FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

久々にウォーキング

今日はお天気も良く、気温もちょうどいいくらいなので、アポロ13号と新宿御苑に梅の花を見に行き、帰りは千駄ヶ谷門から出て、神宮外苑を歩いてきた。久々なので、まだ体がほぐれない。でも、体の中に酸素が入ってきたなあという感じがして、気持ちが良かった。何と言っても、御苑の梅の香りがとてもいい匂いだった。梅の花の香水があったら、絶対に買う!(※新宿御苑~神宮外苑の写真が「Another View」にあります)

帰りに、図書館に予約本を取りに行く。アポロ13号が司馬遼太郎の「街道をゆく」のビデオを借りたいというので、2本借りた。CDコーナーを見ていたら、ウィリー・ネルソンを見つけ、懐かしい気分でこれも2枚借りた。「ハーバー・ライト」とか大好きだったし。

図書館には私の好みのCDはあまりないけれど、クリスマスソングとか、その手のものは豊富にあるということを発見した。ゴスペルのCDなどもあって、こんなのもあったのか!と驚き。今度借りてみよう。

予約の本は、また長野まゆみの本だったのだが、あんまり続けて読むと、さすがに飽きてくるなあ・・・。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『カンパネルラ 長野まゆみEarly Works少年万華鏡』/長野 まゆみ (著)
単行本: 163 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309621023 ; (October 1998)
内容(「MARC」データベースより)
美しい鉱石の光、すがすがしい草の香りのするような独特の文体で、淡く切ない少年の姿を描く作家・長野まゆみの単行本化されなかった幻の作品「カンパネルラ」と「銀木犀」の2編と詩篇を収める。


◆図書館貸し出し(→3/18)

『夜間飛行―Moon sherbet』/長野 まゆみ (著)
単行本: 165 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 作品社 ; ISBN: 4878931655 ; (1991/07)
内容(「BOOK」データベースより)
月はもう沈み、夜空には満天の星が燦めき、海には星の光が静かに映っていたのだけれど、突然、ぼくたちの眼の前で、海面がせり上がり、檸檬色の潜水艇が現れた。ぼくたちはそれに乗り込んだが、これはほんとうは何なんだろう。燦めく宙空に紡がれるスペース・ファンタジィの傑作。


『スーパー・ヒッツ』/ウィリー・ネルソン
CD (December 6, 2000)
ディスク枚数: 1
ソニーミュージックエンタテインメント - ASIN: B00005HOGE
内容(「CDジャーナル」データベースより)
USコロンビアが所有する膨大な音源のなかから選りすぐりの10曲を収録した、御大ウィリー・ネルソンのスーパー・ヒット曲集。繊細かつ力強い独特な歌声を、この1枚で思う存分堪能できる。


『ティアトロ』/ウィリー・ネルソン
CD (November 30, 1998)
ディスク枚数: 1
ユニバーサルインターナショナル - ASIN: B00005FGPJ
内容(「CDジャーナル」データベースより)
ギターのインストからスタートする美しく繊細なサウンドとヴォーカルが心にしみる新作。ダニエル・ラノワをプロデューサーに迎え,60年代の名曲リメイクとカヴァーが中心だが,テックスメックス風な味わいとウィリーのセクシーなヴォーカルが好ましい。


『NHKスペシャル 街道をゆく/司馬遼太郎~第1期第6巻“本郷界隈”』
• VHS (1998/04/22)
• 東芝EMI - ASIN: B00005GNQT
内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
作家・司馬遼太郎が25年間、「週刊朝日」に連載し続けた作品の映像化。第6巻は、司馬遼太郎が晩年、取り憑かれていた‘夏目漱石の孤独’を辿る。


『NHKスペシャル 街道をゆく/司馬遼太郎 第9巻:奥州白河・会津のみち』
• VHS (February 24, 1999)
• 東芝EMI - ASIN: B00005GNQW
内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
97年3月からNHKにて放送されたドキュメンタリー・シリーズ。日本人の祖形を探し求めた司馬遼太郎の道筋を、映像と朗読で紹介する。今回の行き先は奥州白河。
スポンサーサイト



【 2006/03/04/23/57/29 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

紅白梅

20060304234511
和は白梅だけのほうが好きですが、新宿御苑では数年前に、白梅だけの梅林を崩してあちこちに点在させ、多くのところで紅梅と対にされてしまいました。非常に残念。
【 2006/03/04/23/45/23 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

お茶室と紅白の梅

20060304234223
和の極致
【 2006/03/04/23/42/35 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

花よりだんご

20060304234210
゜。(*^▽^*)ゞ
【 2006/03/04/23/42/21 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

桜の木

20060304233907
これからの出番を待つ桜の木たち。
【 2006/03/04/23/39/18 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

サンシュユ

200603042333062
20060304233306
今が旬の花だそうです。
【 2006/03/04/23/33/17 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

蓮池につかった桜の枝

20060304231800
この枝は、この先どうなっていくのか?
【 2006/03/04/23/18/11 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

大木

20060304230916
新宿御苑には、樹齢を重ねた大木がたくさんあります。
【 2006/03/04/23/09/27 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

新宿御苑の日本庭園

20060304230322
日本庭園の池には、丸々とした鯉がいっぱい!エサやりすぎ!
【 2006/03/04/23/03/33 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

御苑から見た新宿のビル

20060304225716
逆光がビルのシルエットを際立たせています。太陽はビルのうしろに。
【 2006/03/04/22/57/27 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(3)