FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

ジャンルの判別が難しい本

今日読み終えた『<ナイト・シー>の壁をぬけて』は、またどのジャンルか迷う作品だった。出版社ではミステリーと言っているが、読み始めた感じはホラー。でも、最後まで読むと、結局はサイエンス・フィクションという感じだった。

最近はホラーっぽいものは何でもそれなりに面白く感じるので、これもSFとはいえ、かなりホラーっぽかったので、なかなか面白かった。

次元の壁を破って、別の世界の生き物が現れるという設定なのだが、普通ならだいたいそういう生物は悪者なんだけれど、この本では、実は人類にとって有益な生物であったという話。見た目、くらげっぽいらしい。


このところ、足もだいぶ治って来たアポロ13号が、夜はPC部屋をゴルフの練習で占拠しているから、なかなかPCが使えず難儀している。はあ・・・。いい加減に部屋の中でもゴルフの練習はやめてほしい。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『<ナイト・シー>の壁をぬけて』/オットー・クーンツ (著), Otto Coontz (原著), 原田 勝 (翻訳)
単行本: 286 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 徳間書店 ; ISBN: 4198609578 ; (1998/12)
出版社/著者からの内容紹介
セアラとベンの姉弟は、母と一緒に山奥の町へやってきた。だが先に着いたはずの父の姿はなく、青白く光る不思議な生き物が飛びまわっている。父は無事なのか? 町の奇妙な人々が隠そうとしていることは? そして夜になり、ベンたちを襲ったのは…。イギリスで人気のホラー作家が描く、不思議な雰囲気をたたえたミステリー。
スポンサーサイト



【 2006/04/07/22/39/23 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

そら豆

20060407212412
今日はビールのつまみにそら豆を茹でました。おかずはブリの塩焼とカニ玉です。
【 2006/04/07/21/24/12 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

暗闇の中で

200604071809192
20060407180919
ヘドウィグのオルゴールに慰められる私。

意外と安上がり。(≧▽≦)
【 2006/04/07/18/09/19 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(4)