FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2007年01月 】 

SUPERSTAR

“マスカレード”を練習するのでカーペンターズのCDを聴いていたら、“SUPERSTAR”に胸がキュンとした。昔仲良しのイトコと一緒に、夜明けに犬(今は亡きコリーのロン)の散歩に行った時、明けの明星が素晴らしく綺麗で、気付いたらラジオから“SUPERSTAR”が流れていて、涙が出るほど感動した記憶が蘇ってきたのだ。音楽には、そうした記憶も鮮やかに蘇らせる力があるんだなと感慨に浸る。

さて、カール・ハイアセンの『フラッシュ』を読み終えた。これはあっという間に読めるだろうと思っていたのだが、結構時間がかかった。今や巨匠と言われるハイアセンだが、昔から環境問題について書いていて、何冊も読むと、どれも同じように感じてしまう。これもまた扱う問題が違うだけで、似たような
話だった。

ほとんどがフロリダが舞台で、正義感にあふれる主人公とか、浮世離れした浮浪者とか、出てくるキャラもだいたい一緒だ。1冊1冊は面白くないわけではないのだが、やはり飽きる。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『フラッシュ』/カール・ハイアセン (著), Carl Hiaasen (原著), 千葉 茂樹 (翻訳)
単行本: 365ページ
出版社: 理論社 (2006/04)
ASIN: 4652077742 サイズ (cm): 19 x 13
内容(「BOOK」データベースより)
ここはフロリダ・キーズ諸島。子どもたちは海水浴を楽しみ、ウミガメが産卵に訪れる浜辺がある。伝説では、沖合で“グリーンフラッシュ”と呼ばれる緑の閃光が見られるという。そんな小さな町の夏休みの物語。
スポンサーサイト



【 2007/01/19/23/06/37 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)