FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

ヒストリー・オブ・バイオレンス

マーケットプレイスからDVDが届いた。ヴィゴ・モーテンセンとエド・ハリスの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」だ。これは公開されるのを楽しみに待っていたのだが、結局日本では公開されなかった・・・と思っていたら、ひっそり公開されて、さっさと終わってしまったようだ。

というわけで、DVDになるのを心待ちにしていたのだが、いつ発売されたかも知らないうちに、気づけばいつの間にか出ていた。まだ観ていないのだが、ヴィゴの演技が高く評価されているものの、たぶんアラゴルン的なイメージではなく、「インディアン・ランナー」的なヴィゴなんだろうなと。

ヴィゴとエド・ハリスはどこか似ていて、海外のプロモーションの写真を見た時は、最初エド・ハリスか?と思ったのだが、よくよく見るとヴィゴだった。演技的にも似ているところがあると思う。どちらも好きなので、この二人が共演しているというのは、とても興味深い。


◆マーケットプレイス─DVD

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
価格:¥3,121 (税込)
ユーズド価格:¥2,400+送料¥340=¥2,740
(港区新橋・ブックマート新橋店)
出演: ヴィゴ・モーテンセン, エド・ハリス, ウィリアム・ハート, マリア・ベロ
監督: デイヴィッド・クローネンバーグ
販売元: 日活
DVD発売日: 2006/9/8
時間: 96 分
ASIN: B000GIWLRG

Amazon.co.jp
デイヴィッド・クローネンバーグ監督が、グラフィック・ノベル(コミック)を原作に描くバイオレンス・サスペンス。ダイナーを営むトムは、店の客に銃で脅されるが、相手の隙をついて銃を奪い、殺してしまう。正当防衛で町のヒーローになったトムだが、彼の過去を知っているという謎の男が現れ…。妻と2人の子どもと幸せに暮らしていたトムの過去が、ゆっくり明らかになっていく。

クローネンバーグは、それまでの奇怪なテイストを極力抑え、要所の暴力描写のみにグロさを凝縮させる。本筋以外にもタイトルの「バイオレンス」を追求したシーンが多く、たとえば階段での夫婦の殴り合いがセックスへ発展し、いじめられっ子の長男が逆ギレして相手を倒すなど、暴力が人間の本能に深く絡みついていることがあぶり出される。暴力シーンによっては、妙にスカッとしてしまう部分もあり、観る者の暴力への欲求を試しているのかもしれない。キャストはそろって好演。とくに静かな狂気を微妙な表情でみせるヴィゴ・モーテンセンは、高く評価されるべき。(斉藤博昭)

●初回特典:スペシャル・パッケージ仕様
スポンサーサイト



【 2007/01/10/23/59/19 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

singerでいるためには

私が歌をやることを、ダーはあまり賛成していないみたい。ジャズフェスの時もそうだったけど、火に水をかけるような態度。協力してくれとは言わないけれど、せめて気力をくじくような態度はしないで欲しいんだけど…。

他のことは割と何でも好きにやらせてくれる人なんだけど、歌に関しては何故かダメ。と言うのも、他の事は後回しにできるけど、ステージはお客様も含めて一人でやれるものじゃないから、何より優先しなければならず、気持ち的にも構っていられなくなるからかもしれない。

男って、案外子供っぽいところがあるから、構われないとすねる。大人なんだからと思うけど、どうもダメらしい。俺なんかいたって邪魔なだけだから離婚しようとか言ったりもする。

そんなことには取り合わないけれど、好きなことをやるためには、そのことだけじゃなく、それに直接関係のないこともいっぱいいっぱい頑張らないといけないんだなと痛感する。

道を進み続けるためには、そこにある障害物をひとつずつ取り除きながら、大変な思いをして進まなくてはならないのね。

だからこそ、そうやって歩き続けて目的地に達した時の喜びは大きい。道が困難であればあるほど、進んで行く価値もあるんだなと。
【 2007/01/10/19/44/18 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

歌の仕事

昨日歌練習の後、知り合いの紹介の店でセッションしていたところ、たまたま来た店のオーナー夫妻に認められ、来月から毎月そこでライブをやることになりました。ちゃんとお金のもらえる仕事です。

頑張るぞー!
【 2007/01/10/12/38/53 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)