FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

20世紀ホラー小説50選より

今日は大雨だったため、予定していたことを全てキャンセルして読書を進め、『サイレント・ジョー』を読む終えた。歌の練習もお休み。喉をいたわるのもあるが、雨にぬれて風邪を引いたら、それこそ大変!・・・なんてのも、ぐうたらの言い訳かも。

T・ジェファーソン・パーカーが自分に合わないなという理由をいくつか思いついた。まずユーモアがないこと。小説にユーモアが絶対的に必要なわけではないが、笑えるところがないと、パーカーのように緻密に書き込んでいる作家の場合は、だんだん息苦しくなってくる。ユーモアのつもりで書いていても、全部すべってる作家もいるけれど。

それから、余計な描写だと思える部分が多々あること。例をあげると、「・・・ラベンダーという色は好きなの。この色になにか象徴的な意味があったはずだけど、忘れてしまったわ・・・」などというところは、象徴的な意味が書かれているなら必要だと思うが、忘れてしまったのでは書く意味がないではないか?その後、この部分がどこかに影響してくるなら、当然必要だとは思うが、そのようなこともなかったと思う。

というわけで、こういういらないんじゃないか?と思える描写が目に付くのが、非常に気になってしまう。逆に言えば、あったっていいじゃないかとも言えそうだが、そういう部分を削れば、もっと明解で読みやすくなるのでは?と思ったり。この『サイレント・ジョー』については、訳も堅かったように思う。ジョーが礼儀正しい人物であるのはわかるが、全体的に堅さを感じてしっくりこなかった。

さて、今日マーケットプレイスから届いた2冊だが、10月はやはりホラーかファンタジーでしょう!というわけで、『ライヴ・ガールズ』が吸血鬼もので、『黒衣の女』は正統派の幽霊ものだ。『ライヴ・ガールズ』は露悪!凶悪!俗悪!ホラー史上最悪!なんて言われているが、この2冊とも「20世紀ホラー小説50選」に入っている有名な作品。

『黒衣の女』の作者であるスーザン・ヒルは、どこかで聞いたことがあるぞと思っていたところ、『ぼくはお城の王様だ』を書いた人だった。さらに、この人は古典の名作デュ・モーリアの『レベッカ』の続編である『Mrs. De Winter』も書いている。

『ぼくはお城の王様だ』は、そのタイトルからは想像もできないくらい心理的に怖い小説で、児童書のジャンルに入れられてはいるが、大人が読んでも素晴らしく怖い作品だ。これを良い作品だと言うと、「ちょっといい話」好きで、ホラーなんか大嫌いというような方々から頭がおかしいんじゃないかと言われそうなくらい、それほど邪悪な心を描ききっていて、それに対して愕然として打ちのめされるくらい、心底素晴らしい作品だと思える。

だから、『Mrs. De Winter』も、今日届いた『黒衣の女』も、きっと心理描写が素晴らしいのではないかと思うし、めっちゃ怖くて震撼させられるに違いないと期待している。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『サイレント・ジョー』/T・ジェファーソン・パーカー
文庫: 646ページ
出版社: 早川書房 (2005/9/22)
ASIN: 4151758518
内容(「BOOK」データベースより)
赤ん坊の頃、実の父親から硫酸をかけられ顔に大火傷を負ったジョーは、施設にいるところを政界の実力者ウィルに引き取られた。彼は愛情をこめて育てられ、24歳になった今は、保安官補として働いている。その大恩あるウィルが、彼の目の前で射殺された。誘拐されたウィルの政敵の娘を保護した直後のことだった。ジョーは真相を探り始めるが、前途には大いなる試練が…アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞に輝く感動作。


◆マーケットプレイス

『ライヴ・ガールズ』/レイ・ガートン (著), 風間 賢二
ユーズド価格:¥50+送料¥340=¥390
(板橋区・ブックマート大山店)
文庫: 443ページ
出版社: 文芸春秋 (2001/07)
ASIN: 4167527804
出版社/著者からの内容紹介
妖しく灯るネオン──〈ライヴ・ガールズ〉。その店を訪れた者は吸血鬼と化す……ポップな悪趣味炸裂、現代ホラーの最終兵器、登場。


『黒衣の女』/スーザン・ヒル (著), 河野 一郎 (翻訳)
ユーズド価格:¥5+送料¥340=¥345
(相模原市・ブックスーパーいとう)
文庫: 222ページ
出版社: 早川書房 (1987/06)
ASIN: 4150404496 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
霧の中、沼地の方から馬車が来る。少し遠ざかったかと思うと、水が引き、吸いこまれ、渦まく奇妙な音、続いてうろたえた馬のいななき、そして子どもの泣きさけぶ声。―孤立した〈うなぎ沼の館〉で、亡くなった老夫人の遺産整理をしていた弁護士キップスを襲った真夜中の怪奇!そして夫人の葬儀に現われた不気味な黒衣の女の正体とは?過去を秘めた辺地の館にじわじわとしのび寄る恐怖を、イギリス沼沢地方独特の雰囲気をバックに描きあげる正統派ホラーの真髄!
※画像は原書 『The Woman in Black: A Ghost Story』/Susan Hill
スポンサーサイト



【 2006/09/26/23/52/31 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

シンプルごはん

20060926220427
今日は一人なので、ご飯は簡単シンプル。納豆ごはんと赤だしのお味噌汁、きんぴらごぼうです。ダーは白味噌が好きなので、赤だしのお味噌汁はダーがいない時にしか作れません。
【 2006/09/26/22/04/27 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

安倍首相の会見

20060926214907
首相の給料30%カット
大臣の給料10%カット

国民が苦しんでいる時には当然のことだろう思うが「痛みを伴う改革」を唱えた小泉氏こそがこれをやるべきだったと思う。ともあれ、やっと実践されるかという感じ。

これは安倍氏が、お金はともかく地位や名誉を重んじてきた家柄のおぼっちゃまだからこそ踏み切れることかなあとも思ったり…。
【 2006/09/26/21/49/07 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

雨のため…

午前中から降りだした雨が午後には強くなり、いろいろやることがあったのだが全部キャンセル。ダーも飲み会なので、夜は私も飲みに行こうかと思ったが、悲しいかな、雨の中をわざわざ出かけて行きたいと思う店もなし。

というわけで、今日は歌の練習もなしで完全オフ。たまには喉も休めないといけないし、雨に濡れて風邪を引いてもいけないから、家でおとなしく読書にいそしみ、本を一冊読了した。久しぶりに日本茶が飲みたいと思った。
【 2006/09/26/20/58/34 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)