FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2006年01月 】 

イギリス文学

図書館ウェブのシステムが不調で、このところネットで予約ができなかったのだが、四谷、中央の2館から連絡があり、原因は不明だが直ったとのこと。毎回きちんと期日を守って返却しているのに、「この利用者番号は使えません」だなんて、びっくり仰天ものだった。原因不明では腑に落ちないが、とりあえず予約できるようになったので一安心。

そこで、ここ数日予約をしようと奮闘していた本を2冊と、ダン・ブラウンの1作目『天使と悪魔(上・下)』を予約。ダン・ブラウン以外の2冊は、ひさびさの英文学。ウィリアム・サマセット・モームの 『回転木馬』 と、グレアム・グリーンの 『事件の核心』

グリーンの『事件の核心』は1948年に全集で出されたものを知っているが、今回早川のepi文庫に入った。モームの『回転木馬』は原書で持っているのだが、翻訳されたものは初めて。というか、モームほどの文豪であれば、全作品が訳されていて当然だろうと思うので、単に私が知らなかっただけだろう。ただし、あまり話題に上る作品ではないので、書店でも見たことがなかった。今回の本も昨年11月に出版されたものだし。

モームにしてもグリーンにしても、どちらも500ページ前後の大部の書。かなり読み応えがありそう。しかも「文章の職人」と言われたモームのほうは、個人的に純文学では一番好きと言っても過言ではない作家だし、とても楽しみ。

だったら、借りずに自分で買えばいいのに・・・とも思うのだが、この本の表紙の写真が、私が抱いているモームのイメージと合わないので躊躇した。モームの写真は年を取ってからのほうが好き。

それと、翻訳が中野好夫さんではないのも気になるところ。あちこちで新訳が出ている状況を考えれば、モームだっていつまでも中野さんの翻訳というわけにもいかないだろうけど、私の中では「オースター=柴田元幸」と同様、「モーム=中野好夫」というのがすっかり定着してしまっているので、やっぱり気になる。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『魔の都の二剣士 <ファファード&グレイ・マウザー1>』/フリッツ・ライバー (著), 浅倉 久志 (翻訳)
文庫: 321 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 東京創元社 ; ISBN: 4488625088 ; 定訳版 版 1 巻 (2004/10/28)
カバーより
北国生まれの大男ファファードと南国生まれの小男グレイ・マウザー。本巻ではこの二人の英雄が、名高い古の首都ランクマーで運命的に出会い、まんまと<海賊結社>の上前をあねたものの妖術によって互いに愛する者を喪い、復讐に燃えて大殺陣を繰り広げる顛末までが語られている。もっとも優れたヒロイック・ファンタジーの連作にしてヒューゴー・ネビュラ両賞を受賞したシリーズ開幕編!
スポンサーサイト



【 2006/01/17/23/52/47 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)