FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2006年04月 】 

青椒肉絲

20060405215729
中華といえば青椒肉絲。それと中華味のわかめスープです。いつも代わり映えしないけど、青椒肉絲が好きなので。というか、SHOP99の食材では青椒肉絲が一番作りやすいのね。(≧▽≦)

今日は雨が上がってから急に寒くなりました。テレビで野球を観ていたら、ヤクルトの選手がマフラーみたいなものをしているので、びっくりよ!吐く息も白いし、長年野球を観てるけど、こんな光景は初めて見ました。巨人大勝で、それも寒いけど。( ̄□ ̄;)

こんなに寒暖の差が激しいと、マジで体調おかしくなります。皆様も、お体ご自愛下さいませ。

ちなみに今日の横浜VS中日は雨で中止。残念!でも、昨日クルーンは3イニングも投げちゃったらしいし、中止でちょうど良かったかも?
スポンサーサイト



【 2006/04/05/21/57/29 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

エルフたちの午後

図書館で借りてきた『エルフたちの午後』を読み終えたが、てっきりファンタジーかと思ったら、全然違った。庭にエルフたちの小さな村があるというから、メアリー・ノートンの借り暮らしの小人たち(Borrowers)のような話かと思ったのに。

ああいうミニチュアの世界って、なぜか好き。それも、人間の道具をうまく使って、家具などにしていたりする話(糸まきをテーブルにしたりとか)はすごく楽しい・・・と思って期待していたのだが、結局そうではなくて──。

ニューベリー賞推薦とあるから、嫌な予感はしていたのだが、やっぱり。。。どうもニューベリー賞は合わないのだ。面白くなかったわけじゃないんだけど、はなからエルフの話と思っていたので、がっかりしただけ。とりあえず、いい話なんじゃないですか?って感じ。

この本には関係ないけど、私もエルフになりたい!魔法を使いたい!


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『エルフたちの午後』/ジャネット・テーラー・ライル (著), Janet Taylor Lisle (原著), 宮下 嶺夫 (翻訳)
単行本: 181 p ; サイズ(cm): 21
出版社: 評論社 ; ISBN: 4566012719 ; (1994/05)
内容(「BOOK」データベースより)
学校中のきらわれ者、サラケートの家の庭には、エルフたちの小さな村がある。特別にこっそり見せられたヒラリーは、幻のエルフたちと謎めいたサラケートに夢中になってゆくが…。ファンタジックな抒情のなかに描く、2人の少女のふしぎな友情の始まりと終り。ニューベリー賞推薦作品。
※画像は原書 『Afternoon of the Elves』
【 2006/04/05/00/20/57 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)