FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803
月別アーカイブ  【 2006年02月 】 

漢方はダメなんです

昨日から風邪気味なので、近くの某○ミー薬局に風邪薬を買いに行ったのだが、そこのオリジナルの漢方入り風邪薬しか出してくれない。漢方は合わないのだと言っているにも関わらず、店の人は「それ以外のものでは効かないから」と言い張り、とうとうそれを買う羽目に陥った。

で、それを飲んでいたのだが、どんどん悪化する一方。便秘でも何でも、私には漢方は全然合わないのだ。飲めるのは、せいぜい葛根湯くらいのもの。もともとケミカルな体なんだよ。

だいたい、薬剤師はお客さんの体質なんかを考慮して薬を売るんじゃないの?合わないと言っているのに無理に売りつけるなんて、絶対におかしい。私も体調が悪いので弱気になっているから、嫌とも言えないし。でも、それしか売らないなら、他の薬を置いておくなよ!と言いたくなる。

それに、そうした不信感があるから、病は気からと言うように、たとえ効果のある薬でも、効かなくなる場合もあるだろう。

というわけで、とにかく悪化の一途。


〓〓〓 BOOK

◆図書館貸し出し(→2/16)

『事件の核心』/グレアム・グリーン (著), Graham Greene (原著), 小田島 雄志 (翻訳)
文庫: 537 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151200339 ; (2005/12)
内容紹介
西アフリカの植民地で副警察署長を務めるスコーピーと妻の心は、もう通わない。異文化の中では寄り添うしかないというだけの仮面夫婦だ。そのスコーピーの新しい恋と破綻を描いた現代英国文学の傑作。


『アゴールニンズ』/ジョー・ウォルトン (著), 和爾 桃子 (翻訳)
単行本: 382 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4152086424 ; (2005/06/09)
内容紹介
<2004年世界幻想文学大賞受賞作>ヴィクトリア朝を思わせるドラゴンの世界を舞台に、今は亡き啖爵の遺産相続とその娘たちへの求愛をめぐって繰り広げられる、ユーモラスな異色ファンタジイ。


『七悪魔の旅』/ムヒカ・ライネス (著), 西村 英一郎 (翻訳)
単行本: 304 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 中央公論新社 ; ISBN: 4120036618 ; (2005/07/26)
出版社 / 著者からの内容紹介
地獄の大魔王に叱責され、七つの大罪を担う悪魔たちは獲物を探して時空を超える旅に出た。アルゼンチン発の傑作エンターテイメント。
スポンサーサイト



【 2006/02/02/20/01/40 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)