FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108
月別アーカイブ  【 2006年07月 】 

わたしを離さないで

以前に原書 『Never Let Me Go』 を読んだけれども、ぜひ土屋政雄さんの翻訳で読んでみたかったので、図書館で借りて読んだ。原書でも最初は何の話だろう?と思ったが、やはり翻訳でも前知識がないと何の話かわからない。でも、土屋さんの訳で読んでみてよかった。もやもやしていたものが晴れた感じだ。

テーマは、読んでいるうちに少しずつ少しずつわかってくるのだが、それが学校の寮生活といったような当たり前の日常の風景の中に静かに織り込まれてくるので、何とも不気味なのだ。いきなりあっと思うわけではなく、徐々にそうなのか・・・いや、まさか?みたいな感じで、最後まではっきりしたことは書かれていない。

あまりに衝撃的なので、これはテーマを明かしてもいいものだろうか?と悩んで、原書の時には感想が書けなかったのだが、今回もやっぱりあまり詳細には書けない。しかも、文章に書かれていない部分が恐ろしいのだから(ホラーという意味ではない)、具体的に書きようがないとも言える。

登場人物であるヘールシャムの生徒たちは、一見普通の子どもたちなのだが、世間一般の人間とは決定的に違うところがある。とても怖い話なのだが、自分たちの運命を黙って静かに受け入れている彼らには、反抗心とかは芽生えないのだろうか?と疑問にも思った。

普通の人間のように育てられていながら、普通はそんなことはしないんじゃないかという部分もある。そのあたりはしっかり計算されて書かれているのだろうと思うので、そういう矛盾がまた、怖い。さらに言えば、普通という言葉で分けてしまっていいものかどうかさえわからない。

使命を終える・・・といった表現が、何ともぞっとする。ある意味でSF的な話だが、実際に起こりうるだろうという予感もあり、もしかしたらすでに起こっているかもしれないと思うと、なおさらぞっとする。それの是非はここで語ることではないと思うが、独特の静かな語り口でそんなことを書いてしまったイシグロは、すごいなあ!


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『わたしを離さないで』/カズオ・イシグロ
単行本: 349ページ
出版社: 早川書房 (2006/4/22) ASIN: 4152087196
内容(「BOOK」データベースより)
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々がたどった数奇で皮肉な運命に…。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく―英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』に比肩すると評されたイシグロ文学の最高到達点。アレックス賞受賞作。
スポンサーサイト



【 2006/07/31/23/50/49 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)