FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803

高校生の記憶

ステファニー・メイヤーの「トワイライト」はアメリカの高校生の話だが、自分が高校生の頃のことをなんとか思い出しても、やっぱり理解できない。恋愛なんていうのは遠い夢の話だと思っていたし、今の子たちのように情報もないから、自分がおく手とも思わなかった。

男の子のことを全く考えていなかったかというと、まあそういうわけでもないけれど、憧れの対象くらいにしか考えていなかったし、またそれ以上考えてもいけないと思っていたから、今の子みたいに、彼氏がいないから寂しいなんて気持ちは、これっぽっちもなかった。

だから、こういう高校生の恋愛ものを読んでも、今ひとつぴんとこない。人を好きになる気持ちはわかるけれど、ここに出てくる子たちは、やっぱりまだ子どもなわけで、それが背伸びして恋愛ごっこをしているとしか思えないんだな(私も高校生の時は自分が大人だと思っていたに違いないのだが)。きっと、私がオバサンになっちゃったからわからないんだろうけど。

いかにも高校生っぽい口調なのに、大人のふりをしたやり取りが、なんともこそばゆい。気恥ずかしい。しゃれた会話をしろとは言わないけど、せめて年相応の素直なやり取りにしてもらえないだろうか。原文ならそうでもないのかもしれないけど。

だけど「僕は1901年生まれのヴァンパイアだ」と言われたあとの主人公の態度って、やっぱりおかしい。まるで「ヴァンパイア」という言葉の意味を知らないかのようだ。それに、100歳を越えていても、見た目が17歳ならいいのか?それって、人を見た目で判断しないとか、職業で判断しないとかという問題じゃないものなあ。

それと、全然おしゃれではないない、ギャグがすべってるような会話にも我慢できない。って、また悪口になってしまった。これじゃトワイライト・ファンに、ものすごく怒られそうだ。

まあ、とにかく、おばさんには面白くないよ。でも、3巻も用意ができましたと図書館から知らせが来て、どうしてこうもタイミングがいいのだろう?と。キャンセルしようかと思っていたのだが、今更できないので、最後まで読むしかないか。


それから、「ドラゴンランス」直系の『ネアラ』だが、これも今いち。たしかに舞台はドラゴンランスと同じで、微妙に繋がりがあるのだが、女の子を主人公にすると、なぜこうも面白くないのかなあ?というより、「ドラゴンランス」より下の年齢を対象にした作品だからなのか、緊張感に欠けるし、登場人物にも際立った魅力がない。


長野まゆみは、ああ、やっぱりこんな感じかと。彼女の他の本(宮沢賢治っぽい作品)のほうが興味がある。とはいえ、見たことのある、というか読んだことのあるいろんな世界がミックスされている感じ。逆に、こんな風にミックスして書いてもいいのかと、新たな手法を発見した感じ。彼女のイメージしているそれぞれの作家の、いいとこ取りだ。

今日読み終えたのはどれも今いちで、読後感がすっきりしない。数をこなせばいいってものでもないし、わくわくする面白い本が読みたい。面白くない本が続くと、この人は文句ばかり言っている人だと思われそうだ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『トワイライト(2)血は哀しみの味』/ステファニー・メイヤー (著), Stephenie Meyer (原著), 小原 亜美 (翻訳)
単行本: 253 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789726339 ; 2 巻 (2005/08)
出版社 / 著者からの内容紹介
ラブ&ブラッド! ヴァンパイア・ロマンスシリーズ第2弾。どこから来たの? どうやって生きてきたの?わからないことばかりだけど大好きなの。エドワードの正体を知ったベラは心を決めた・・・。


『ネアラ1 記憶をなくした少女と光の竜』/ティム・ワゴナー (著), 安田 均 (翻訳), 柘植 めぐみ (翻訳)
単行本: 445 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757724683 ; 1 巻 (2005/10/28)
内容(「BOOK」データベースより)
全世界5000万部、米ファンタジーの金字塔『ドラゴンランス』が満を持して贈る、少年少女から大人まで読める完全新作。記憶をなくした少女ネアラは、行く先々で導かれるように女戦士やエルフ、モンスターを仲間にする。しかし、そこには仕組まれたワナが…。威厳があって優しく、親しみのもてる銅竜、高圧的で残虐だがシニカルな魅力がある緑竜。エルフに黒ドワーフ、ミノタウロス、ゴブリン、オーガーなど、旅の仲間はもちろん、悪役ですら魅力的。大峡谷、古代都市が眠る地下迷宮、忘れられた神殿…。今、大冒険が始まる。


『少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行く』/長野 まゆみ (著) 
単行本: 61 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309007414 ; (January 1992)
内容(「MARC」データベースより)
ニッケル月が輝く夜、アリスは卵の殻に絵の具で色を付けていた。そこへシロウサギが通りかかり、アリスはウサギを追って不思議の国へ…。「少年アリス」の幻のイラストレーションとお話をカップリング。
スポンサーサイト



【 2006/02/24/23/52/53 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ロールキャベツ

20060224214516

トマト仕込みデミグラスソースのロールキャベツです。一つ一つは小さめ。盛り付けしてから生クリームをたらして、トマトの酸味をマイルドにしています。
【 2006/02/24/21/45/16 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

図書館の本

おととい借りてきたばかりなんだけど、また予約の本が準備できたとメールが来た。でも、何冊か返さないと引き取りに行けないし、ちょっと集中しなくちゃ!だよ。(T▽T)尸~~SOS!!
【 2006/02/24/17/18/15 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ねぎラーメン

20060224160309

無性に、ラーメン食べたい!と思うことがありますよね。麺はあるけれど、具が何もなかったので、豆板醤で激辛にしたねぎをのせた、ねぎラーメンにしてみました。
【 2006/02/24/16/03/09 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)