Christmas Blessing』 も買ってあるし、今年もまた 『The Christmas Hope』 を買ってしまった。1作目は面白くないかもしれないけど、次は面白いかも?などと思って・・・。べつに続き物というわけでもないのだから、律儀に毎年買わなくてもいいとは思うんだけど。(^^;

例によって「ちょっといい話」的な本なのだが、「ちょっといい話」を書こうという意気込みだけが見えて、話そのものに盛り上がりもないし、退屈なのだ。不治の病にかかった母親が死んでしまうというのも、なんだか「泣いてください!」と強制されているようで嫌だし。

取り扱っている素材はいいのに、テンポが良くないのか、展開にメリハリがないのか、集中できずに退屈してしまうのがもったいない。そもそも「ちょっといい話」というのは、だいたい「そんなに面白くはない話」なんだなと思う。

当然のことながら、「すごくいい話」のほうが面白いに違いないし、逆に「すごく悲惨な話」のような「人の不幸は蜜の味」的な話のほうが、人間は面白いと思うだからだ。「ちょっといい」くらいの話では、そう簡単に感動はできないだろう。それ相応に年も重ねているから、「もっといい話」もたくさん知っているわけだし。

だったら買わなきゃいいのにと思うのだが、表紙がほら、三角屋根の家があって、雪景色で、キラキラしてて・・・という抵抗できない物体なものだから、中身はともかく、つい手が出てしまうのだ。本当に毎年懲りない。


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『The Christmas Hope』/Donna Vanliere (著) ¥1,578
ハードカバー: 213 p ; 出版社: St Martins Pr ; ISBN: 0312334508 ; (2005/10/13)
From Publishers Weekly
Nathan Andrews, who at eight bought shoes for his dying mother (The Christmas Shoes) and as a medical student fell in love with a young heart patient (The Christmas Blessing), takes a backseat in Van Liere's latest Christmas confection. The focus this time is on Patti and Mark Addison. Patti is a devoted social worker, but she can't seem to feel anything for her handsome pilot husband (they sleep in separate bedrooms), and she can't understand why anyone could feel happy during the holidays. Leave it to a child to teach Patti the meaning of Christmas. Emily—who believes in angels and is possibly the gentlest, sweetest child to ever cavort across a novel's pages since Little Nell—quickly insinuates herself into the Addison hearts. Another child's illness introduces the Addison gang to Nathan, now a doctor expecting his own first child. Too much coincidence binds their stories together, but Van Liere serves up another heart-tugging holiday tale. (Oct.)
Copyright © Reed Business Information, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.
スポンサーサイト



【 2005/12/21/16/23/23 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)