FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104
月別アーカイブ  【 2006年03月 】 

大久保の焼肉店

長野まゆみの<少年万華鏡>4作を読み終える。最初の『三日月少年漂流記』は面白かったが、そのあとは、他の本として出ているものも収録されていて(例えば『銀木犀』とか)、ああ、そうなのかという感じ。

どこが舞台なのかということをあまり感じさせないこの作家にしては、日本色の強い作品群だったが、月に関する描写はきれいで、月の描写をコレクションしている私としては、コレクションが増えて嬉しい。

猫とか夢とか、『不思議の国のアリス』に通じるところもあり、とにかくいろんな作家が組み合わさったイメージだが、賢治のようでいて賢治ではなく、アリスのようであって、アリスではなくみたいな、宮沢賢治と不思議の国のアリスが合体したら、それはもう賢治でもアリスでもないから、これはこれでまた、独自の世界とも言えるのだろうと思う。

さて、今日はどん底で、アルゼンチンにサッカー留学をしていた友人に会った。その足で、学さんが大久保に焼肉店をオープンしたというので、一緒に挨拶に行く。二人とも、「学さん、ブラジルでやるんじゃなかったんですか?」と半信半疑だったが、あの顔でちゃんと店に出ていたから、本当だったんだ!という感じ。

ほんの挨拶のつもりだったのに、ボトルとかも入ってしまい、もう食べるというより、はなから飲みに来たと受け取られているようで、やっぱり学さんの店だよ!と納得した次第。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『夏期休暇 長野まゆみEarly Works少年万華鏡』/長野 まゆみ
単行本: 150 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 430962104X ; (December 1998)
内容(「MARC」データベースより)
あの日、海に消えた帽子を、約束どおりもってきたよ・・・。表題作をはじめ、「詩篇カレイドスカフ 4」を併録。単行本化されなかった幻の初期作品が甦る、デビュー10周年企画第4弾。
スポンサーサイト



【 2006/03/08/23/30/27 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ランチ

20060308124704
お昼はサンドイッチとココアです。サンドイッチは冷蔵庫にある残りもの。夕べのアジフライとマカロニサラダに、レモンタルタル、マヨネーズ、ケチャップ、ホットソースで味付け。アクセントはピメント入りオリーブ。自分でも味の自信はなかったけど、結構いけました。オニオンスライスをプラスしても良かったかも。

ニューオーリンズでポーボーイサンドを食べてから、魚系のフライをパンに挟むのに抵抗がなくなりました。こういうサンドイッチは残飯整理もはかどります。とにかく、何でも挟んで食べちゃう!できれば、柔らかめのフランスパンにはさんで食べるほうがいいんだけど。
【 2006/03/08/12/48/17 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(2)