FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

精神安定本

紀伊国屋で、ジョン・アーヴィングの最新作『Until I Find You』のマスマーケット版を買ってしまった。これで同じ本を3冊。ハードカバー、トレード版、マスマーケット版。とはいえ、これはコレクションしているわけではない。たしかにハードカバーは初版だから、大事にとっておこうとは思っているけれど・・・。

というのも、ひどく気持ちの萎えることがあって、気力を振り絞るために、その時たまたま寄った紀伊国屋で小1時間ブラブラして、なんとか気分を奮い立たせるために、一番好きなものを買ったという次第。

でも、アーヴィングの新作はまだ読んでいないので、たぶんこれで読むだろう。ハードカバーは上記のような理由で読めないし、トレード版も大きくて分厚いので読みにくい。やはりマスマーケット版が一番読みやすそうだ。


〓〓〓 BOOK

◆紀伊国屋南口店

『Until I Find You』/John Irving ¥1,092
ペーパーバック: 928ページ
出版社: Black Swan (2006/8/1)
言語 英語 ASIN: 0552773123
Publishers Weekly
いささかまとまりに欠けるアーヴィングの新作(『第四の手』以来)の主人公は、俳優のジャック・バーンズ。自分のアイデンティティーと父親の姿を追い求め、尊大でわざと異常なふるまいをする何人もの女たちと性的関係をもつ。小説の冒頭(年代は1969年)で、4歳のジャックはトロントに住むタトゥー・アーティストの母親アリスに連れられて、家出したジャックの父親ウィリアム・バーンズを探すため、1年間、北ヨーロッパを回る。父親は教会のオルガン奏者で、「(タトゥーの)墨にとりつかれた」男だ。トロントに戻ったアリスは、「女の子の間においておけば安全」だろうという誤った考えから、ジャックを女子校の聖ヒルダ学院に入学させる。ジャックは次に、メーン州にある男子ばかりの大学進学予備校のレディング校に移る。年上の少女や大人の女性から性的な誘惑にさらされながら少年時代を送ったジャックは、世界的に有名な俳優になり、脚本家としてアカデミー賞を受賞する。やがて彼は、父親にまつわる真実を求めて子供のときに過ごしたヨーロッパにおもむくが、これは自分が正常になるための旅でもあった。繰り返される露骨な性的描写にはうんざりしてくるが、タトゥー・パーラーの素朴な仲間意識、ハリウッドのきらびやかな世界、純化されていくジャックの感情、異母妹との出会い、父親との新たな結びつきなど、わいせつでない部分のアーヴィングの表現は見事としかいいようがない。
スポンサーサイト



【 2006/08/23/23/18/48 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

冥王星は惑星じゃない?

20060823141218
先日は太陽系の惑星が3個増えるかもと言っていたのに、今度は冥王星は惑星じゃないから1個減るとか…。

実は今、NASAのニューホライズンという探査機が、私の名前を載せて冥王星に向かっているんだよね。2015年に到着予定。

冥王星が惑星だろうがなんだろうがあんまり関係はないけれど、水金地火木土天海冥のリズムは崩れるね。(^_^;
【 2006/08/23/14/12/15 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)