FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

<少年万華鏡>シリーズ

長野まゆみの初期作品集<少年万華鏡>シリーズを読んだが、これはなかなかだ。ものすごく面白いというのではないけれど(けしてエンターテインメントではないし)、ああ、この感覚わかる!という感じだ。

この人は本当に、宮沢賢治や江戸川乱歩、夢野久作あたりの作家が好きなんだろうなあと。よく研究しているなあと感心する。児童書に分類されているが、難しい漢字を多用しているので(そこが賢治の詩に似ている)、子どもはどう感じるのだろうか?と心配になったりもするのだが、心配するには及ばないかも。

ただ、宮沢賢治、江戸川乱歩、夢野久作といった作家は、かなり個性の強い作家だし、現在の子どもたちがその感覚に共感を覚えるのだろうか?と思う。

<少年万華鏡>は、けして子どもっぽくもなく、幼稚でもなく、上記の作家らの特徴をふんだんに盛り込んで、また新たなイメージを作り出しているので、大人が読んで懐かしさに浸るというのは十分あり得るが、こうした作家たちを知らない子どもたちがこの本を読んだら、一体どんな感じがするのだろう?と興味がわく。

図書館の本は結構ボロボロになってきていて、読んだ人の多さを物語っているが、これは子どもたちが読んだものか、それとも大人が好んで読んだものか、ぜひ知りたいものだ。この世界は、大人こそ興味を惹かれる世界ではないだろうか?と思うから。

この作家は美術系の出身だけに、色や情景描写の感覚も独特で、また植物や鉱物が好きといった賢治に似た趣味も持ち合わせているので、そのあたりも結構面白い。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『三日月少年漂流記 長野まゆみEarly Works少年万華鏡』/長野 まゆみ (著)
単行本: 176 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309621015 ; (October 1998)
内容(「MARC」データベースより)
銅貨と水蓮の二人の少年が、盗まれた自動人形・三日月少年をめぐって不思議な冒険をする標題作のほか、「銀色と黒蜜糖」と詩篇を収める、作家・長野まゆみの幻の初期作品集。
スポンサーサイト



【 2006/03/02/23/57/30 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

鳥わさ

20060302215717

今日のごはんは、とり肉と三つ葉のわさび醤油和えと、軽く焼いたさつま揚げにネギをたっぷりのせ、お醤油と一味唐辛子で。それに大根のお味噌汁とご飯、白菜のお漬物、塩だけで漬けた紀州梅の梅干し。

最近、塩だけで漬けた梅干しがなかなか売っておらず、日本人の味覚の危機を強く感じています。甘い梅干しなんて、梅干しじゃありません!今や塩だけで漬けた梅干しは、それだけで日本のご馳走です。
【 2006/03/02/21/57/18 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

エビドリア

20060302124516

昨日のレッドビーンズ&ライスの残りで、エビドリアを作りました。
【 2006/03/02/12/45/17 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)