FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803

宮沢賢治系のファンタジー

ステファニー・メイヤーの『トワイライト(1)』を読了したところに、運良く(運悪く?)図書館から2巻目の準備ができたと連絡が入った。こうタイミングがいいと、やはり読まないわけにはいかないだろうなと思い、さっさと終わらせようと、早速取りに行った。

これは本当に人気のある本のようで、たしかに高校生くらいの女の子にとっては、本当にわくわくものかもしれない。下手な感想を書くと、めちゃくちゃ怒られそうだ。(^^;

だけど、私がなぜ好きじゃないかと言うと、主人公の女の子の気持ちが逐一書いてあるのが、ドタバタしていて嫌なのだ。それはこの本に限ったことではなく、どんな本でもそうなのだが、淡々と語られているもののほうが好きだし、逆にそのほうが登場人物の気持ちが伝わってくるので、日記みたいに感情がもろに出ている小説は、とにかく好きではないのだ。

それは例えば、私はこんなに大変なんです、かわいそうなんです、そう思うでしょう?思わなきゃおかしいですよ、と読者に強制しているような気にさせられるからで、どんなことでも強制を感じると、途端にさめてしまうのだ。

とはいえ、この本がそこまで文学的というわけでもなし、内容のいかんに関わらず、恋に恋する年齢の女の子だったら、ちょっと影のあるカッコイイ美少年に憧れるのも無理はない。ついでに借りた『銀のキス』というのも吸血鬼もので、これまた美少年だ。やはり吸血鬼は美しくないとね。


ところで、今日はまた珍しく和書を数冊借りてきた。どれもいわゆる宮沢賢治系。宮沢賢治は自分のサイトにコーナーを作っているくらい大好きなので(更新はしばらくしていないが)、へええ、こんな作風の作家がいたのかと思い、借りてみた。

ちょっと見たところ、もろに賢治だ。賢治そのものを題材にして書いている作品もあるから、ずいぶん賢治のファンなのだろうと思う。しかし、内容はともかく、言葉や文字の使い方がここまで似ていると(賢治は目で見るだけでも不思議な感覚に満ちた文章だ)、よくよく研究したのだろうなと、逆に感心する。

来期の早稲田の講座にも賢治に関する講座が2つあるのだが、ちょっと聴いてみたい気はするものの、そんな風に授業として解説されてしまうと、やっぱり嫌かもしれないと思った。哲学めいた話になるのも嫌だし、あれはあれで、自分の自由な感覚で味わっていたほうがいいに違いない。

ともあれ、賢治系の日本のファンタジー、一体どんなものやら・・・。ちなみに、何冊かあるうち、適当に借りてしまったので気が付かなかったのだが、長野まゆみのものは、<少年万華鏡>というシリーズになっているらしい。ちょっと乱歩も入ってる?という感じだが、読むなら順番に読んだほうがいいだろうから、また借りにいかなければ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア』/ステファニー・メイヤー (著), Stephenie Meyer (原著), 小原 亜美 (翻訳)
単行本: 270 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789726029 ; 1 巻 (2005/08)
内容(「MARC」データベースより)
雨と霧の街フォークスに転校してきたイザベラは、異彩を放つひとりのクラスメートに惹かれていく。だがその美しいゴールドの瞳には、恐ろしい秘密が隠されていたのだった…。ヴァンパイア・ロマンスシリーズ第1弾。


◆図書館貸し出し(→3/8)

『トワイライト(2)血は哀しみの味』/ステファニー・メイヤー (著), Stephenie Meyer (原著), 小原 亜美 (翻訳)
単行本: 253 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789726339 ; 2 巻 (2005/08)
出版社 / 著者からの内容紹介
ラブ&ブラッド! ヴァンパイア・ロマンスシリーズ第2弾。どこから来たの? どうやって生きてきたの?わからないことばかりだけど大好きなの。エドワードの正体を知ったベラは心を決めた・・・。


『錬金術』/マーガレット・マーヒー (著), 山田 順子 (翻訳), Margaret Mahy
単行本: 319 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 岩波書店 ; ISBN: 400115577X ; (2005/11/19)
内容(「MARC」データベースより)
教師に脅され、風変わりな女生徒ジェスの身辺を調べることになったローランド。幽霊屋敷のようなジェスの家を訪ねるうち、ローランドは驚くべき真実を、そして、自分が幼い頃からとりつかれている悪夢の正体を知ることに・・・。


『銀のキス』/アネット・カーティス・クラウス, 柳田 利枝, Annette Curtis Klause
単行本: 222 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 徳間書店 ; ISBN: 4198613303 ; (March 2001)
出版社/著者からの内容紹介
重い病気で入院している母、仕事と病院通いに追われる父、転校していく親友…孤独な16歳の少女ゾーイは、夜の闇の中で出会った、やはり孤独そうな美しい少年サイモンに惹かれていく。だが彼は普通の人間ではなく「呪われた種族」だった…。生と死、孤独と恋のときめき、現実の世界と信じがたい恐怖。さまざまな糸で織りあげられた魅惑的な物語。


『三日月少年漂流記 長野まゆみEarly Works少年万華鏡』/長野 まゆみ (著)
単行本: 176 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309621015 ; (October 1998)
内容(「MARC」データベースより)
銅貨と水蓮の二人の少年が、盗まれた自動人形・三日月少年をめぐって不思議な冒険をする標題作のほか、「銀色と黒蜜糖」と詩篇を収める、作家・長野まゆみの幻の初期作品集。


『夏至祭 長野まゆみEarly Works―少年万華鏡』/長野 まゆみ (著)
単行本: 155 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309621031 ; (1998/11)
内容(「MARC」データベースより)
時がたち、腕時計の鍍がふたたび剥がれ落ちる日が来れば、もう一度彼らと逢うことがあるかもしれない。ある夏の月彦の不思議な体験を描いた「夏至祭」と、「綺羅星波止場」「詩篇カレイドスカフ3」を収める。


『ラジオスター レストラン』/寮 美千子 (著) ,小林 敏也
単行本: 340 p ; 出版社: パロル舎 ; ISBN: 4894190265 ; (December 1996)
カバーの折り返し
高原列車の小さな駅『十一月の町』。ペルセウス座流星群が降りそそぐ『星祭り』の晩、少年ユーリとイオは、流れ星を数えに禁をおかして神聖な『ギガント山』へはいる。そこで出会ったのは、滅びたはずの古生物『牙虎』だった。追いかけるふたり。行きついたところは、謎の博士がいる電波天文台。ブリキの玩具のような旧式のロボットが、にこやかにユーリを出迎える。「ラジオスター・レストランへようこそ」と。電波天文台のほんとうの姿は? 

謎の博士の正体は? 物質の記憶と輪廻転生をめぐる壮大なファンタジー。降りしきる時間のかけらのなかでくりひろげられるスピリチュアルな冒険。ぼくはかつて星だった、いつか恐竜だった。これは、いま生きているこの瞬間の自分と、未来の地球への、愛の物語だ。
スポンサーサイト



【 2006/02/22/23/46/42 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

韓国

20060222205109
今夜は熱々豆腐チゲです。このあと、おじやにします。
【 2006/02/22/20/51/09 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ブルー・バイユー

20060222144507
表紙
【 2006/02/22/14/45/07 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

三種のチーズのカルボナーラ

20060222125709
本当は、パスタはスパゲティにしたかったのですが、今朝は時間がなかったので、茹で時間の短いペンネにしました。オニオンコンソメスープと一緒に。
【 2006/02/22/12/57/09 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)