FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803
月別アーカイブ  【 2006年02月 】 

COTTON CLUB

来日したニューオーリンズのバンド、ザ・デュークス・オブ・デキシーランドの演奏を聴きに、東京駅近くのCOTTON CLUBに行った。ちなみに、ザ・デュークス・オブ・デキシーランドは、蒸気船ナッチェス号でも演奏している。

昼間、マイク・フルトンから電話があり、演奏の合間に会う約束をしていたので、それが気になって、あまりリラックスして聞けなかったが、さすがに本場のものは違う、新宿のジャズフェスのステージとはひと味もふた味も違うなと。

にしても、店的にはあまり好みではなかった。ブルーノート系だとのことなので、ブルーノートに行ったことがある人は雰囲気がわかるかもしれないが、ニューオーリンズのトラッドなジャズを聴くような雰囲気ではない。

“セレブの社交場”というのも、なんだか胡散臭い。金額的にはたしかにセレブだが、常に本物のセレブを相手にしているような感じではないのに、カッコつけすぎでしょう。

店はともかく・・・と言いたいが、器はかなり重要だと思うので、あのシチュエーションでは、バンドはかなりやりずらかったのでは?と思う。

1回目の演奏が終わってからマイクに会い、まゆみさんからのおみやげをもらった。ものすごく気になっていた観光案内は、しなくてもいいことになったので、心底ほっとした。でも、ジャミール・シャリフと一緒に演奏しているクラリネットのアール・ボーニーに会えなかったのは残念だった。

ここだけの話だが、トランペットはジャミール・シャリフのほうがいいな。マイクのトランペットは力強くて、それはそれでいいんだけど、好みとしては、やはりジャミールの繊細なトランペットのほうが好き。

これは私が贔屓目に見ているわけでもなさそうで、一緒に行ったアポロ13号も、やはりジャミールのほうがいいと。。。ま、好みだけど。(^^;


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『リボーン―ナイトワールド・サイクル』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 中原 尚哉 (翻訳)
文庫: 528 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594018734 ; (1995/12)
内容(「BOOK」データベースより)
売れないホラー作家ジム・スティーヴンスは、ある日一通の奇妙な手紙を受け取った。なんとジムが、事故死した遺伝学の世界的権威ハンリー博士の遺産相続人に指名されているというのだ。自分とハンリートのつながりを調べはじめたジムは、やがて自分の驚くべき出生の秘密を知ることになった。だがそれは、ジムと妻のキャロルを待ちうける、恐るべき運命の序曲にしかすぎなかった。
スポンサーサイト



【 2006/02/07/23/59/25 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)