FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

バチカンを巡る陰謀

図書館から予約の本が準備できたと連絡があったので、受け取りに行った。延々と待たされていた、ダン・ブラウンの『天使と悪魔』だ。やっと来たか!という感じ。でも、『ダ・ヴィンチ・コード』を読んだ時のテンションは、全然下がっちゃってるなあ。

今度のは、って『ダ・ヴィンチ・コード』の前の作品だけど、バチカンを巡る陰謀という内容らしい。またキリスト教の話か。天使と悪魔というんだから、そりゃそうだよね。アポロ13号も読みたいというので、先に読ませることにした。

自分の本の未読が減らないので、図書館ではしばらく借りるのをやめようと思っていたのだが、予約の本が来たのでは仕方がない。といいつつ、性懲りもなく、他にも借りて来てしまった。今度も少年少女の話ばかりだから、しばらくしたら、またうんざりしてしまうかも。少年少女の話だって、面白ければいいけれど。


〓〓〓 BOOK

◆図書館貸し出し(→4/18)

『天使と悪魔(上)』/ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳)
単行本: 343 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4047914568 ; 上 巻 (2003/10/31)


『天使と悪魔(下)』/ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳)
単行本: 249 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4047914576 ; 下 巻 (2003/10/31)

From Publishers Weekly
科学力を駆使するテロリストとバチカン市国の枢機卿が対決するという、入念に練られたプロットに手に汗握るスリラー。そして、バチカンを巡る陰謀にハイテク劇。反物質を発見した科学者のベトラ博士が、他殺体となって発見された。その胸には、「イルミナティ(光明会)」というなぞめいた言葉の焼き印が。そこで、ハーバード大学で宗教的象徴を専門とするロバート・ラングドンは、スイスの捜査研究所から調査を依頼される。イルミナティとは、ルネサンス期の科学者のグループで、ガリレオもその一員だった。ガリレオはローマ教皇の迫害を避けて、新しい考えをローマで秘密裏に討論していた。すでに過去のものとなった会と、ベトラ博士の死には、いったいどんな関係があるのだろうか。ベトラ博士の娘ビットーリアは、恐ろしい事態に気づいた。ものすごい破壊力を秘めた反物質を密閉した真空のフラスコの所在が不明で、バッテリーを充電しなければ、6時間以内に爆発してしまうのだ。

その直後、ローマ教皇庁護衛隊のスイス護衛兵が、反物質がバチカン市国に隠されているという事実を発見する。そこでは新しい教皇を選出する選挙会が始まっていた。ビットーリアとラングドンは反物質を取り戻そうと奔走する。有力な教皇候補4名が行方不明という事態が発覚して、ようやくふたりはバチカンへ入ることを許された。枢機卿を誘拐したテロリストは電話で、遠い昔のイルミナティに関係する手掛かりとひきかえに、殺人の猶予をほのめかした。一方、救世主を狂信的に信奉する邪悪なバチカンの一部が、テロリストと結託している事実が明らかになる。枢機卿を救いだし、反物質を爆破させずに取り戻そうと奮闘するラングドンとビットーリア。その追跡劇を、『Digital Fortress』の著者ダン・ブラウンは、メディチ家を思わせる名士を邪悪な人物に仕立て、ミシュランの観光ガイドそのもののローマの街を舞台に、めまぐるしくスピード感あふれる筆致で描いている。設定にやや無理が感じられるが、一筋縄でいかないストーリー展開に衝撃の数々を織りまぜて、最後に明かされる驚きの真実まで一気に読者を引き込む作品である。


『<ナイト・シー>の壁をぬけて』/オットー・クーンツ (著), Otto Coontz (原著), 原田 勝 (翻訳)
単行本: 286 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 徳間書店 ; ISBN: 4198609578 ; (1998/12)
出版社/著者からの内容紹介
セアラとベンの姉弟は、母と一緒に山奥の町へやってきた。だが先に着いたはずの父の姿はなく、青白く光る不思議な生き物が飛びまわっている。父は無事なのか? 町の奇妙な人々が隠そうとしていることは? そして夜になり、ベンたちを襲ったのは…。イギリスで人気のホラー作家が描く、不思議な雰囲気をたたえたミステリー。


『夜明けの風』/ローズマリー・サトクリフ (著), Rosemary Sutcliff (原著), 灰島 かり (翻訳)
単行本: 487 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: ほるぷ出版 ; ISBN: 4593533848 ; (2004/07)
内容(「BOOK」データベースより)
侵入者サクソン族の手から父祖の地をとりもどそうと、ブリテンの人々は最後の戦いにうってでた。だが完膚なきまでに叩きのめされ、あたりは一面の廃墟となった。ただひとり生き残った14歳の少年オウェインは、愛犬とともに北にのがれようとする。逃避行で出会ったのは、飢え怯えた少女レジナ。オウェインは、病気の少女をどうしても見捨てることができず、自分に残されたただひとつのもの“自由”を売って、この少女を助けようと決心する。…サトクリフの金字塔『ローマン・ブリテン・シリーズ』掉尾を飾る幻の傑作。


『エルフたちの午後』/ジャネット・テーラー・ライル (著), Janet Taylor Lisle (原著), 宮下 嶺夫 (翻訳)
単行本: 181 p ; サイズ(cm): 21
出版社: 評論社 ; ISBN: 4566012719 ; (1994/05)
内容(「BOOK」データベースより)
学校中のきらわれ者、サラケートの家の庭には、エルフたちの小さな村がある。特別にこっそり見せられたヒラリーは、幻のエルフたちと謎めいたサラケートに夢中になってゆくが…。ファンタジックな抒情のなかに描く、2人の少女のふしぎな友情の始まりと終り。ニューベリー賞推薦作品。
※画像は原書 『Afternoon of the Elves』


『月の船でゆく』/長野 まゆみ (著)
単行本: 175 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 光文社 ; ISBN: 4334922678 ; (1996/04)
内容(「BOOK」データベースより)
「…ぼくは月から来たんです。パパを探しに。」回転木馬の調べにのって、少年をめぐる輪舞曲がはじまった―。長野まゆみが贈る白銀色のサスペンス・ファンタジー。
スポンサーサイト



【 2006/04/04/23/01/37 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

五目ごはん

200604042136252
20060404213625
今夜は和食。五目ごはん、サバの文化干し、なめこ汁にお漬物でした。こういう普通の和食にすると、なぜか機嫌が良い旦那です。(^_^;
【 2006/04/04/21/36/25 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ダイエットコーク

20060404153620
食後の一服でダイエットコーク。カロリーゼロだし。

コークとかドクターペッパーとかルートビアとか大好き!これ、ほんとはダイエットペプシだけど。
【 2006/04/04/15/36/20 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ペコちゃん

20060404140012
友達にペコちゃんのシガレットケースをもらった。残念ながら、私が吸ってるカプリは入らないんだけど、その昔、ペコちゃんと呼ばれてたこともあって、ちょっと懐かしい♪
【 2006/04/04/14/00/12 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ブランチ

20060404120607
Good Morning♪
今日は、朝・昼兼用ブランチ。ミネストローネスープと目玉焼き、トーストにコーヒーでした。
【 2006/04/04/12/06/07 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)