FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2006年08月 】 

R-18指定

右手が腱鞘炎ぽい。このところ、なかなかPCが思うように使えず、携帯でネットに繋ぐのが多いので、使いすぎ。歌の練習でも右手でタンバリンやウォッシュボードを使うし、利き手だから何をするにも右手。とにかく休める暇がない。両手が使える人がうらやましい。

しかし、湿布をしていたら、そこがかぶれてしまって(病院でもらっている他の湿布よりもかぶれないはずのものなのに)、それが気持ち悪くて、自分で見て、自分で鳥肌を立てている状態。手などはよく目に入るから、年中鳥肌状態といっても過言ではない。ぞぞっ!

ところで昨日、ジョン・アーヴィング原作の「ドア・イン・ザ・フロア」のDVDを観たが、R-18指定になっていてびっくり!たしかに全裸シーンやSEXシーンも出てくるので、そうなのかなと思えばそうなのかな?だけど、全然いやらしい感じはない。やはりそこは文学作品だけあって、これで興奮してくださいという映画とは違うから、そんなものなんだろうなという感じ。

ジェフ・ブリッジスのテッド・コール役は意外だったのだが、上手い役者だから、特に違和感はなかった。けど、やっぱりちょっと違うかなぁ・・・。もう少し線の細いイメージだったんだけど・・・。

テッドの助手で、マリアン(テッドの妻)の愛人になるエディは、イメージが全然違った。なんだか、ちょっとリアルすぎて、若い男の子って気持ち悪いという感じがしてしまった。(^^;

しかし、のちの主人公になる娘のルースが、とても可愛い。というか、ちょっと普通の子どもとは違う感じがよく出ていて、この映画の中では、最も気にいった役者かも。大人の役者が良くなかったというわけではないし、原作を考えても、よくできた映画だと思うが、好みという点で言ったら、この子役がいちばん好き。

このルース役の子は、「きいてほしいの、あたしのこと-ウィン・ディキシーのいた夏」にも出ていた子で、やはりちょっと普通でない感じの子の役だった。「ドア・イン・ザ・フロア」を撮った時は4歳で、途中で5歳になったらしいが、すごい演技をするらしい。お姉さんも子役らしいので、演劇一家みたいだ。

全体として、あの小説がこうなったのかと納得できたが、やはりルースが大人になってからの続きの部分が観たいという気持ちになった。DVDには特典映像でアーヴィングのインタビューもあって、続きは小説でどうぞと言っていたけれど、絵的にも美しい映像だったし、きゃぴきゃぴしていない、静かな大人の映画だなという感じ。

これといった結末のない話で、映画だけ観ていると救われない気持ちにもなるだろうが、原作を知っているので、このあとはああなるんだよねとわかっているため、特に悲壮感などは感じない。
スポンサーサイト



【 2006/08/10/23/22/12 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

SUNTEA日和

20060810170334
台風一過で晴れ。SUNTEA日和です。お日様の恵みをたっぷり吸収した出来たてのSUNTEAを飲んで、パワー充電!これを飲むとほんとに元気になるのが不思議…♪
【 2006/08/10/17/03/35 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)