FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

良識を欠いたディーン・R・クーンツ

今日は図書館に6冊返却して、また予約の本を7冊引き取ってきた。例のTどこかから取り寄せているらしいので断れなくなってしまったというT・ジェファーソン・パーカーの本2冊に、ホラーを1冊、以前読んだ『王女グリンダ』で、ちょっと興味がわいた<デルフィニア戦記>シリーズを4冊だ。

さらに、マーケットプレイスからも1冊届いた。これもホラー。今日入手したホラー2冊は、やはり「20世紀ホラー小説50選」に入っているもので、とりあえず名作の部類。面白いかどうか全くわからないが、マキャモンが断筆中なので、こんなところから探すしかないのだ。

『絢爛たる屍』のほうは、ホラーというのはともかく、ニューオーリンズが舞台というので借りた。ロマンスやミステリではなく、ホラーこそニューオーリンズにふさわしいかもしれない。代表格のアン・ライスは特に好きではないけれど、他にニューオーリンズを舞台にしたホラーを読んだことがないので、ちょっと楽しみ。「エキゾティックな妖都ニューオーリンズの闇の底、狂気と背徳の愛が甘い腐臭を発して蠕動する」という内容説明もなかなかいいじゃないかと。

『殺戮の「野獣館」』は、ホラー界では超有名な作品とはいえ、とんでもない本のようで、巻末の風間賢二氏の解説を読んで大笑いしてしまった。それだけに逆に楽しみでもある。これじゃ図書館には置けないよねと納得。

「・・・グロテスクな殺戮シーンやポルノチックなセックス描写を売りにしている、さながら大昔の扇情的で俗悪なパルプ雑誌を彷彿とさせるようなホラー作家たちの作品だった。本書の作者リチャード・レイモンもそうしたお下劣なホラーを売りにする二流のペーパーバック・ライターのひとりである。そう、リチャード・レイモンは、低俗にして悪趣味、徹頭徹尾B級のホラー作家なのだ。太鼓持ち的性格をいくぶんかは要求されるこの解説文とはいえ、レイモンを“第二、第三のキング”だとは口が裂けても言えない(だが、「良識を欠いたディーン・R・クーンツ」となら言えるかもしれないが)。

・・・キングがクーンツ並みの重量感のあるホラーを望む読者には物足りないだろうし、ストラウブやC.L.グラント、デニス・エチスンといったアクションよりも雰囲気をを大切にする“静かなホラー”を好む読者には、本書は悪趣味・お下劣の最たる作品としか映らないだろう。ただし、あなたがえぐいハードコア・ホラー・ファンなら、本書はまさに狂喜乱舞の傑作たりえる一冊であるはずだ。・・・最近、女性ホラー作家の台頭で心理的な作品や耽美なホラーが増え、ヤワな作品ばかりだとお嘆きのあなたに一読を薦めたい、本書はグッと胃に応えるエロ・グロ悪趣味ホラーの決定版である。・・・」

とまあこんな調子で、解説だから一応褒めているのだろうが、風間氏が力説すればするほど、悪趣味でお下劣な感じが目いっぱい伝わってくる。(^^;

しかし、個人的にはキングも十分お下劣だと思っているので、レイモンは果たしてどこまでお下劣なのか、それはそれで楽しみではある。“第四、第五のキング”くらいには言えるんじゃないか?とか。。。とりすました文学や、偽善的な小説にうんざりしている今日この頃、これほど思いっきりお下劣ですよ!と解説者が太鼓判を押す本は、逆に新鮮でもある。

風間氏の言うように、女性作家の耽美なホラー(アン・ライスのことでしょ)に満足できない私には、もしやぴったりかも・・・なんて。ちなみに、こうしたホラーは、イギリスではナスティ・ホラーというらしい。アン・ライスだって、お下劣なものはお下劣だけど。

巨匠ジェイムズ・ハーバートやクライヴ・バーカーなどがその筆頭らしいが、そういえば、生まれて初めて買った洋書が、ジェイムズ・ハーバートの『MOON』だったような・・・。その時は何も知らずにジャケ買いして、いまだに読んでいないのだが、その時からこの方面に手を伸ばす運命だったのかも。(汗

ところで、「良識を欠いたディーン・R・クーンツ」って・・・よくわからないなあ。爆笑!


〓〓〓 BOOK

◆マーケットプレイス

『殺戮の「野獣館」』/リチャード・レイモン (著), Richard Laymon (原著), 大森 望 (翻訳)
ユーズド価格:¥1+¥340=¥341
(我孫子市・ブックアゲインNET店)
文庫: 368ページ
出版社: 扶桑社 (1997/05)
ASIN: 4594022464 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
今世紀初頭に建てられて以来、怪物が棲むと噂され、今日でも凄惨な殺人があとを絶たない「野獣館」。だが、すご腕の男ジャッジメント・ラッカーが、ついに野獣退治に立ちあがった!一方、鬼畜のような夫の追撃をかわし、娘を連れて逃走の旅に出た美貌の女性ダナ。このヒーローとヒロインの運命の出会いが、いままたあらたな殺戮の嵐を呼びおこす!ホラー界の最終兵器リチャード・レイモンが、この1作で斯界を激震させた、幻の傑作。衝撃の結末へ向け、強烈なエロスとバイオレンスが暴走する。
※画像は原書 『The Dellar』/Richard Laymon


◆図書館貸し出し(→10/11)

『ブルー・アワー(上)』/T・ジェファーソン・パーカー (著), T.Jefferson Parker (原著), 渋谷 比佐子 (翻訳)
文庫: 314ページ
出版社: 講談社 (2004/02)
ASIN: 4062739569 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
がんを抱えながら、乞われて現場復帰した老刑事ヘス。相棒は一匹狼で上昇志向の女刑事マーシ。カリフォルニアのショッピングモールで失踪した魅力的な女たち、血だまりに残されたハンドバッグと人間の内臓。それは想像を絶する猟奇事件の幕明けだった。タフなヒロイン登場、女刑事マーシ・シリーズ第一作。


『ブルー・アワー(下)』/T・ジェファーソン・パーカー (著), T.Jefferson Parker (原著), 渋谷 比佐子 (翻訳)
文庫: 313ページ
出版社: 講談社 (2004/02)
ASIN: 4062739577 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
死体なき猟奇殺人、三人目の被害者は黒髪の貴金属店店員。猟の獲物のように木に逆さまに吊され、持ち去られた女たちの痕跡。容疑者として仮釈放中のレイプ犯が浮かぶが、女刑事マーシの直感は別の真犯人の存在を告げる。一方、相棒ヘスとの間には静かな愛情がめばえて…。パーカーが放つ傑作警察小説。


『絢爛たる屍』/ポピー・Z・ブライト (著), Poppy Z. Brite (原著), 柿沼 瑛子 (翻訳)
文庫: 392ページ
出版社: 文藝春秋 (2003/06)
ASIN: 416766125X サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
脱獄した連続殺人鬼。ひそかに凄惨な殺人を繰り返す富豪の青年。生きた者を愛せぬ二人の男が傷心の美青年と出会ったとき、爛れた地獄が口を開けた…。倒錯性愛と頽廃の美を描く異能の女流作家ブライトの耽美的にして残虐な傑作。エキゾティックな妖都ニューオーリンズの闇の底、狂気と背徳の愛が甘い腐臭を発して蠕動する。


『放浪の戦士(1)―デルフィニア戦記 第1部』/茅田 砂胡 (著)
文庫: 381ページ
出版社: 中央公論新社 (2003/01)
ASIN: 4122041473 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
男は剣を揮っていた。黒髪は乱れ日に灼けた逞しい長身のあちこちに返り血が飛んでいる。孤立無援の男が今まさに凶刃に倒れようとしたその時、助太刀を申し出たのは十二、三と見える少年であった…。二人の孤独な戦士の邂逅が、一国を、そして大陸全土の運命を変えていく―。


『放浪の戦士(2)―デルフィニア戦記 第1部』/茅田 砂胡 (著)
文庫: 382ページ
出版社: 中央公論新社 (2003/02)
ASIN: 4122041627 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
卑劣な陰謀によって偽王の濡れ衣を着せられ逃亡する男・ウォル。異世界から落ちてきた少女・リィ。孤独な魂の邂逅からはじまった旅に志を同じくする仲間たちが結集、国王軍が結成された。だが、首都コーラルを目指し進軍する彼らを待ち受けるのは、敵の大軍と悪辣な罠なのだ―。


『放浪の戦士(3)―デルフィニア戦記 第1部』/茅田 砂胡 (著)
文庫: 337ページ
出版社: 中央公論新社 (2003/03)
ASIN: 4122041732 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
緒戦の大勝利に沸く兵士たち。しかし国王の陣幕だけが重く沈んでいた。軍を解散せよ、さもなくば―敵は養父・フェルナン伯爵を盾にした露骨な脅迫にでたのだ。大義か?ペールゼン侯爵の専横に屈するのか?苦渋の選択を迫られたウォルは逆転を賭して、バルドウの娘に伯爵救出を託したのだが。


『放浪の戦士(4)─デルフィニア戦記 第1部』/茅田 砂胡 (著)
文庫: 320ページ
出版社: 中央公論新社 (2003/4/24)
ASIN: 4122041910 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
流浪の国王ウォルとリィの率いる軍勢は王都コーラルの目前に迫った。だが、救出すべき父はすでに亡く、王座奪還の目算も潰えた。欲するは父の敵の首ひとつ―!同胞相討つ内乱を避け、わずかな手勢で城に乗り込むウォルの運命、そしてデルフィニア争乱の行方は?第1部放浪の戦士篇完結。
【 2006/09/27/23/54/13 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

芋煮汁

20060927223959
秋らしく涼しくなってきたので、今日の夕食のメインは芋煮汁。それと、いわしの立田揚げ、ポテトサラダ、ベーコンと玉ねぎ入りスクランブルエッグ、明太子、韓国海苔でした。
【 2006/09/27/22/39/59 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

どしゃ降り

上がった
と思ったのに
またどしゃ降り
さらにまで
勘弁してよ

【 2006/09/27/11/48/39 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

20世紀ホラー小説50選より

今日は大雨だったため、予定していたことを全てキャンセルして読書を進め、『サイレント・ジョー』を読む終えた。歌の練習もお休み。喉をいたわるのもあるが、雨にぬれて風邪を引いたら、それこそ大変!・・・なんてのも、ぐうたらの言い訳かも。

T・ジェファーソン・パーカーが自分に合わないなという理由をいくつか思いついた。まずユーモアがないこと。小説にユーモアが絶対的に必要なわけではないが、笑えるところがないと、パーカーのように緻密に書き込んでいる作家の場合は、だんだん息苦しくなってくる。ユーモアのつもりで書いていても、全部すべってる作家もいるけれど。

それから、余計な描写だと思える部分が多々あること。例をあげると、「・・・ラベンダーという色は好きなの。この色になにか象徴的な意味があったはずだけど、忘れてしまったわ・・・」などというところは、象徴的な意味が書かれているなら必要だと思うが、忘れてしまったのでは書く意味がないではないか?その後、この部分がどこかに影響してくるなら、当然必要だとは思うが、そのようなこともなかったと思う。

というわけで、こういういらないんじゃないか?と思える描写が目に付くのが、非常に気になってしまう。逆に言えば、あったっていいじゃないかとも言えそうだが、そういう部分を削れば、もっと明解で読みやすくなるのでは?と思ったり。この『サイレント・ジョー』については、訳も堅かったように思う。ジョーが礼儀正しい人物であるのはわかるが、全体的に堅さを感じてしっくりこなかった。

さて、今日マーケットプレイスから届いた2冊だが、10月はやはりホラーかファンタジーでしょう!というわけで、『ライヴ・ガールズ』が吸血鬼もので、『黒衣の女』は正統派の幽霊ものだ。『ライヴ・ガールズ』は露悪!凶悪!俗悪!ホラー史上最悪!なんて言われているが、この2冊とも「20世紀ホラー小説50選」に入っている有名な作品。

『黒衣の女』の作者であるスーザン・ヒルは、どこかで聞いたことがあるぞと思っていたところ、『ぼくはお城の王様だ』を書いた人だった。さらに、この人は古典の名作デュ・モーリアの『レベッカ』の続編である『Mrs. De Winter』も書いている。

『ぼくはお城の王様だ』は、そのタイトルからは想像もできないくらい心理的に怖い小説で、児童書のジャンルに入れられてはいるが、大人が読んでも素晴らしく怖い作品だ。これを良い作品だと言うと、「ちょっといい話」好きで、ホラーなんか大嫌いというような方々から頭がおかしいんじゃないかと言われそうなくらい、それほど邪悪な心を描ききっていて、それに対して愕然として打ちのめされるくらい、心底素晴らしい作品だと思える。

だから、『Mrs. De Winter』も、今日届いた『黒衣の女』も、きっと心理描写が素晴らしいのではないかと思うし、めっちゃ怖くて震撼させられるに違いないと期待している。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『サイレント・ジョー』/T・ジェファーソン・パーカー
文庫: 646ページ
出版社: 早川書房 (2005/9/22)
ASIN: 4151758518
内容(「BOOK」データベースより)
赤ん坊の頃、実の父親から硫酸をかけられ顔に大火傷を負ったジョーは、施設にいるところを政界の実力者ウィルに引き取られた。彼は愛情をこめて育てられ、24歳になった今は、保安官補として働いている。その大恩あるウィルが、彼の目の前で射殺された。誘拐されたウィルの政敵の娘を保護した直後のことだった。ジョーは真相を探り始めるが、前途には大いなる試練が…アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞に輝く感動作。


◆マーケットプレイス

『ライヴ・ガールズ』/レイ・ガートン (著), 風間 賢二
ユーズド価格:¥50+送料¥340=¥390
(板橋区・ブックマート大山店)
文庫: 443ページ
出版社: 文芸春秋 (2001/07)
ASIN: 4167527804
出版社/著者からの内容紹介
妖しく灯るネオン──〈ライヴ・ガールズ〉。その店を訪れた者は吸血鬼と化す……ポップな悪趣味炸裂、現代ホラーの最終兵器、登場。


『黒衣の女』/スーザン・ヒル (著), 河野 一郎 (翻訳)
ユーズド価格:¥5+送料¥340=¥345
(相模原市・ブックスーパーいとう)
文庫: 222ページ
出版社: 早川書房 (1987/06)
ASIN: 4150404496 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
霧の中、沼地の方から馬車が来る。少し遠ざかったかと思うと、水が引き、吸いこまれ、渦まく奇妙な音、続いてうろたえた馬のいななき、そして子どもの泣きさけぶ声。―孤立した〈うなぎ沼の館〉で、亡くなった老夫人の遺産整理をしていた弁護士キップスを襲った真夜中の怪奇!そして夫人の葬儀に現われた不気味な黒衣の女の正体とは?過去を秘めた辺地の館にじわじわとしのび寄る恐怖を、イギリス沼沢地方独特の雰囲気をバックに描きあげる正統派ホラーの真髄!
※画像は原書 『The Woman in Black: A Ghost Story』/Susan Hill
【 2006/09/26/23/52/31 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

シンプルごはん

20060926220427
今日は一人なので、ご飯は簡単シンプル。納豆ごはんと赤だしのお味噌汁、きんぴらごぼうです。ダーは白味噌が好きなので、赤だしのお味噌汁はダーがいない時にしか作れません。
【 2006/09/26/22/04/27 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

安倍首相の会見

20060926214907
首相の給料30%カット
大臣の給料10%カット

国民が苦しんでいる時には当然のことだろう思うが「痛みを伴う改革」を唱えた小泉氏こそがこれをやるべきだったと思う。ともあれ、やっと実践されるかという感じ。

これは安倍氏が、お金はともかく地位や名誉を重んじてきた家柄のおぼっちゃまだからこそ踏み切れることかなあとも思ったり…。
【 2006/09/26/21/49/07 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

雨のため…

午前中から降りだした雨が午後には強くなり、いろいろやることがあったのだが全部キャンセル。ダーも飲み会なので、夜は私も飲みに行こうかと思ったが、悲しいかな、雨の中をわざわざ出かけて行きたいと思う店もなし。

というわけで、今日は歌の練習もなしで完全オフ。たまには喉も休めないといけないし、雨に濡れて風邪を引いてもいけないから、家でおとなしく読書にいそしみ、本を一冊読了した。久しぶりに日本茶が飲みたいと思った。
【 2006/09/26/20/58/34 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

サイレント・ジョー

T・ジェファーソン・パーカーの2作目『サイレント・ジョー』を読み始めたのだが、なんか忙しくて疲れているときに読む本じゃないなという感じがする。ちょっとだるい。かなり疲れる。

前に読んだ『California Girl』の時にも感じていたのだが、書き込みがくどいというか、その時は原書で読んでいるせいかな?と思っていたのだが、やっぱりそういう作風のようだ。アーヴィングのような書き込み方ともまた違って、部分的にはそっくり1ページ飛ばしても、内容には全く支障がない類。

パーカーの作品は、けしてストーリーのテンポは早くないよね・・・?と思う。前述の書き込みの件もあって、話がなかなか進まない。おかげで分厚い。300ページ近く読んだが、まだ半分にも達していない。キングのホラー話はくだらないと思うし、主人公のキャラも私好みというわけではないのだが、同じように書き込みがくどくても、とりあえずテンポだけはいいかなと。

そんなことを考えると、パーカー作品の主人公のキャラは、どれも私の好みには合わないようなのだ。だから、必然的に話にのめりこめなくて、字面を追っているだけになってしまう。ただひたすら早く読み終えようということだけを考えているような状態。たぶん何冊読んでも私には合わないのだろうと思う。

しかし、図書館にもう1作予約してある。キャンセルしようと思ったのだが、わざわざどこかから取り寄せてくれているらしくて、断るに断れなくなってしまった。近いうちに取りにいかなくてはならないが、結局無駄骨になるかも。

この前のキングの『レギュレイターズ』も中断しているし、ここでまた中断というのは気が引けるので、できる限り読もうとは思うが、図書館で借りている本ということもあって、何も無理に読まなくても・・・と思う。読みたい本は手元に星の数ほどあるのだから。

じっくり吟味して読んでいるわけではないので、良いとか悪いとかではないのだが、とにかく私の好みではないかなという感じだ。だいたい、最初面白くなくても、この先面白くなるかもしれないと期待を抱きつつ我慢して読むのだが、冒頭で入り込めない話は、やはり5つ★にはならない。

ともあれ、時期的にも今読める本ではない。他にやらなくてはならないことがあって、本にあまり集中できないような時は、何も考えずに楽しく読めるようなものがいい。もう10月だし、そろそろファンタジーに行こうかな。
【 2006/09/25/23/59/14 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

お餅大好き

20060925222127
今日の夕食は、残りご飯で海老と玉子の雑炊を作りました。お餅入り。おかずはきんぴらごぼう、アスパラのマヨネーズ和え、それに茹でたトウモロコシでした。
【 2006/09/25/22/21/28 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

高校生ドラフト

駒苫の田中君は楽天。横浜も1位指名だったので超期待してたのに…。
日ハムならまだしも、よりにもよって私の嫌いな楽天かぁ…"(ノ_<。)
【 2006/09/25/14/46/42 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)