FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2006年08月 】 

夏帽子

長野まゆみの本が全て良いとは言えないが、これだけたくさん読めば、中には傑作もある。今日読み終えた『夏帽子』もそのひとつ。宮沢賢治が好きな人ならば、この中に『注文の多い料理店』や『どんぐりと山猫』や『風の又三郎』のエッセンスを見つけ出すだろう。

先日読んだ『銀河電燈譜』は、賢治自身が銀河鉄道のような列車に乗っているという話だったし、長野まゆみが宮沢賢治に心酔しているのは、今更言うまでもないことだと思う。登場する不思議な少年が、実は狐だったり、ハクビシンだったりするのも、まさに賢治っぽい。

それはそれとして、この『夏帽子』は、やはり郷愁に満ちた、楽しくも切ない感じの話で、紺野先生という臨時教師が全国の小学校を教えて回る話なのだが、こんな先生がいたら良かったのになあ・・・と、子ども時代、教師には全く恵まれなかった私はうらやましく思うのだ。

夏帽子というタイトルも、何かお行儀が良い感じで、今の世の中には稀な(今や超有名人だが)、早実のピッチャー斉藤君のような爽やかさを感じさせる。子どもの頃、ハンカチと一緒に、夏は必ず帽子を被らされたものだ。それが、「夏」という明白な季節感にも繋がる。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『夏帽子』/長野まゆみ
文庫: 154ページ
出版社: 河出書房新社 (2003/10)
ASIN: 4309407048
内容(「BOOK」データベースより)
先生、今度は何処の学校へ行くのだろうね…紺野先生は臨時の理科教師。白い夏帽子に旅行鞄。任地の学校の生徒たちは、先生が駆使する言葉の魔法に誘われ、不思議な世界をかいま見る。長野ワールドのエッセンスがつまった傑作。
スポンサーサイト



【 2006/08/25/23/59/29 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

優柔不断

20060825134523
私は学生でもあるので、それなりに勉強もしてます。英語は語彙を増やすために、常に単語の本を勉強してますが、今まで使っていた本が飽きたので、新しいのを買ったのだけれど、やはり前のが終らないと…とか思って、なかなか開けず。

でも、せっかく買ったのだしと思って新しいのをやろうとするんだけど、やっぱり前のを終らせないともったいないかなとどっちつかずで、なんかほんとにくだらないところで優柔不断。。。"(ノ_<。)
【 2006/08/25/13/45/23 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)