FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2006年09月 】 

トルストイだがアメリカ南部

今日Amazonから届いた本は、最初にタイトルを見た時は詩集かと思ったし、ましてやトルストイの名前のついたタイトルだから、まさか南部の話とは思ってもいなかったのだが、アイダホ生まれの主人公がアラバマ(!)に行くという話らしいので、購入してみた。

概して南部を舞台にした本は面白いものが多いのだけれど、特にアラバマを舞台にしたものはハズレが少ないように思う(偏見と好みかもしれないが)。最近、ニューオーリンズやルイジアナを舞台にしたものを結構読んではいるが、こちらが多くを望みすぎているのか、なかなか面白いものがない。

ニューオーリンズは街そのものが小説のようで、それ以上の話を書くとなると、かなり大変なことなのかもしれないと思う。その点、アラバマあたりのひなびた田舎町の話などは、じっくり人間観察もできて、些細なことでも感情豊かな小説が出来上がるのだろうなどと、勝手に思ったり・・・。

南部ものでハズレが多いのは、サウス&ノースカロライナあたりか。全部がそうとは言わないが、私が今まで読んだ中では、その確立が高い。

そんなことを言っても、最近お気楽なものしか読んでいないので、南部ものもとんとご無沙汰だな・・・と思いきや、やっぱりマキャモンは応えてくれるんだね。読書中の『マイン』はしっかり南部の話だ。マキャモン自身が南部の生まれだが、この本が南部ものとは思っていなかったので、意外な喜び!

シーフード・ガンボは食べてるし、舞台になる病院は「セント・ジェイムス病院」(南部の曲で“Saint James Infirmary”という曲がある。ジャズフェスでやる予定)だ。オビに「吸血鬼より怖い・・・」とあるが、怖いのは女という話。中身ももちろん面白いが、ガンボにセント・ジェイムス病院で、もうやられた!という感じ。さすがマキャモン!


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『The Poet of Tolstoy Park』/Sonny Brewerペーパーバック: 288ページ
出版社: Ballantine Books (P); Reprint版 (2006/3/28)
ASIN: 0345476328
From Publishers Weekly
A dying man's decision to move from Idaho to Alabama becomes a quixotic spiritual journey in Brewer's ruminative, idiosyncratic first novel, based on a true story. In 1925, widowed Henry Stuart learns that he has tuberculosis and will probably be dead within a year. Stuart's initial reaction is optimistic resignation, as he regards his illness as a final philosophical journey of reconciliation, one that sends him back through the writings of his beloved Tolstoy and other literary and spiritual figures to find solace and comfort. Despite the protests of his two sons and his best friend, he decides to move to the progressive town of Fairhope, Ala. There, he begins to build a round, domed cottage where he seeks to "learn in solitude how to save myself" and earns himself the sobriquet "the poet of Tolstoy Park." The plot, such as it is, runs out of steam when Brewer makes an ill-advised decision to jump forward in time in the last chapters, but the heady blend of literary and philosophical references and some fine character writing make this a noteworthy debut.
Copyright © Reed Business Information, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.
スポンサーサイト



【 2006/09/14/23/57/23 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)