FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

SMAP×SMAP新庄

笑っていれば幸せは来る!って、新庄良いこと言うね。その通りだと思うよ!(*^▽^*)
スポンサーサイト



【 2006/11/20/23/58/26 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

スカーレット・ウィザード

先日から<デルフィニア戦記>シリーズを書いた茅田砂胡の<スカーレット・ウィザード>シリーズを読んでいるが、これは<デルフィニア>の続きかと思っていたら、全然違うSFものだった。

この人の書く小説のヒロインは、みな強い(半端じゃなく!)女性ばかり。言葉遣いも男そのもの。今回もその例に漏れず、主人公ジャズミンは相当ハードな女性。でも、<デルフィニア>では屈強な男性が主人公であって、そのそばにいたヒロインが強かったので(異世界から来ているし)、基本的にはやはり男は強いというイメージが残るのだが、こちらはジャスミンの夫になるケリーは屈強だが、それ以外は情けない。だから、ジャスミンの強さが異常に強調される。

強くてカッコいい女性は好きだが、この<スカーレット・ウィザード>に関しては、ちょっと引く。身長191センチという肉体的な特徴もそうだが、とにかく規格はずれで強すぎる。性格はいいが、かわいらしい部分が全然ないのも人間としては魅力に欠ける。やっぱり、個人的には<デルフィニア戦記>のほうが好き。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『スカーレット・ウィザード(2)』/茅田 砂胡 (著)
単行本(ソフトカバー): 222ページ
出版社: 中央公論新社 (1999/11)
ASIN: 412500627X
出版社/著者からの内容紹介
行方不明の探査宇宙船の捜索にジャスミンがクインビーで飛び出した。ところが、そのクインビーが暴走! 誰もが打つ手なしと思われた絶望 的状況に、ケリーはひとり不敵に笑う。
【 2006/11/20/23/28/39 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

昨夜も飛び入りライブ

昨日は江古田にライブを聴きに行ったのだけど、3バンド終わったところで飛び入りしました。いろんなジャンルのミュージシャンがいたので、何でもOK!ってことで、プラウド・メアリーとジョージアを。これもまた面白かった!

一番上手いギターが、横浜ベイスターズの鈴木タカノリに似てたのが笑えたけど、皆から今度一緒にやろうと言われて嬉しかったです。(*^▽^*)
【 2006/11/20/13/26/38 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)