FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

いつの間に?

アポロ13号がトマス・H・クックにはまり、もっと読みたいと言うので、久しぶりにBOOK・OFFに行き、105円コーナーで探したのだが、ミステリではない『心の砕ける音』という本しかなかった。

ついでに、前に図書館で借りたものの、時間がなくて読めなかったカール・ハイアセンの『ロックンロール・ウィドー』が105円であったので、それも購入。しかし、ハイアセンはいつの間に「巨匠」と呼ばれるようになったんだろう?

ジャズフェスのサイトのメンバー表がいろいろ間違っていたため、訂正依頼のメールを出した。Bayou西村がバンジョーって、どうやったらギターをバンジョーに間違えられるんだ?という感じ。(^^;


〓〓〓 BOOK

◆BOOK・OFF

『心の砕ける音』/トマス・H・クック (著), Thomas H. Cook (原著), 村松 潔 (翻訳)  ¥105
文庫: 398ページ 出版社: 文藝春秋 (2001/09)
ASIN: 4167527847 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
ロマンチストの弟は「運命の女」がきっといると信じていた。リアリストの兄はそんな女がいるはずはないと思っていた。美しく謎めいた女が兄弟の住む小さな町に現れたとき、ふたりはたしかに「運命の女」にめぐりあったのだったが…。クックがミステリを超えて、またひとつ美しくも悲しい物語を紡ぎだした。


『ロックンロール・ウイドー』/カール・ハイアセン (著), Carl Hiaasen (原著), 田村 義進 (翻訳) ¥105
文庫: 522ページ 出版社: 文藝春秋 (2004/12)
ASIN: 4167661837 サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
米ミステリ界最上のユーモアと最強の怪人物造型を誇るベストセラー作家、それがカール・ハイアセンだ。本書がその最新作。大物ロック歌手の変死事件を追い、死亡記事担当に左遷中の敏腕記者ジャックは深まる謎をかき回し、ついでにメディア王の奸計に挑む!気分が冴えない日に最適、石田衣良氏も愛する巨匠の妙技を堪能あれ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハイアセン,カール
アメリカ、フロリダ州生まれ。フロリダ大学卒。マイアミ・ヘラルド社に新聞記者として勤務、フロリダの犯罪や汚職を報道。1986年、「殺意のシーズン」で作家デビュー。以来、創意にあふれる犯罪者造型と痛快で陽気な語り口でベストセラー作家となる。

(★サービス券 -¥50)
スポンサーサイト



【 2006/11/16/23/50/11 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ロールキャベツ

20061116225857
今日の夕食は超特急で作らなくてはならなかったので、前に作って冷凍しておいたロールキャベツを使用。マッシュルームを加えて、デミグラス風のトマトソースで煮込みました。
【 2006/11/16/22/58/57 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

岩村→デビルレイズ

今朝の新聞によると、ヤクルトの岩村ガンちゃんは、フロリダ州タンパのタンパベイ・デビルレイズが落札したようだとのこと。

いいねぇ~、フロリダ!
乗ってくぜ!あ~は~!
頑張れGUNちゃん!
【 2006/11/16/13/37/43 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

誰がバンジョーだって?

新宿トラッド・ジャズ・フェスティバルの公式HPがあるのだが、スケジュールのところに大きな間違いがあることを発見してしまった!

うちのバンドのギターがバンジョーになってる!いくら何でもそれはないでしょーって!

どうやったらギターとバンジョーを間違えられるのか、そっちのほうが不思議だわ!今さらとはいえ、直してもらったほうがいいよね…。"(ノ_<。)
【 2006/11/16/02/25/16 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

新宿ジャズフェスにボブ・グリーン来る!

これは後から聞いた話なんだけど、先日の新宿トラッド・ジャズ・フェスティバルにボブ・グリーン(ジェリー・ロール・モートンの再来と言われるジャズ・ピアニスト)が来たらしい。

私が出演した12日の日曜日、会場のひとつであるどん底にふらりと現れたボブ・グリーンは、その場で乞われるままに演奏をしたらしいのだが、ノリにノって演奏している時に、会場担当のヨネちゃんに「時間ですので演奏止めてください」と言われてしまったのだそうだ。

と言うか、よりにもよってボブ・グリーンにそんなことを言ってしまったヨネちゃん。「だって知らないもん!」との言い訳。知らないっていうのは恐ろしい。

とはいえ、私だって名前は知っていても、実際いざ目の前に現れたって絶対分からないよ。まさかそんな人が来るとは思ってないし。

ちょうどその時、私はと言えば、どん底の表でお酒かっくらってました。後から聞いて、なんで教えてくれなかったの!と抗議したけど、時すでに遅し。ボブ・グリーンが演奏した同じジャズ・フェスティバルに出演したんだぞ!と自慢することで満足するとしましょう。゜。(*^▽^*)ゞ
【 2006/11/16/01/48/42 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)